己が源泉

自責か他責か?

みたいな話がありますが

こないだ先輩にある言葉を教えてもらいました。

「自分が許しているものが目の前に現れる。」

というものです。

最初に聞いた時は

全然意味が分からず、「?」という感じでしたが

例えば

僕はよく人との待ち合わせなどで相手が遅刻することがあります。

待っている間本読んだり、こうしてブログを書けば時間はあっという間に過ぎるので全く気にしていないのですが

相手が遅刻するのは

相手が遅刻することを自分が許しているからに他なりません。

すごい会議の先輩に

会議の開始時間に席に参加者が全員揃っていないと

「そろっていないので帰ります。」と言って

お金を頂いて仕事しに来ているにも関わらずすぐに帰る人がいます。

当然ながらこの先輩のクライアントでは遅刻が起きません。

これは

先輩が

相手が遅刻することを許さないからです。

生きていると目の前には思わしくないことがたくさん起きます。

この人のこういうところ苦手だなぁ

この状況耐え難いなぁ

こういうの嫌だなぁ

いろんなことを思うわけですが

全ては自分がその状況を許しているが故に起きていることに気づき

ハッとしました。

そうか、自分が許してるからこの状況が起きているのか。。

ある社長とランチをしている時に

店員さんを「すみませーん!」と呼ぶと

「少々お待ちください!」

と言われました。

社長曰く、

「少々お待ちください!」は上から目線であり、ホスピタリティはないとのことでした。

顧客の期待を考えたら

「すぐお伺いします!」みたいな対応の方が気持ちがいい。

その社長は飲食事業をやっているのですが

そのお店では

「少々お待ちください」という言葉は扱われていません。

それはなぜなら

その言葉を使うことが許されていないからです。

自責他責という言葉は

かなり社会に浸透していますが

実践がかなりハードです。

ただし、

自分が許しているものが目の前に現れる。

はある意味ですごくわかりやすい自責の例だなと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯20代限定のコミュニティ運営しています

「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に

20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。

やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯Twitterやっています

 ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。

 フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です