トラブル


旅することが大好きなのですが

計画を立てることが苦手です。

したがって、毎回行き当たりばったりの旅になります。

そして毎回必ずと言って良いほどなんらかのアクシデントや問題が発生します。

僕はそれらの問題を毎回、「なんとかする」ことが好きです。

・ニュージーランドを車で一周しようとしたが、国際免許取るの忘れていた

・ブラジルにアルゼンチンから入国したかったが、ビザが取れない

・タイでダイビングのライセンスを取ろうとしたが、どこも満席で断られた

・フィジーで帰りの飛行機のチェックイン時間に、ニュージーランドの首脳の来国により交通規制でタクシーが60分近く足止めをくらいどう考えても間に合いそうにない

・スイスで溺れた

・アフリカでダウンジャケット売りに行ったら、建国記念日&ラマダン中でお店がどこも空いていない

などなど

いろんなことがありました。

日本でも

・札幌についたもののニセコまでの交通手段がない

・ダウンジャケット100着を荷物で飛行機に持ち運ぼうとしたら「27万円かかります。」と言われた

・ヒッチハイクで4時間車が捕まらない

・福岡でカードや現金全てが入った財布を盗まれた

・夜行バス乗り遅れて翌朝の仕事に間に合わない

などいろんなことがありましたが

諸々全て解決できました。

1つ、すごい会議に感謝していることがあるとすると

緊急事態における思考法がトレーニングされていることです。

今まで、僕は

緊急事態が起きたときに

(どうしよう!?!?)

とパニックになりつつ

「あー、最悪だ」

「なんでこんなことになったんだろう」

「あのときこうしておけばこんなことにはならなかったのに、、」

と考えてばかりいました。

こういった思考をすると

パニックは加速するばかりで

後悔と反省にまみれた状態に陥っていました。

すごい会議では

問題が起きたときに

・何が起きたか?

・何ができるか?

この2つの問いしか考えません。

そこに過去の話は一切介入しないし、

反省や後悔の入り込む隙は一切ありません。

まず、「今、一体何が起きているのか?」

ということをロボットのように起きている出来事を淡々と整理します。

この時点でものすごく落ち着いてきます。

「あ、クレジットカードが3枚と銀行カード2枚と免許証、保険証、現金5万円が入った財布がなくなっただけか」

「ニュージーランドの首脳が来ると警察が言っていて、今30分タクシーが動いていない。空港までは残り5kmで、いつタクシーが動き出せるかは分からない」

みたいな感じです。

そこになんの感情もいれずに

状況をただ黙々と整理します。

そして、「何ができるか?」を考えます。

これやればいいか。

この方法もあるなぁ。

いくつかアイデアを出して、

そして意思決定して動くだけです。

すごい会議を学ぶ前には全くなかった落ち着きが手に入りました。

今、振り返れば

なんであんなことしちゃったんだろう、、

あのときこうしておけばなぁ、、

何してんだよおれ、、、

みたいな過去を深堀りする質問を緊急事態にやったところで

何も生み出しません。

すげえ非効率な思考です。

自分が、何かをやらかしたときに

「なんでそんなことやったんだ!」と怒られたことが

人生で何度かありましたが、

その質問に答えて、穏やかな結論になったことはありませんでした。

「〜しようと思っていて」

「いや、特に何も考えていませんでした」

「〜だと勘違いしていました」

みたいな答えをすると

次に来る相手の反応は自分への非難です。

「なんでそんなこともわからないんだ!」

「だから言ったじゃないか!」

「ふつうこうするだろ!」

このコミュニケーションをやって

何がいいのだろう?と不思議です。

自分の緊急事態における思考法が身についたのは

完全に今の仕事のおかげです。

コロナの問題もそうで、

安倍さんがどうのこうの

政府がどうのこうの

国民がどうのこうの

自粛モードだとなんだかんだ

うだうだ言って何が得られるのか?

という感じです。

何が起きていているのか?

何ができるのか?

