信頼について

催眠術を学んだ際に
最初にまず「催眠術師としての信頼関係をつくること」が必要だと習いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「催眠術師としての信頼関係ってどういうことですか?」

「人と人との信頼関係ではなくて、この人は催眠術師として実績のある人で決して危険なことや恥ずかしいことをさせる人ではない。ということを相手との関係性の中でつくることです。いかに仲が良くて友人関係として深い仲にあっても催眠術師としての信頼がないと催眠はかけられません。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すごく面白いなぁと思いました。

人と人との信頼関係って言葉1つに集約されているものの

全ての信頼関係は「(◯◯についての)信頼関係」というある側面における信頼関係だなと気づきました。

友達としてものすごく楽しくて仲が良くても一緒に仕事はしたくないなぁという人がいたり、
あんまり性格は合わないけど、時間を守ったりお金関係しっかりしていたり、約束を守ることについては全幅の信頼を置いている人がいたり、
仕事しているとものすごく頼もしくて助かるすごく信頼を置いている人でもプライベートで飲みに行きたいか?と言われるとそんなことはない人がいたり。

こういったものは全て
友人としての信頼関係
上司としての信頼関係
部下としての信頼関係
約束を守ることに関しての信頼関係
誠実であることの信頼関係
自然体で楽しい時間を共有できることに関する信頼関係

などなど、
信頼関係のある人を盲目的に全て信頼しているかというと
必ずしもそうではなくて
ある側面に関しての信頼だなという発見です。

結局これらは
自分は何者か?という問い次第でどうとでも変わりうるもので

人は何者でもないのだから自分が何者かを自分で決めるしかありません。

例えば
「優れたリーダーとは?」
という話題になった時に
・相手の立場に立てる
・ビジョンを語れる
・思いやりがある
みたいなことかというとそうではないんじゃないかと思うわけです。

スティーブ・ジョブズという映画を見た時に衝撃を受けたのは
本当に仲間の人権がないくらい無茶振りをし続ける姿を見て、
「こんな人のもとで働きたくない」と心から思いました笑
私が感じる限り、そこに思いやりなんてものはありませんでした。

ただそこには一貫した姿勢があり、自分の基準について一切妥協しないというスタンスが貫かれていました。

これも1つのリーダーの形ですし、
一方で人格者と言われるように目の前の人に本気で向き合いサポーターとして支援するようなリーダーの形もあるかと思います。

自分はどんな人として在るのか?
というところを確立させないとなと思うわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

目標の意味

すごい会議において、アクションの期日を決めるときに意識していることが

「今日の行動を変えざるを得ないか?」

という観点です。

「半年で5キロ痩せます!」と言う人はきっと今日の夜友達にラーメン誘われたら行ってしまいます。
なぜならば、今日ラーメンを食べてもおそらく目標達成にはそんなに影響がないからです。
5キロ痩せるためには2ヶ月本気でやったら可能かもしれません。
そうすると、「半年で5キロ痩せます!」と言っている最初の3ヶ月があんまり意味がなくなっちゃいます。

一方で
「1週間で3キロ痩せます!」なんて言ってしまうともう今日から大慌てです。
運動どうしようかな、食べ物どうしようかな、と目の前の1つ1つの選択が3キロ痩せるためにどっちがいいのか?という思考になりやすくなります。
駅ではエスカレーターつかわずに階段で歩こう。みたいな感じで小さな変化が大量に生まれる可能性が高まります。

目標を立てることにおいては達成率自体にはそんなに私自身重きを置いていません。
なぜならば達成率だけを考えれば達成可能な目標を作ればいいだけだからです。
達成そのものが目的になると「商談件数目標を達成するために見込みのないターゲットにも商談しまくる」なんていう手段の目的化みたいになりかねません。

ということは目標設定において意味があることは
その目標を掲げることによって自分の思考や行動がいかに変わるか?
ということなんじゃないかと思うわけです。

人生において目標を
作らなければいけないなんて義務は一切存在しないので

目標を設定するのであれば目標に向かっていくプロセスそのものを楽しまないと勿体無いなと感じてしまいます。

いわゆるボランティア活動に学生の頃から割と参加してきましたが
プロセスそのものを楽しんでいる人と、
使命感だけで動いている人で楽しむかどうかは関係ない。という人がそこにはいました。

