TaskとCommitment

いろんなことがあって
先日
新宿から熱海までの100kmを走り、
別の日には
1日でどすえのfacebookページに1000イイネを集める
というチャレンジをしました。

100kmマラソンは
1日仕事をしたあと24時にスタートし、
途中足を痛めて70kmすぎからは足を引きずりながら歩き、20時間かけて完走しました。
眠すぎて途中歩道で寝ました。
胃を痛めて3回吐きました。
めまいがして2回倒れました。

・トレーニングしないと100kmは足がもたないこと
・十分な睡眠を取ってから走ったほうがよいこと
・100kmは長いこと
を学びました。

1000イイネ集めるキャンペーンは
電話帳に載っている人に電話しまくりました。
大学1年生の時にデートした女の子にイイネ欲しさに4年ぶりに連絡しました。
幼稚園のころの友達にも電話しました。
渋谷駅にて400人くらいにこえかけてFacebookのイイネを押して下さい。とリクエストしました。
同い年の子がこえかけを手伝ってくれました。
外国人もイイネ押してくれました。
ツイッターで拡散してくれた方もいました。

結果1日で847イイネが集まり、翌日のお昼すぎ、
キャンペーンスタートして35時間後に1000イイネ突破しました。

チャレンジする前、
100kmは時間かければ完走はできると思っていました。
しかしながら足がめちゃくちゃ痛くなり、暑さと眠さでめまいはするしで
途中でやめる理由が山のように頭の中で湧き出てきました。

1000イイネについては
15時間くらいで1000イイネも集めるなんて全然やり方がわかっていなくて
厳しそうだなと思いながらチャレンジを始めました。

疲れてきたり、うまくいかないことが起きると
できない理由の説明や言い訳が無限に頭に出てきます。

そんな中で励みになったのは
1mずつ、1イイネずつ、わずかながら着々と進んでいるという実感と
何よりも
声をかけてくださったり
Facebook上でシェアしてくれて応援してくれた方々の存在です。

なにがなんでもやり遂げなきゃという揺るがない決意が生まれました。

どすえ内でも高い目標達成のためにいろんな問題に出くわす中で
「なんとかします!」という言葉が何度か口にされます。
そして色んな方法を模索して結局失敗するときもあれば成功するときもあります。

私はこの一見無謀なチャレンジを2つしたことで
「なんとかします!」の言葉には
「やり方はわからないものの、できることをひたすら真面目にやりながら
多くの人の応援・協力を経て、’おれはやりぬく’と決めて行動し続けます」

という意味があるなと身を持って学びました。
「コミットする」という宣言には、なにがなんでもやり切る大きな決意と力強い行動の継続が不可欠です。

なにはともあれ
応援してくださった全ての皆様に
心からの感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です