この2つだけ考えておけばものすごく生産的です。

起きていることのしっかりした把握と

自己責任での未来の行動の意思決定をしっかりしていって

自分も

身の回りも

日本も

前進していけばいいなと思います。

それはそうと、

旅する時は最低限の計画性は必要だなと書いていて思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯20代限定のコミュニティ運営しています

「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に

20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。

やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯お仕事の依頼、すごい会議のリクルートに興味がある方は以下のアドレスにご連絡ください。

ishida@sugoikaigidosue.jp

(私が価値貢献できることの例)

−会議の生産性向上(会議の時間、半分にします)

−コーチング研修(マネージャー向けに、コーチングレベルを一定レベルまで鍛えます)

−経営チームに対するコーチング(経営の目標達成をサポートします)

−新卒研修(自分で考えて動くマインドセットとスキルセットの土台をつくります)

◯Twitterやっています

 ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。

 フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

2月 フィジー

2020年毎月海外大作戦、
2月はフィジーに行くことにしました。

コロナで大騒ぎだし、日本寒いし、花粉がひどいし、、
本当はツバルに行きたかったのですが

なんと日本人は入国拒否(14日間、ツバルの指定する非感染国に滞在していれば入国可)だったので
フィジーにしました。

フィジーをなぜ選んだのか?

【幸福度ランキングが常に上位だから(1位を何度も取っている)】

です。

幸福度がなぜこんなにも高いのか?ということは明確にわかりませんでしたが
幸福度を構成するであろう要素はいくつも体験できて素晴らしい旅でした。

1つ分かったことは
「マジでみんな挨拶する」ことです。

ハワイでは「アロハ〜」とみんな言いますが、フィジーでは「ボラ!」が挨拶です。

そして、ホテルのサービスマンはもちろんのこと、道ですれ違う現地人や
空港の税関の人や、手荷物検査の人も、工事のおじさんも
本当にみんな笑顔で「ボラ!」と声をかけてくれます。

日本で税関の人や手荷物検査の人がいちいち「こんにちは!」と言ってきたらそれはそれで違和感がすごいですが
まぁそんな世界も素敵ですよね。

この挨拶の文化は幸福度にめちゃくちゃ影響しているんじゃないかなと思います。

思い返せば、小学生の時会う人には必ず「挨拶をしなさい!」と教育を受けていた私は
生まれて初めて東京に行った時

すれ違う人全員に挨拶をしていたら
いつもは「挨拶をしなさい!」と言い続けていた親に
「挨拶やめておきなさい」と言われて混乱しました。

東京ですれ違う人全員にもれなく挨拶していたら不審者扱いされそうですよね、、

日本でも田舎であれば挨拶の文化はありそう(少なくとも地元宮崎は割とあった)
です。
人口が少ないと成り立ちにくい文化なのかもしれませんね。

仕事柄、いろんな会社を訪問することがあります。
受付で、担当者を呼び出し、しばらく受付の椅子あたりで待っているときに

何人も社員さんがそこを通ることがあります。

まじで会社によりけりなのですが

「こんにちは!」笑顔で挨拶してくださったり「呼び出しはされましたか?」と声をかけてくださる社員さんもいれば

決まり悪そうにしながらも会釈をしてくださる方もいれば

顔一つ合わせず無視して通り過ぎる方もいます。

すごい会議として
定着率や採用の問題解決をすることが少なくないのですが

この挨拶と定着率は相関性があるようにしか思えません。
(具体的なデータはないが、挨拶の体感とその会社の定着率を経験して)

日本も「ボラ!」でも採用したいところです。

ダイビングでサメと泳いだり、

こちらのツアー。まじで怖かった。

昨年モンゴルで馬旅して以来の馬で山を駆け抜けたり

すごく豊かな時間でした。

帰国しに空港に向かう途中、
ニュージーランドの首脳が来国するとかで
あらゆる交通機関がストップ。

全部で60分以上、道路で警察に止められることに、、、

最終的にチェックインにあきらかに間に合いそうにない時間になり、
荷物はタクシーに預けて、
パスポートと携帯だけ持って走りました。

ひたすらに走りました。
南国の強い日差しの中1km4分切るペースで3キロちょっと走りきりました。

締め切り8分前に着きました。
日ごろから走っておいてよかった。。。

何があるかわからない分、余裕をもったスケジューリングが必要ですね汗

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯お仕事の依頼、すごい会議のリクルートに興味がある方は以下のアドレスにご連絡ください。

ishida@sugoikaigidosue.jp

(私が価値貢献できることの例)
−会議の生産性向上(会議の時間、半分にします)
−コーチング研修(マネージャー向けに、コーチングレベルを一定レベルまで鍛えます)
−経営チームに対するコーチング(経営の目標達成をサポートします)
−新卒研修(自分で考えて動くマインドセットとスキルセットの土台をつくります)