使命感だけで真剣にやっている人は想いが強くビジョナリーですごいな、、
と感服していましたが多くの人を巻き込んでいるのはプロセス
楽しむことを重要視する人のほうでした。(完全な個人的意見)

途中で息苦しくなるよりも、
目標を掲げて自分の思考や行動が変化せざるを得ない状況が生まれることに
ワクワクできる
そんな目標設定と目標達成の道のりを歩めたらよいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯10/2 ”NVC”という「人と人とが真に繋がるコミュニケーションメソッド」を学ぶ勉強会やります!

離婚問題や紛争、外交など長年解決してこなかった問題を解決に導いてきた近年注目されているコミュニケーションメソッドです。
人やチームのマネジメントに関わる方必見です。

https://www.facebook.com/events/423950241561291/?ti=icl

◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

漫才での発見

M1の本番が9月19日になりました。
M1の素人の1回戦突破率は5%と言われており
公認会計士に合格する並の難しさだとか、、

以前お笑いに関しては
KPI設定が困難
自分たちでうまく進んでいているのか進んでいないのかの判断すら曖昧
何で評価されるのかの評価基準すら曖昧
というような問題を抱えており、

どのようにすれば確実に1回戦を突破できるのか?

という疑問文を
いかにして解くのか?に頭を抱えてきました。

・クラウドワークスでお笑いのネタをアウトソーシング
・お笑いライブを見にいく
・芸人さんにネタを見てもらってフィードバックをもらう
・放送作家の人からアドバイスをもらう
・友達にみてもらう
・舞台に立ってみる

などのことをやってきました。

そうする中で
いくつか漫才というものに関しての知見が
少しずつですが身についてきました。

生まれてから今まで漫才には触れたことがなかったので
本当に0からの成長。

そんな中でものすごく思ったことがあります。

全く知らない領域に関しては
ものすごく素直になれる。ということです。

お笑いに関して、自分は全くの無知であり
自分に漫才の才能があるとも思っていなかったので

1人1人からのアドバイスに対して
「いやいやそうは言っても、実際は、、」
「そんなことわかってるよ」
「そんなこと知ってるし」
みたいなことが一切なかったんです。

全て、
「なるほど、そういう観点があるのか」
「なるほど自分はそこができていないのか」
「相手にはこういう風に伝わっているのか」
と全ての意見が自分の中にストレートに入ってきて
素直に受け止めて行動に繋げることができています。

なので最初にネタ合わせした時と比べて
はるかにうまくなっている実感があります。
(さて、これで本番どうなるか)

ふと思ったのは
日常的に
コーチングだったり自己啓発だったり脳科学だったりファシリテーションの
本を読んだりセミナーに行ったり勉強しているのですが
その時に
漫才の時のように素直に吸収できているか?
と思いました。

「これはおれ知ってるし」
「こんなこととっくにできてるし」
「何回も聞いたわ」

そんな感想を持っている自分に気づきました。

こんな感想を持っていると成長なんてありません。

以前先輩に
「改めて気づきました。」
「改めて〜が重要だなと思いました。」
っていう言葉には意味がない。

というフィードバックを受けたことがあります。

「改めて分かった」という言葉の裏には
もともと分かっていたという文脈が流れています。

今回の漫才のように
「自分は何も分かっていない」という立場に立つだけで
吸収できるものが本当に全然違います。

自分は何も分かっていない
自分は全然できていない

そういう立場に立った上で
人の話やセミナーや本に向き合えるか?
ここが変わらないと
ものすごく機会損失だし
ここが変わればかなり成長角度が上がる見込みがあります。

Think that you are the best when you are up on the stage. When you are off the stage, think that you are at your worst.
- Eric Clapton
(ステージに上がったら自分が1番上手いと思え。そしてステージを降りたら自分が1番下手だと思え。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯10/2 ”NVC”という「人と人とが真に繋がるコミュニケーションメソッド」を学ぶ勉強会やります!

