センス

センスがある/センスがない

なんてことを言いますが

センスってそもそもなんやねん!と思いました。

辞書で調べました。

「物事の微妙な感じをさとる心の動き。微妙な感覚。」

だそうです。

「センスがある」とは「物事の微妙な感じを悟る感覚がある。」ということみたいです。

こないだ生まれて初めてサーフィンをしたのですが

サーファーの人たちは
サーフボードに乗ってひたすら沖を眺めてるんです。

いい波を待っているその姿はもうめっちゃカッコよかったんです。
写真撮りたかったんですが海の中で携帯を持っておらず、悔やまれる、、、
まぁそんな話は置いておいて、、

波は岸側に近づくと波とはっきりとわかりますが
ある程度沖にいると波というよりは
ただの海面のうねりなわけです。

僕もベテランのサーファーたちに見習っていい波を待ってみようと沖を眺めてみたのですが

何がいい波なのか?何が悪い波なのか?の感覚が全くなくて
何も分かりませんでした。

波を見分ける目がないわけです。
これはセンスがない状態です。

ところがおそらくベテランのサーファーたちも
始めたてのころは波の区別なんてきっと付いていなかったはずで、
何回も波に乗ったり、波を見て波にのまれたりしていくうちに波を見分ける目(もしくは風なども影響するみたいなので、いい波を見分ける感覚)が研ぎ澄まされていったのだと思います。

そうすると
センスがある/ないみたいに二項対立的に言われますが

センスというものは身に付けることが可能というわけです。

そしてどうやって身に付けるのかというと
今のところやりかたは2つで

①自分でたくさんトライして成功体験・失敗体験を積みながらセンスを磨いていく
②センスのある人の区別に触れて自分のものにしていく

(他にやり方があったら是非とも教えてください)

①は実体験に基づくのでものすごく自分のものとして血肉になるとは思いますが
なにせ時間がかかりそうです。

②はかなり効率よくセンスが磨かれるのでは?と思っています。

そして、②のポイントは
センスのある人の言葉をたくさん聞くことだと
仕事を始めて思いました。

考え方やセンスは見ても分かりませんが
言葉にすることで転用可能なものになり、理解可能なものになります。

一時期、僕はお金の使い方に関する区別を手に入れたくて
会う人会う人に

「何にお金を使っているのか?」
「お金は◯◯だ」って何が入りますか?
「お金の無駄遣いってなんだと思いますか?」

などどお金というキーワードを元に質問しまくっていました。

いろんな人の言葉に触れると
自分にはない感覚や解釈にたくさん気づくことができて

お金の使い方に関するセンスが確実に磨かれました。

扱う言葉に注意を向けていると
人によって意図的に使っていない言葉、癖のように頻度の高い言葉が必ずあります。

その人のセンスが言葉を介して見えてくるようで本当に面白いです。

2020年は毎月1回海外旅行に行く1年にすることを決めました。

今までの仕事の仕方や収入や時間の使い方だと実現できないので

「生産性」だとか「稼ぐ」に関するセンスを身につけたく、
いろんな人の「生産性」「稼ぐ」に関するセンスを勉強する2019年にします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

無料で入れますので興味ある方はぜひ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯12月13日20時から秋葉原で第2回催眠術飲み会を開催します。
催眠術師呼んで飲み会するとものすごくカオスでものすごく楽しいです。

ご興味ある方は石田まで連絡ください。
会場の都合上先着30名です。

◯Twitterやっています
ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。
フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です