入社前@フィリピン

すごい会議どすえに4月から入社します。楽しみで仕方ありません。

先日代表の川井とミーティングを行い、自分の一年目の給料形態をプレゼンしました。以前のブログでも書きましたが給料は自分で決めます。
自分の給料はこれにしてください!と社長にプレゼンし、OKが出ればそれが給料になります。

自分はどれほどの価値を会社、そして社会に発揮するのかをまず考えようとしました。
そもそも会社が社会に提供している価値はなんなのか?
会社は自分に何を期待しているのか
そこから考えなければなりませんでした。

「なぜ会社に行くのですか?」と聞かれて
自分も含めて多くの新入社員の答えは「採用されたから」だと思います。
やりたいこと・志望動機はそれぞれあれど1年目から何ができるのか、
この会社で1年目の自分に求められているものはなんなのか
そんなことを考えるきっかけになりました。
研修や慣れない環境や生活に追われて当初の目的を見失うこともあるかもしれませんが、入社前にそれを自覚することができました。

さて、びっくりしたことに入社式はなんと海外です!
フィリピンに4日間いってきます!

なぜフィリピンか、
英語を勉強するためです。フィリピンにいる間日本語禁止です。移動中もご飯食べてる時も飲んでいる時もすべて英語で話さなければなりません。(途中である英語勉強会のときだけは日本語OK)

日本語話したらその瞬間に罰ゲームが待っているので、どうにかして先輩や社長をはめてやりたいなと考えている新入社員でした。

ちなみにどすえには研修はありません。
当然私は何もわかりません。当初はわからないことがわからない状態でした。
何も教えてくれないので自分で考えるしかありません。
考えたり行動していくとわからないことがわかってきました。

「僕どうしたらいいですか?」というような漠然とした質問には「知らん」と答えられます。
「クライアントに送るメールの文章を考えたので添削してください」とお願いするとどんな時でも時間をとって見てくれます。
一般的な研修だと 
この会社・社会人にはこんな知識や勉強が必要→まず研修で教えよう→学ぶ→実施 という流れを取ると思うのですが
どすえでは
なにも分からないまま、まずやる→困る→どう学ぶか考える→学ぶ→実施 という流れになります。

周りの新卒生よりも成長のスピードは遅いかもしれませんが、成長の継続性と成長の質に関しては負けたくないとひそかに燃えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です