離婚問題や紛争、外交など長年解決してこなかった問題を解決に導いてきた近年注目されているコミュニケーションメソッドです。
人やチームのマネジメントに関わる方必見です。

https://www.facebook.com/events/423950241561291/?ti=icl

◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

記憶のしやすさ

催眠術師の方から催眠術のかけ方について勉強会を開いてもらいました。

催眠術の原理から、

催眠術のかけ方のコツ

そして実践とその場でのフィードバック

という充実したコンテンツでした。

催眠術の原理の中で

顕在意識と潜在意識と生命維持機能について学びました。

催眠術とは潜在意識に働きかけることで自己催眠を誘発する技術ということだったのですが

(顕在意識や生命維持機能が邪魔をすると催眠をかけることはかなり難しいらしい)

催眠術の話題を書こうと思っていたのですが

催眠術師初級者として絶賛特訓中ですので

経験値もっと積んでから書きます。

潜在意識についての説明の中で

人の潜在意識はすれ違った人間の顔や靴、カバンなどの情報を全て覚えている。

ただ潜在意識に蓄積されているので自己認識はできない。

ところが、

ぶつかった人であったり、めちゃくちゃタイプの人であったり、自分と同じ靴を履いていた人など何らかのトリガーがあれば

潜在意識からそれらの情報が引っ張り出され、思い出すことができる。

という話を聞きました。

たしかに、

「昨日の昼御飯何を食べたか?」と聞かれた時など、

すぐに思い出せない時は

昨日は朝起きてから何をしていたか?を考えたり

カレンダーを見てスケジュールを振り返ったりすると思い出すことがあります。

直接的に思い出せなくても

関連する情報を引っ張り出すと思い出せることがあります。

営業活動をやっていたり

Facebookの友達リストを見ていると

なんか会った気がするけど

どこで知り合ったか?や

どんな人か?が全く思い出せない人がいることがあります。

これも潜在意識には確実にインプットされているはずなのに

トリガーが見つけられないがために潜在意識に埋もれたままになっていて

思い出せない現象が起きることだなと思いました。

そうすると

自分のやっていることや自分のこと、自分の商品のことを

覚えてもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?

自分自身の経験を振り返ってみて

・単純接触効果

・共通項探し

・強烈な快or不快

・第一印象づくり

 あたりが思いつきました。

▽単純接触効果

1時間話したことがある人よりも、10分を6回話したことがある人の方が顕在意識に刷り込まれやすい気がします。

ここで言う接触とは、会う以外にも、電話や手紙、SNSでのコメントやリアクション、第3者経由で話を聞くことなどがあります。

CMを一定期間に大量に流すのもこの効果なのかなと思います。

▽共通項探し

共通点があると自分の日常とその人や商品がリンクされるので思い出しやすさが変わる気がします。

書いていて思いましたがこれはネットの検索と同じかもしれません。

どれだけ関連ワードを持っているか?

何人の人に検索されているか?

何回検索しているか?

人の脳みそとネット上の戦略とかってかなり似ている構造なのかな、、

▽強烈な快or不快

見た目がものすごくタイプな人に出会ったら

「あー可愛かったなぁ」と思い出してしまいます。

初対面でめっちゃ嫌なことされても

「あームカつくなぁ」とたまに思い出します。

成功体験と失敗体験が神経回路を作っていて

成功体験を繰り返そうとし失敗体験は避けようとする脳の仕組みがある的なことを

何かの本で読んだのですが

それと同じことが最初の印象で決まります。

催眠術で学んだことなのですが

最初のセットアップがめちゃくちゃ重要らしく

催眠をかける前にどんな関係性を築けているのか?にかなり気をつけろ!という話でした。

そのための催眠術師の方の人を見る観察力と言ったらもう、、

恐ろしかったです。

▽第一印象づくり

第一印象(それは見た目も、話し方も人柄も総合的に)は強烈な人は

1度しか会ったことのない人でも記憶に残ります。

初めて会った時の自分って他人からはどう映っているんだろう?

