何をやるのか

わたしが就職活動をしているときに

「何をするか?よりも誰とするか?」
というキーワードをよく聞きました。

今思うと、
採用者側が就活生に「人で選びました。」という判断基準を植え付けるためのブランディングだったのでは?

と思うことさえあります。
事業そのものに魅力がない会社は人で選ぶしか訴求ポイントがありません。

かなり稼げる
休みが多い
人がいい

これらの理由は仕事そのものの魅力ではなく
仕事に関連する副次的な作用です。

仕事そのものに何のこだわりもないのであれば全く問題ないと思いますが

恋愛も副次的なもの(身体的特徴やその人の持っているもの)で相手を選ぶと
いずれ終わりますたぶん笑

この仕事の面白いところは、、、

と語れる会社って魅力的やなぁと個人的に思います。

決してここでは
人間関係は仕事において関係ない。ということを言いたいのではなく

そもそも
何をやるか?
誰とやるか?
が二項対立的に語られていることに異を唱えたいです。

別に二項対立ではないし、どちらも大事で
どちらも考えたほうがいいと思うわけです。

何をするか?は人生にものすごく影響を与えると思います。

以前ブログで
「やりたいことは自分がやってきたことからしか生まれない」ということを書きました。

何をやるか?で自分の興味範囲が変わるわけです。

例えば私は
学生時代は
カンボジアに学校建設していたので
途上国の事情などに関心がありますし

今はすごい会議という組織のコーチングをしているので
コミュニケーションや自己肯定感、人の成長などにものすごく関心があります。

家の本棚には
コーチングやチームビルディングや心理学の本がたくさんあるのですが
すごい会議をやっていなければこんなに読んでいませんでした。

やること次第で知識や経験が変わります。
知識や経験によって価値観や人生観が変わります。

なので何をやるか?は非常に重要な軸だと思うわけです。

また、
「好きなことをして稼ぐ」みたいな言葉もだいぶ横行していますが

好きなことで稼ぎたいのか?
という問いは持っておいたほうがいいかと思います。

僕は誰かと一緒に旅をすることがものすごく好きで
(ひとり旅はほとんどしない)
国内外よく行くのですが

そこでお金を稼ぎ始めると
純粋に楽しめなくなりそうで嫌です。

あくまでも趣味として旅はやり続けたいと思いますし
お金をいくら、、、とか考え出したら僕のやりたい旅ができなくなりそうです。

何も目的をおかず、気のゆくままにフラーっと旅することが好きなので旅を仕事にはしたくありません。

何を仕事として極めたいのか?
何で稼ぎたいのか?

この辺の問いが考える価値があると個人的に思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯12月13日20時から秋葉原で第2回催眠術飲み会を開催します。
催眠術師呼んで飲み会するとものすごくカオスでものすごく楽しいです。

ご興味ある方は石田まで連絡ください。
会場の都合上先着30名です。

◯Twitterやっています
ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。
フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です