◯Twitterやっています
ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。
フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

タイとカンボジア


毎月海外に行く!という目標を掲げましたが

海外に行ってなにも得ずに帰ってくるのはただの浪費なので

なにを得たのか?をこのブログにて発信していきます。

1月はタイとカンボンジアに行きました。

まずなによりも

▽タイの大晦日が恐怖すぎる

日本と異なり年中暑いので海辺でパーティしていました。

DJが爆音で音楽をかけてみんなで踊り狂ってそれはそれは楽しい年越しだ!!!

と思いきや、

年越しの瞬間(23時50分ごろからその地獄は始まった)

まず、ランタン(ラプンツェルで有名なやつ)に想いを込めて海辺で空に向けて、いろんな人たちがランタンを飛ばしていたのですが

(こんなイメージ)

うまく飛ばずに空から地上に落ちてくるんです。

地上に着地すればいいですが、気球と同じ原理で火で空に浮かすやつなので

火が空から降ってくる現象になるんです。

人を数々のランタンが襲い始めました。

みんな避難です。

そして次には

いろんな人が打ち上げ花火をあちこちで打ち上げるんです。

右から打ち上がり、左から打ち上がり、後ろから打ち上がり、

まじでうかつに動けない。。

ああああ、とにかく無事に家に帰りたい!!!

灰にまみれながら、必死に宿まで戻ってスタートした2020年でした。

▽タイのコンビニにはレジ横にコンドームがある

日本との国の違いでしょうか?

必ずコンビニのレジのところにコンドームがありました。

(日本だとガムやチョコが置かれている場所)

タイの性産業はGDPの10%を占めるとも言われているとか。

国が生み出す付加価値の10分の1が性産業って凄まじい、、

小売店に行った時に、どこになにが配置されているのか?

でそこを利用する層の特性を考えたりすることが好きなのですが

海外に行くと日本とはあきらかに違うところに気づきやすいので面白いです。

 ▽カンボジアのカジノは中国語しか聞こえない

カンボジアの首都プノンペンに行って、学生の時に建てた小学校を見に行ったりしました。

そして泊まったホテルがカジノ付きのホテル。

入り口が金ピカで、超豪華!

お金がなっている木

にも関わらず、1泊4000円でした。

やっす!!と衝撃を受けました。

(1泊700円などの宿はあるものの、グレードを考えたらカンボジアのホテルの中でも安いほう)

安くで泊まらせて、カジノでお金を使わせる作戦なのかなーと思ったり。

そしてしっかりカジノに行きました。

中国人しかいませんでした。

年7%のペースで経済成長しているカンボジアですが

海外支援のうちの7割が中国からで、圧倒的な中国の介入。

これ、国として大丈夫なのかなぁ、、と不安になりながらですが

カジノに来ている中国人のお金遣いすごかった。

僕は240ドル(2万5000円くらい)カジノで買って

それはもう幸せな気持ちでした。

そんな幸せな気持ちで歩いていると

中国人が1回のカジノで10万円、20万円と使っていて

負けても表情一つ変えずに淡々とゲームを続けています。

一体、いくら稼いでいるんだろう、、

(そもそもカジノのプロは感情的にならないと聞いたのでそうかもしれないが)

そして、この人たちはこんなに大金を一瞬でなくしても顔色一つ変えずにいて

どんなことに幸せを感じるのだろう、、

となんだかしんみりモードに入りました笑

想い出をたくさんつくることを大事な軸として

人生設計をしているのですが

私にとって「想い出」とは

①1つの目的に向かって複数人で

②試行錯誤を繰り返しながら

③飲み会で笑いながら語れるエピソードが生まれること

の3つの要素を構成要素として定義しているのですが

カジノでは幸せ/思い出はは手に入りづらいなぁとふと感じました。

さて、今月はフィジーとツバルに行きます!

コロナで日本人の入国制限が始まっていて入国できるのかどうかが怪しくなってきましたが

なんとか入国して

フィジーの砂浜でしっかりサハラマラソンに向けてトレーニングします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯20代限定のコミュニティ運営しています

「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に

20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。

やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯Twitterやっています

 ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。

 フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123