そんなことを考えました。

潜在意識と顕在意識の関係性については

もっともっと勉強して

活用できるようにしていきます。

これさえできれば人生勝ちだとずっと思っています笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯9/3 メンタリズム勉強会やります!

感情で動くのが人間です。そうすると感情の仕組みさえ掴んでしまえれば人生勝ちやんけ。と思い、企画しました。

https://www.facebook.com/events/666813013837575/?ti=icl

◯20代限定のコミュニティ運営しています

「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に

20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。

やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

本の出版!

あなたは今までの人生で何回会議をやりましたか?

会議という言葉で縛られるかもしれませんが
打合せ、ミーティング、話し合いという言葉でイメージすると

数え切れないほどの会議をしているはずです。

かくいう私も会議しない日がないんじゃないか?くらい毎日会議をしています。
(すごい会議やってんだからそりゃそうだろwというツッコミはさておき)

記憶を思い返してみて、「あれはいい会議だったなぁ〜」ってどんな会議ですか?

「あの会議でみんな変わったよね!」と言える会議はどんな会議でしたか?

おそらく多くはないにしても
何度かはそういう会議があるんじゃないかなと思います。

そうです。生きていると人はめちゃくちゃ会議やるんです。

どうやったら売上が上がるのか?
どんな商品を新しく作ろうか?
というザ・ビジネスっぽい会議もあれば

すごい会議をやり始めてなぜか恋愛相談もたまに受けることがあり、
「どうやったらメンヘラが治るのか?」
「どうやったら彼氏ができるのか?」みたいな会議もしたことがあります笑

会議は何のためにするのか?
行動変容を起こすためです。

会議をやる前とやった後で何も言動が変わっていないとするとその会議は間違いなく無駄です。
世の中に、そして人生に何も生み出していません。

では言動が変わる会議はどうやったらできるのか?
いろんな要素がありますが
間違いなく技術があります。

22歳で、なんの社会人経験もない私が「すごい会議」一本でご飯を食べていけるようになりました。

「会議の司会だけで飯が食えるの?」と驚かれることが今でもあります。

22歳の社会人経験もなければ会社を経営したこともない私が会議に入って

売上が1年で倍になった会社があります。
利益が倍になった会社があります。
「みんなが愚痴を言わなくなった」とクライアント社長に言われました。
「会社に行くのが楽しくなりました」とクライアントの社員の方に言われました。

22歳の経験も何もない私が役に立ちました。
これは何かと言うと「うまくいく会議」「成果を出す会議」にはある法則があるということであり、
それは「誰でも身に付けることができるものである」ということです。

ビジネスなんて何も知らない私が会議だけで生計を立てられるようになったので
ビジネスリテラシーがある今の社会人の人はもちろんだし
ビジネス経験のない学生でも身に付けることは間違いなくできると確信しています。

ただ、会議をうまく回す能力というと
「意見を引き出す能力」
「場を整理する能力」
「コーチング能力」
「ファシリテーション能力」
「ロジカルシンキング」
など抽象的な能力にまとめられがちです。

もちろん、そのような能力があるといい会議をするのにプラスになることは間違いないと思いますが

シンプルなノウハウを知り、ただ使うだけでも
かなり日本の会議の生産性は高まると思っています。

「能力開発」というとセンスがある人ない人がいたり、
身に付けるのに時間がかかったりします。
しかし、ノウハウは内容を理解してただ使うだけです。
誰でもできます。

そんなすぐ実践できるノウハウを本に出してまとめたいんです。
いま必死に本を書いています。

ブログを毎週書いている私ですが
執筆になるとすごく苦戦しています。

ブログは大体いつも1000-1500文字くらいで15分くらいで書きます。
1回見直して誤字のチェックはしますが
時間かかっても30分で完成します。

会議のノウハウを5万文字程度でまとめているのですが
何からどう伝えたらわかりやすいのか?
どうまとめたら実践しやすいのか?
を考え出すと進まない進まない。。。

毎日本のことを考えて執筆に勤しんでいます。

現在出版に向けてのクラウドファンディングに挑戦中です。

7月31日が期日なのでもしこの本に少しでも興味が湧いた方はぜひご支援ください!

