誤差


大学4年生の時、「すごい会議」の存在を知りました。

進路に悩んでいたときに

先輩のやっているすごい会議を見学させてもらえる機会がありました。

いろんな感想をその時抱きましたが

一番強烈に残っている印象は

「これ、おれにもできる。」

でした。

司会者としてある会社の経営会議のコーチング/ファシリテーションをしているのですが

先輩は全然話さないんです。

話をあまりしない=仕事しない

みたいに思えて、え、全然役に立ってなくないか?

と思いました。

ところがそれにも関わらず、会議の参加者がみるみる表情が晴れやかになっていき

会議が終わる頃には

その場にいる全員が「これは、ものすごい成果が出そうだ!」とワクワクして

早く決めたことを実行したい!!!という状態になっていました。

全然話さなくて、こんだけ良い雰囲気作れるって余裕じゃん!

おれもこれ仕事にしていろんな組織に成果を生み出して、お金稼いで、自由を手に入れられる!

と興奮していました。

今になっては

その「簡単そうでおれにもできそう」と思っていたことが

どれほど難しいか?と思います。

コーチとして関わっていても話したくなっちゃうんです。

言葉数が多くなっちゃうんです。

「あー、今の一言余計だったなぁ、、」と思うことが何回もあります。

言葉数少なく、言うべきことを一発で伝わるように言って、

その一言で場やチームが前進し始める。

これのどれほど難しいことか、、

学生のときに見たものはなにかの魔法だったのでは?と思ったほどです。

先日元プロ野球選手の先輩と、こんな話をしました。

「2軍にいた時は、2軍の選手はみんな1軍と自分の違いなんてほんの少ししかないと思い込んでいる。

ちょっとしたタイミングや運さえあればいつだって自分も1軍に上がって活躍できると思っている。

ところが1軍から2軍を見ると、練習の質、日々の姿勢など全然違う。圧倒的な差があると思える。」

まさに、私のことだと思いました。

はじめにすごい会議を見て、

こんな簡単な仕事で高給で、お客様からも愛されるなんて最高じゃん!と思いましたし、

売れている先輩と自分の違いはほんの少しだけ。

年齢やタイミングや出会うご縁次第ですぐに追いつけるのでは?
と思っていました。

ところが同じように

自分より成果が出ていない人を見ると

気にしているところが全く違いますし、

「え?そんなこともやっていないの?」と驚くことがあります。

野球選手の事例ではないですが

下から上を見るとほんの少しの差しか感じられず

上から下を見ると圧倒的な差を感じる

という現象は常にあるのではないか?と気付きました。

(この現象ってなんか名前あるんですかね?人生を振り替えると勉強でも部活でもモテるモテないとかでも本当にいろんな場面で思い当たる節があって、これは世紀の大発見!?となっています。)

そして、

この現象の問題は下から上を見ている時の

成長速度が著しく遅くなることです。

先輩と自分の差なんてほとんどない。

と思ってしまったが最後。学習速度、成長角度が緩やかになります。

この差を埋めていくためにはどうすればいいのか?

判断せずに先輩の真似をすることに尽きるのでは?となりました。

イケていない脳みそでいくら考えても

何が違うのか?にすら気づかないし、

気付いたとしても、その違いがどんな意味をもつのか?分からないと思います。

だったら手っ取り早いのは

端から端まで全てをコピーすることとなるわけですが

(そこに自分の判断は一切介在しないので、上の位置からしか見えてこない圧倒的な差分を回収できる)

全てをコピーってものすごく勇気がいる(と自分が解釈しています)

自分のアイデンティティがなくなるわけですから、、

それが恐ろしく怖いです。

その一歩を自分は踏み出していません。

どうするかなぁ

他に効果的な方法はないかなぁと試行錯誤中です。

さて、どうするか、、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯20代限定のコミュニティ運営しています

「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に

20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。

やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯お仕事の依頼、すごい会議のリクルートに興味がある方は以下のアドレスにご連絡ください。

ishida@sugoikaigidosue.jp

(私が価値貢献できることの例)

−会議の生産性向上(会議の時間、半分にします)

−コーチング研修(マネージャー向けに、コーチングレベルを一定レベルまで鍛えます)

−経営チームに対するコーチング(経営の目標達成をサポートします)

−新卒研修(自分で考えて動くマインドセットとスキルセットの土台をつくります)

◯Twitterやっています

 ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。

 フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です