オンラインでの工夫


「情報は物理を包摂する」という話を先日聞きました。

なんか知的っぽく聞こえますがw

要は、情報量こそが大事なのであってオンライン/オフラインは情報量を手に入れる上での1つの要因でしかない。ということです。

私自身、今まで対面営業でお仕事をいただいていたものが

オンライン営業となり、初めは

「オンライン営業なんて無理なのではないか?、、、」と思っていました。

すごい会議というのは無形商材で、会議のノウハウというよりかは

組織の文化をつくる(組織に流れている空気感を変える)ことがサービスの本随なので

オンラインでは価値発揮しづらいのでは?と思ったからです。

ところが、

「情報は物理を包摂する」という話を聞いて、

オンラインで手に入って、オフラインで手に入りにくい情報は何だろう?と考えてみると

・人柄、その人の暖かみや人情感

・迫力や信念の強さ

・本気度

などなど

どこか肌で感じると言える情報が視覚が2次元になることにより制限されるということに尽きると思います。

だとすれば

あとの問うべき観点は

・人柄はどうやったら伝わり、損得だけの関係ではなく、「私とあなた」という関係を作れるか?

・仕事の姿勢や信念はどのようにすれば伝わるだろうか?

・本気度はどうやったら伝わるのか?

あたりになるのではないかと思います。

私が実践しているのは

・高性能のマイクを使う

・ミーティング前のリマインドを丁寧にやる

・ミーティング後に議事録をまとめてお礼とともに送る

・zoomの背景を相手の興味関心があるものにする(会社のロゴなど)

・自分の自己紹介をプライベートのことも交えて話す

・相手のプライベートのことや、ビジネスを始めたきっかけなどの質問をする

・ミーティング前に発声練習をする(ここは私は本当にのびしろですw)

・ミーティング中に笑いを起こす

・自分の話を録画して見直して、間の取り方や抑揚や演技のリアルさなどを見直す

あたりです。

フィールドが変われば戦い方が変わるように

環境が変わればそこに合わせて

自分のスタイルを変えることで成果につながると信じています。

そして、実際いま緊急事態が解除されてオンラインで得たスキルや知見はオフラインでも活きてくることをガンガン感じます。

全てはつながっているんですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯ゆとり世代(20代)限定のコミュニティ運営しています

「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に

20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

自分と全く違う領域で活躍している人の情報ってなかなか手に入らないですが

(しかも最近人と会えないし)

刺激が得られる場になったらいいなー!って思っています!

無料ですのでぜひ入ってください!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯お仕事の依頼、すごい会議のリクルートに興味がある方は以下のアドレスにご連絡ください。

ishida@sugoikaigidosue.jp

(私が価値貢献できることの例)

・個人コーチング

・チームコーチング

・コーチ育成

◯Twitterやっています

 ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。

 フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です