宜しくお願い致します!
あなたの人生の生産性をあげることに貢献します!!

https://camp-fire.jp/projects/view/164538

言葉の選び方

すごい会議に入って、
人は言葉を使っているのではなく、
人は言葉に使われているということを学んでから
私は明確に使わないようにしている言葉があります。(それでも癖で使う時があるが)

◯「〜しなければならない。」
人生にはしなければならないことなんて1つもなくて、
やらなければならないと思っていることなんて自分の脳が勝手に決めつけていることに他なりません。

それなのに
「あれもしなくちゃいけないし、あ!これもしなければならないし、そのあとはこれもやんなきゃいけない、、」

と自分で自分を追い込んでいる人がいます。
(というかもともと僕がそうでした)

勝手に忙しくなり、なんか充実してる気になっていましたが、心の余裕はなくなり、物事を楽しめなくなっている時期がありました。

そんな時に先輩からフィードバックをいただいて、

「そうか、しなくちゃいけないことなんて1つもないんだ。自分でやるって決めてやるだけだよな」

とそんなスタンスになれました。
めちゃくちゃ余裕ができましたし、楽になりました。

◯「〜しちゃった」

「遅れてしまいました」
「ミスしてしまいました」
「忘れてしまいました」

〜してしまう。
という言葉には責任がありません。
まるで自分の意思とは違うものによって仕方なくそうなってしまいました。
私に悪気はなかったんです。
と言い訳しているようなニュアンスさえ感じます。

「私がミスしました。」
「私が〜しました。」
そんな言葉で会話をずっとしていると

「石田くんって常に自分に責任持って物事を考えてるよね」とある社長に言っていただくことがありました。

そうか、
私が〜した。と能動的な言葉を扱うということは、自分に責任を取っているということなのか。と気づかされました。

◯「〜させられた。」

「この仕事をやらされて」
「こっちを優先してやれって言われたので」
「断られて」

受動的な言葉もまた、自分の責任を逃れる言葉です。

去年の冬に先輩に
「インフルエンザにかかりました」と言ったら
「かかったんじゃない、インフルエンザをお前が引き寄せたんや」と返されました。

風邪ですら、あくまで自分が引き寄せたという立場を置いてみると
「あー、もっとこまめに手洗いうがいしておけばよかったなぁ」
「睡眠時間ちゃんと確保できてなかったしなぁ」
「食事の栄養バランスも偏ってたなぁ」
と改善ポイントが見えてきました。

「インフルエンザにかかった」と言っているときは
「ついてないなぁ」くらいしか思っていなかったのですが
言葉を能動態に変えるだけで考え方が変わりました。

不自然さは多少ありますが
全ての発言を能動態にするだけで考え方がまるで変わることに気づきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯クラウドファンディング100万円を目指して挑戦中です!!!
会議を年間400回弱運営しており、生産的な会議運営に関する知見を貯めることができました。
単なる方針に止まらず、誰でも実践できて再現性のある具体的なノウハウを体系立ててまとめた本を出版します。
ご支援・拡散宜しくお願い致します!!
https://camp-fire.jp/projects/view/164538

◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

文明と文化

文明と文化は何が違うのか?

という会話先日ある方としました。

文明とは;世界共通のものであり、人間がより文化的な生活を送るために必要なもの
文化とは;人間が人間らしい生活を送るために必要なもの

という言葉でまとまりました。

文明は利便性の追求です。
より効率的に、より便利に。
昔は手作業で洗濯していたものが自動になり、今ではボタン一つで洗濯から乾燥までしてくれます。
1つ1つの数字を手作業で打ち込んでいたものが、今では写真で読み取ってくれます。
馬車や足で通っていたものが今では携帯一つでタクシーがくるし、リニアモーターカーなんてものもできます。

どんどん昔の人間が生きていくために必要としていた時間がなくなってきています。
要するに文明が進化すると人の時間が余るわけです。
スーパーに買いに行っていた時間が家で携帯触っていれば物が家に運ばれてきます。
では余った時間をどのように使うと人間らしく生きれるのでしょうか?

