強み/弱み

学生時代、就職を意識し始めた頃に

「自分の強みはなんだろうか?」と言う問いに答えられない自分がいました。

自分の問題点や欠点はいくらでも出てくるのですが、強みと言われて
人と比べて自分が秀でているところって何があるのだろうか?
と考えても何も出てきませんでした。

そんな時、先輩に
強みなんて考えないで
人と自分の違いは何かって考えたら?と言われて

周りの友達と自分の違いは何か?を考え続けると色々と出てきました。

前向き思考
とりあえず行動する
人を小馬鹿にするのが好き
やり方がわからない中で何かを決めてなんとかしてきた
無能だと思われたくない
本質的な自信がないのに自信があるように振る舞える

などなどたくさん出てきました。
どれも強みと言われれば強みと言えるし
弱みといえば弱みです。

そんな中で強みと弱みって紙一重だなぁとふと思いました。

すごい会議は「人」を扱う仕事なので
人を知り、そして自分自身を知る必要性が職業上大きくあります。

月に何度か「人」に関する気付きや洞察を深めるために勉強会を開いたりしているのですが
先日、

「あなたは誰ですか?」

という質問に5分間答え続けるというカオスなワークをやりました。
2人1組になって、ひたすら片方が5分間、「あなたは誰ですか?」と聞き続け、
答える側は2度同じ答えを言ったらいけないというルールのもと延々と答え続けるというワークです。

初めは
「石田です。」
「九州男児です。」
「日本人です。」
みたいな答えを言っていたのですが

だんだん答えがなくなってきて

「地位や権力には興味がありません。」
「カラスが苦手です。」
「人を応援することが好きです。」
「プライドがないと思っているけど、度々プライドが邪魔するカッコ悪い人間です。」
「脆いです。」

など自分は何者か?ということに関していろんな答えが勝手に口から出てきました。

非常に多くの学びがあり、面白かったし、
5分間で相手のことを結構知ることができました。

そんな内容をしながら対話をしていって

自分の最大の弱みは何か?
という話になりました。

私の場合
最大の弱点は
盲目的な楽観主義者であることです。

人生なんとかなる。
とずっと思ってしまいます。

旅の準備も当日にしますし、
海外に行くときは宿など決めて行くことがほとんどありません。
人生で悩んだことはあっても落ち込んだことはありません。
海外でカジノに行った時は「どうせ勝てる」と本気で思っていました笑
引越は引っ越す当日に荷造り始めました。

ずっと私は自分のダメなところだなと思っていました。
楽観主義が行き過ぎているせいで人に迷惑をかけたこともありますし、
自分が不利益を被ったことも何度もあります。

ただ、対話していく中で
自分の弱みが強みをさらに強くしているという話になりました。

私の「盲目的な楽観主義」という弱みは
行動力であったり、サバイバル力であったり、落ち込まずに前進し続けるというような強みの形成・強化をしているなと気付きました。

弱みは弱みとしてあるのだから
これを隠そうとせずに受け入れたほうが楽だなと。
認めてしまって、さらけ出してしまって
あとはそれをどう扱うかを決めるだけだなと。

弱みに感謝する
弱点を誇りに思う

という今までに全く無かった文脈を手に入れた時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です