文化とは?
に書きました、「人間が人間らしい生活を送る」の
「人間らしい」って何なんでしょう。

以前、「生産性とは何か?」というセミナーを聞きにいった時に
登壇していた社長が話していたのは

「生産性なんて追い求めたらつまんなくないですか?
どしゃぶりのなかドロドロになりながら滑り台滑るのが楽しくないですか?」

ということを話していて
いろんな生産性を上げるポイントが他にたくさん話されていたのですが
私が一番印象に残ったのはこの言葉でした。

効率をただひたすら追い求めてもその先に幸せはないのではないか?

そんなことを考えました。

電車やタクシーでいったほうが明らかに楽だし早いのに歩きたいとき
機械でできれば早いけど文化祭の前日のようにみんなで手作業で何かを詰めたりするとき
アプリで作成できるけど誕生日に喜んでもらいたいがために動画を手作り必死でつくったり

そんな時が人間らしい生活なのかもなぁとしみじみと思います。

ムダ・ムリ・ムラを無くしましょう!という言葉をよく聞きますが
本当に人生からムダ・ムリ・ムラをなくしてしまったら
本当につまらない人生になってしまう気がしてなりません。

大事なのはムダ・ムリ・ムラをなくすことではなく
ムダ・ムリ・ムラを楽しむことができる心を持つことだなぁって思います。

業務やタスクに追われすぎていて寝れない日々が続いていくと
ムダ・ムリ・ムダはもう憎き相手以外の何者でもありません。
殺戮対象です。

文明と文化
効率と効果

効率が追い求めたけっか、本当に大事なものを見失わないように。
効率化を促す仕事という役割も自分自身にあるので
星の王子さまの言う「本当に大切なものは目に見えない」を忘れないように生きよう。

と思わされた文明と文化の違いでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯クラウドファンディング100万円を目指して挑戦中です!!!
会議を年間400回弱運営しており、生産的な会議運営に関する知見を貯めることができました。
単なる方針に止まらず、誰でも実践できて再現性のある具体的なノウハウを体系立ててまとめた本を出版します。
ご支援・拡散宜しくお願い致します!!
https://camp-fire.jp/projects/view/164538

◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

空気の影響力

飲み会での出来事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
店員さん「お飲み物は何になさいますか?」

A「最初は生で!」
B「あ、じゃぁ僕も生!」
C「おれも!」
D「私も!」
E「僕はハイボールで」
C「あ、僕もハイボールでもいいですか?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな会話をよく聞きます。

ここでいうCさんの発言に注目です。

飲み物の注文は各個人に意思決定が委ねられているはずですが
Cさんは意思決定が短時間の間に変わります。

ある方が
「何かの最終的決定者は人ではなく空気」ということをおっしゃっていました。

Aさんの
「最初は生で!」という発言とそれに続くBさんの発言がまず乾杯はビールだろ!という空気を作り出します。
Cさんは自分で意思決定しているつもりです(別にビールでなければならないという法律やルールは存在しない)が

その後のEさんの「僕はハイボールで。」という言葉が場の空気を変えます。

(え?、、ビールじゃないの?ビールじゃなくてもいいの?)

そうするとCさんはもともとビールという意思決定をしていたにも関わらず
突然ハイボールの方がいい!ということになり
ハイボールに注文を変えます。

ここでもCさんは自分の判断で意思決定したと思いますが、実際は場の空気の変化がCさんの意思決定を変えさせたと言えます。

「あの時はそんなこと言える雰囲気じゃなかった」
「あの流れは仕方なかった」
「ムード的にさすがにそれはできなかった」

ここでいう「空気」は「雰囲気」「流れ」「ムード」などとも言い換えらることもあります。

意思決定をしているのでは
自分ではなく、空気。

このことを自覚すると物事の捉え方がまるで変わります。
あー、今の発言は自分で考えて言ったんじゃなくて空気が言わせたんだなぁ。
という場面がこのことを意識してたくさんありました。

特に日本では
空気を読む
行間を読む
そんなことが重んじられる文化が根付いているため
一層意思決定への空気の影響力は絶大だと思います。

空気に意思決定されるのが
いいことなのか悪いことなのかは判断つきませんし、
時と場合によって変わると思いますが

重要なのは
自分が何を基準に意思決定をしているのか?を自覚することに他ならないと思います。

意思決定の基準はいくつかあると思っていて、
-目標やミッション、ビジョン
-欲求、潜在意識、
-空気

目標やミッションビジョンは一番シンプルです。
「いつまでに〜する!」と決めて、
そのために逆算して何が必要なのか?
何を優先すればいいのか?を判断することです。

欲求や潜在意識は分かりづらいです。
おそらくみんなめんどくさがりやですし、寝たいし、食べたいし、変化したくないし、
放っておくとそうなっちゃう人間の性みたいなやつです。

そして今回の空気。
欲求や潜在意識とはちょっと種類が違うと思うのですが
自分で気付きにくいという点では共通しているものです。

自分の今の意思決定は
目的のための逆算して判断したものなのか
癖や脳の構造上仕方ないデフォルトの判断なのか
周りに(もしくは特定の人に)気を使っているから起きたことなのか
この区別を持つだけでも意思決定の質が上がりそうな気がしました。

逆に言うと
いろんなチームのコーチをやっている自分の役割は
うまくいく空気を作り出すことだし、
変な空気のもとに意思決定が進みそうであれば、今の意思決定は何を判断基準としてきめようとしていますか?と質問することですし

自分のやるべきことがまた一つ言語化できました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯クラウドファンディング100万円を目指して挑戦中です!!!
会議を年間400回弱運営しており、生産的な会議運営に関する知見を貯めることができました。
単なる方針に止まらず、誰でも実践できて再現性のある具体的なノウハウを体系立ててまとめた本を出版します。
ご支援・拡散宜しくお願い致します!!
https://camp-fire.jp/projects/view/164538

◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

生き方改革

スイスに行ってきた内容を前回のブログで書きましたが

そこで感じたことのもう一つの内容が

「働き方改革なんてやってる場合じゃねえ!」

ということでした。

働き方改革で言っている

残業時間の削減!
ブラック企業廃絶!
フレックス!
満員電車をなくそう!

なんて言葉がありますが

スイスの働く人たちを見て思ったのは

仕事のために仕事をしている人の少なさでした(あくまで超個人的な主観)

日本人は働くために働いている人が多いイメージがあります。

平日毎日働いてクタクタになって
土日休んで体を休めたりリフレッシュして
また月曜から働いて、、

働くために休んでいるのであり
働くために生きているなんてなんて空しいのでしょう。

いくら働き方を変えたところで
働く意味合いや働く目的から変えていかないと根本的な解決にはなっていかないと
スイス人を見て確信しました。

まさに【生き方改革】の必要性があります。

終身雇用の時代は終わった
これからは個人の時代だ
好きなことで生きていく
資本経済から信頼経済へ

なんて言葉が飛び交っているように
日本も流れ的に
生き方を見つめ直し変えていくことへの寛容度がどんどん上がっている気がしています。

昔はそれこそ
稼ぐことが正義
大手企業が安定
結婚して子供を産むことが幸せ

ということが常識であり、
これらに沿わない生き方は
不幸せとのレッテルを貼られて、周りからも下に見られ生きづらくなるシステムが出来上がっていたような印象がありますが

それが変わってきている気がします。

どんな生き方をしたいか?
どんな人生を過ごしたいか?

そんな生き方改革から落とし込んだ
働き方改革であるべきであり

働き方をよくするための働き方改革ではあまりにも虚しい結果しかもたらさないのではないか?
と感じます。

家族のため?
自分の喜びのため?
社会への還元のため?

なんのために生き、どう時間を過ごすのか。

営業戦略とは
何にどれほどの時間を使うのか?
ということを普段考えますが

生き方改革こそ
人生の時間を何にどれほどの時間を使うのか?

この問いから始まります。

遊んでばかりの人生は僕はつまらないし
一生働いていきたい。仕事ずっとしたい!と心から思います。

考えるべき、手を加えるべきなのは
働き方ではなく生き方そのもので

その結果として働き方が大きく変わってくる

そんな順当な流れで日本がもっとよくなったらいいなぁって思います。

働くための働き方改革なんてなんか木を見て森を見ず感が否めないです。

人との繋がりや
自分自身の喜びにもっと時間を割いていこう。
と思ったヨーロッパでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯7/18に【問題に対しての解決策をうまく出す方法】についてセミナーやります!
通販事業社の方は他にもいろんな価値ある情報手に入ります!ぜひ来てください!!^_^

https://lp.ureru.co.jp/20190718b

◯クラウドファンディング100万円を目指して挑戦中です!!!
会議を年間400回弱運営しており、生産的な会議運営に関する知見を貯めることができました。
単なる方針に止まらず、誰でも実践できて再現性のある具体的なノウハウを体系立ててまとめた本を出版します。
ご支援・拡散宜しくお願い致します!!
https://camp-fire.jp/projects/view/164538

◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

スイス行ってきました

フランクフルトの往復の航空券だけをとって何も予定も決めずに1週間旅に出てきました。

ふと山を見たくなったのでスイスのマッターホルンを目指すことにしました。
8F391F7F-6A99-4161-8B20-732CC45D87C4

2E2E8C14-89AC-457F-B087-E92BDA3505CC

90129F6E-B521-4881-8CBB-B8F0C0414E38

スイス最大の都市チューリッヒについて思ったことは

「豊かな国だなぁ」ということに尽きます。

何がそう足らしめているのか?気になって色々調べてみましたが
不思議極まりないです。

・人口842万人(大阪の人口が880万人)
・面積4万㎢(九州よりちょっと大きいくらい)
・世界幸福度ランキング4位(2019年)
・国際競争力ランキング4位(2019年)
・国民一人当たりの名目GDP2位(2018年)

もうめちゃくちゃ優良国。
おまけにスイスの通貨であるフランは金(キン)よりも安定していると言われているらしく

そうなりゃ口座作ろう!
とUBS(スイスの銀行)に行くと
「口座開設には初期で2億円必要です。」とおばさんに鼻で笑われて突き返されました笑

なんだこの国は、、、という感じです。

陸続きのヨーロッパにおいて永世中立を維持しているその強さは
国力の強さ(最強の軍隊ももっている)にあると知り

もうスイス最強やん!ってなっています。
国土が広いわけではないし、人口も多いわけではないし、
資源が豊かなわけでもないのに

観光大国、金融大国として世界で確固たる地位を築いているその強さと
人々の豊かさにものすごく惹かれるものがありました。

緯度が高いせいか、21時になっても全然外は明るくて空が澄んでいて
空気は美味しいし、基本青空です。

テラスでお酒を飲みながら談笑している人たちを見て
明らかに新橋のサラリーマンと表情が違うなぁと。

会社の大変さや愚痴を言っている気配は全くありませんでした。

一人一人に余裕があり(逆に言うとハングリー精神・雑草魂みたいなもんものはあまり感じなかった)幸福度めちゃ高そうな印象を持ちました。

航空券を取った時には全く行く予定のなかったスイスでしたが
旅してみるとスイスについて調べるし興味をもって知識増えるし
今後スイスに関する記事があったら読んでしまうと思います。

やはり行ったことがあったり経験したことは他人事ではなく自分ごとになっていく気がします。

いろんな場所を訪れたり、いろんな経験をするとこうして興味が生まれ、知識が増えて
知恵となり、人生の選択肢が広がっていくのだろうと思います。

次行くのはモンゴルです。

馬に乗って旅をして何を感じるのか楽しみです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯7/18に【問題に対しての解決策をうまく出す方法】についてセミナーやります!
通販事業社の方は他にもいろんな価値ある情報手に入ります!ぜひ来てください!!^_^

https://ureru.co.jp/sk190718

◯クラウドファンディング100万円を目指して挑戦中です!!!
会議を年間400回弱運営しており、生産的な会議運営に関する知見を貯めることができました。
単なる方針に止まらず、誰でも実践できて再現性のある具体的なノウハウを体系立ててまとめた本を出版します。
ご支援・拡散宜しくお願い致します!!
https://camp-fire.jp/projects/view/164538

◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement