センス

センスがある/センスがない

なんてことを言いますが

センスってそもそもなんやねん!と思いました。

辞書で調べました。

「物事の微妙な感じをさとる心の動き。微妙な感覚。」

だそうです。

「センスがある」とは「物事の微妙な感じを悟る感覚がある。」ということみたいです。

こないだ生まれて初めてサーフィンをしたのですが

サーファーの人たちは
サーフボードに乗ってひたすら沖を眺めてるんです。

いい波を待っているその姿はもうめっちゃカッコよかったんです。
写真撮りたかったんですが海の中で携帯を持っておらず、悔やまれる、、、
まぁそんな話は置いておいて、、

波は岸側に近づくと波とはっきりとわかりますが
ある程度沖にいると波というよりは
ただの海面のうねりなわけです。

僕もベテランのサーファーたちに見習っていい波を待ってみようと沖を眺めてみたのですが

何がいい波なのか?何が悪い波なのか?の感覚が全くなくて
何も分かりませんでした。

波を見分ける目がないわけです。
これはセンスがない状態です。

ところがおそらくベテランのサーファーたちも
始めたてのころは波の区別なんてきっと付いていなかったはずで、
何回も波に乗ったり、波を見て波にのまれたりしていくうちに波を見分ける目(もしくは風なども影響するみたいなので、いい波を見分ける感覚)が研ぎ澄まされていったのだと思います。

そうすると
センスがある/ないみたいに二項対立的に言われますが

センスというものは身に付けることが可能というわけです。

そしてどうやって身に付けるのかというと
今のところやりかたは2つで

①自分でたくさんトライして成功体験・失敗体験を積みながらセンスを磨いていく
②センスのある人の区別に触れて自分のものにしていく

(他にやり方があったら是非とも教えてください)

①は実体験に基づくのでものすごく自分のものとして血肉になるとは思いますが
なにせ時間がかかりそうです。

②はかなり効率よくセンスが磨かれるのでは?と思っています。

そして、②のポイントは
センスのある人の言葉をたくさん聞くことだと
仕事を始めて思いました。

考え方やセンスは見ても分かりませんが
言葉にすることで転用可能なものになり、理解可能なものになります。

一時期、僕はお金の使い方に関する区別を手に入れたくて
会う人会う人に

「何にお金を使っているのか?」
「お金は◯◯だ」って何が入りますか?
「お金の無駄遣いってなんだと思いますか?」

などどお金というキーワードを元に質問しまくっていました。

いろんな人の言葉に触れると
自分にはない感覚や解釈にたくさん気づくことができて

お金の使い方に関するセンスが確実に磨かれました。

扱う言葉に注意を向けていると
人によって意図的に使っていない言葉、癖のように頻度の高い言葉が必ずあります。

その人のセンスが言葉を介して見えてくるようで本当に面白いです。

2020年は毎月1回海外旅行に行く1年にすることを決めました。

今までの仕事の仕方や収入や時間の使い方だと実現できないので

「生産性」だとか「稼ぐ」に関するセンスを身につけたく、
いろんな人の「生産性」「稼ぐ」に関するセンスを勉強する2019年にします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

無料で入れますので興味ある方はぜひ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯12月13日20時から秋葉原で第2回催眠術飲み会を開催します。
催眠術師呼んで飲み会するとものすごくカオスでものすごく楽しいです。

ご興味ある方は石田まで連絡ください。
会場の都合上先着30名です。

◯Twitterやっています
ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。
フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

OODA

OODAという概念を最近やっと使えるようになってきました。

概念ではわかっていたものの自分のものとして使えているという感覚を持ち始めたのは最近です。

PDCAはかなり有名です。

Plan 

Do

Check 

Action

のサイクルを回すことで生産性を高め、成果を出していこう!というものです。

日本語で言うなら

計画して、

実行して

振り返りして

改善してまた実行

という感じでしょうか?

非常に理にかなったわかりやすいフレームです。

ただ、PDCAサイクルの特徴が

失敗を前提にしていることです。

計画して

実行して

見直しして←ホラココ!!

改善してまた実行

新規事業など失敗を繰り返しながらその都度改善していく系であればものすごくいいものだと思うんです。

僕自身もPDCAを高速で回さねば!と意気込み

営業したり会議をしては

毎回毎回、大失敗しては

あそこがダメだった、、

これをやっておけばよかった。。

と反省して、

次に生かしていきました。

営業においては

もしかしたら成約していたはずの機会もたくさんありましたし

会議においては

貴重な参加者の時間を奪ってしまったこともありました。

失敗が許されている場(スポーツでいう練習試合など)では

PDCAはうってつけですが

全国大会本番や甲子園をイメージすると

PDCAをまわそう!と失敗を前提に考えることは恐怖です。

失敗したらその時点で甲子園の土集めることになるわけです。

次はありません。

そこで出会ったのが

OODAという概念です。

1年ほど前にある先輩に教えてもらいました。

もともとは軍隊で使われていた発想のようです。

失敗が許されない局地が戦争です。

失敗してもいいからPDCAをとにかくまわすんだ!!

ではあっという間に軍が壊滅します。

失敗=死という状況では

checkしてる場合はありません。

という時に

Observe(観察)

Orient(方向付け)

Decision(意思決定)

Action(行動)

というフレームワークが活躍します。

戦争でも

計画があります。

こういう風に攻めて、敵がこうくるはずだから、その時はこうしよう!というイメージでしょうか?(妄想)

ところが戦争なんて計算通りにはいかないはずです。

なにー!そんなところに敵が!

急に馬が!!!

キングダムをみていてもそうですが

あの世界にPDCAはありません。

各隊長が、現場で判断して作戦を随時変更していきます。

それがまさにOODAという発想です。

計画はある前提ですが

まずは観察します。今状況はどうなっているのか?

自分たち、相手はどういう状態か?を観察して(Observe)

どう動くのがベストなのか?を方向付けします。(Orient)

そして指示をだし(Decision)

実際に動いていく(Action)

これがOODAという考え方で、失敗が許されない状況下において

場を見て作戦をすぐに切り替えていくやり方です。

僕の場合なんかは

1回の営業は1発勝負ですし

会議の場に至っては

時給のものすごく高い人たちが集まって会議をするわけで

失敗したら「本当に無駄な時間だった。こんな会議やるくらいなら実務やったほうが実際~千万の価値発揮できた」みたいになります。

(実際にたくさん失敗してきました)

営業戦略(どう営業していくか?)はPDCAでいいですが

商談の場や会議の場ではOODAだとまさに思っています。

商談をこういう風に進めよう

会議はこういう風に進めよう

と計画が予めあるわけですが、

計画通りに進まない時や、相手を観察して「これは、、機能していないな、、、」と感じた瞬間に

もともとの計画はガン無視して、どう進めるのが一番いいのか?を方向付けして

作戦を変えていくことが求められます。

ほんとうに最近、ちょっとずつですが

OODAが身についてきました。

もっともっと場を見る力(観察力)や自分の引き出しを増やしていきたいものですが、、

自分の中で成長を実感できる機会があったので

嬉しくなって書きました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯20代限定のコミュニティ運営しています

「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に

20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。

やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯12月13日20時から秋葉原で第2回催眠術飲み会を開催します。

催眠術師呼んで飲み会するとものすごくカオスでものすごく楽しいです。

ご興味ある方は石田まで連絡ください。

会場の都合上先着30名です。

◯Twitterやっています

 ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。

 フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

何をやるのか

わたしが就職活動をしているときに

「何をするか?よりも誰とするか?」
というキーワードをよく聞きました。

今思うと、
採用者側が就活生に「人で選びました。」という判断基準を植え付けるためのブランディングだったのでは?

と思うことさえあります。
事業そのものに魅力がない会社は人で選ぶしか訴求ポイントがありません。

かなり稼げる
休みが多い
人がいい

これらの理由は仕事そのものの魅力ではなく
仕事に関連する副次的な作用です。

仕事そのものに何のこだわりもないのであれば全く問題ないと思いますが

恋愛も副次的なもの(身体的特徴やその人の持っているもの)で相手を選ぶと
いずれ終わりますたぶん笑

この仕事の面白いところは、、、

と語れる会社って魅力的やなぁと個人的に思います。

決してここでは
人間関係は仕事において関係ない。ということを言いたいのではなく

そもそも
何をやるか?
誰とやるか?
が二項対立的に語られていることに異を唱えたいです。

別に二項対立ではないし、どちらも大事で
どちらも考えたほうがいいと思うわけです。

何をするか?は人生にものすごく影響を与えると思います。

以前ブログで
「やりたいことは自分がやってきたことからしか生まれない」ということを書きました。

何をやるか?で自分の興味範囲が変わるわけです。

例えば私は
学生時代は
カンボジアに学校建設していたので
途上国の事情などに関心がありますし

今はすごい会議という組織のコーチングをしているので
コミュニケーションや自己肯定感、人の成長などにものすごく関心があります。

家の本棚には
コーチングやチームビルディングや心理学の本がたくさんあるのですが
すごい会議をやっていなければこんなに読んでいませんでした。

やること次第で知識や経験が変わります。
知識や経験によって価値観や人生観が変わります。

なので何をやるか?は非常に重要な軸だと思うわけです。

また、
「好きなことをして稼ぐ」みたいな言葉もだいぶ横行していますが

好きなことで稼ぎたいのか?
という問いは持っておいたほうがいいかと思います。

僕は誰かと一緒に旅をすることがものすごく好きで
(ひとり旅はほとんどしない)
国内外よく行くのですが

そこでお金を稼ぎ始めると
純粋に楽しめなくなりそうで嫌です。

あくまでも趣味として旅はやり続けたいと思いますし
お金をいくら、、、とか考え出したら僕のやりたい旅ができなくなりそうです。

何も目的をおかず、気のゆくままにフラーっと旅することが好きなので旅を仕事にはしたくありません。

何を仕事として極めたいのか?
何で稼ぎたいのか?

この辺の問いが考える価値があると個人的に思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯12月13日20時から秋葉原で第2回催眠術飲み会を開催します。
催眠術師呼んで飲み会するとものすごくカオスでものすごく楽しいです。

ご興味ある方は石田まで連絡ください。
会場の都合上先着30名です。

◯Twitterやっています
ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。
フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

思考が停止すること

先日、初めて立命館大学でセミナーをやりました。

就活において
「何やりたいの?」
「どうなりたいの?」
なんていう問いかけがされたりしますが

目標ってそもそも必要なのか?
必要だとして、「いい目標」とは何なのか?

なんていう話をみんなで考える会をやりました。

「〜ねばならない」には
ほぼ確実に、いろんな気づきが生まれます。

最近、「諦める」という解決策があることを学びました。

必死にできないことをできるように努力するよりも
できないことはできないと諦めて、その上でどうするか?を考えるというやり方です。

例えば、僕は事務作業系が本当に苦手です。
ずっとどうやったら事務作業が得意になるか?
どうやったら事務作業が楽しくできるか?
ということを考えては試行錯誤していました。

ミスもなかなかなくならず、いろんな痛い目を見ました。

結果、事務作業をすることを諦めました。
お金を払って秘書を雇い、全て任せることにしました。

悩んでいた全てが解決しました。

今まで1人で苦闘していたあの時間は何だったんだろう、、
って感じです。

「〜しなければいけない」ことなんて世の中には何一つなくて
それは思考が停止しているだけ。

一つ一つを本当にこれでいいのか?なんて考えると
毎回毎回立ち止まって大変そうなので

時たま全てを疑ってみる。みたいな時間をつくるのもいいかもと思いました。

僕の中の思考停止ワード
「〜しなければならない」
「普通は〜する」
「一般的には」
「無理」
「分からない」
「分かった」

先輩から
「分かった」「分からない」には何の価値もない。
「分かった」と思った瞬間に思考は止まるし
「分からない」と思った瞬間にも思考は止まる。

結局何を考えて何を試す(動く)か?が重要。

という話をずっと聴き続けてきました。

色々もがき続けていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★案内★

◯12月13日の夜に催眠術師を呼んで飲み会をやります。
参加希望者は石田までご連絡ください^^



◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

無料のコミュニティですのでぜひ!!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯Twitterやっています
ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。
フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

己が源泉

自責か他責か?

みたいな話がありますが

こないだ先輩にある言葉を教えてもらいました。

「自分が許しているものが目の前に現れる。」

というものです。

最初に聞いた時は

全然意味が分からず、「?」という感じでしたが

例えば

僕はよく人との待ち合わせなどで相手が遅刻することがあります。

待っている間本読んだり、こうしてブログを書けば時間はあっという間に過ぎるので全く気にしていないのですが

相手が遅刻するのは

相手が遅刻することを自分が許しているからに他なりません。

すごい会議の先輩に

会議の開始時間に席に参加者が全員揃っていないと

「そろっていないので帰ります。」と言って

お金を頂いて仕事しに来ているにも関わらずすぐに帰る人がいます。

当然ながらこの先輩のクライアントでは遅刻が起きません。

これは

先輩が

相手が遅刻することを許さないからです。

生きていると目の前には思わしくないことがたくさん起きます。

この人のこういうところ苦手だなぁ

この状況耐え難いなぁ

こういうの嫌だなぁ

いろんなことを思うわけですが

全ては自分がその状況を許しているが故に起きていることに気づき

ハッとしました。

そうか、自分が許してるからこの状況が起きているのか。。

ある社長とランチをしている時に

店員さんを「すみませーん!」と呼ぶと

「少々お待ちください!」

と言われました。

社長曰く、

「少々お待ちください!」は上から目線であり、ホスピタリティはないとのことでした。

顧客の期待を考えたら

「すぐお伺いします!」みたいな対応の方が気持ちがいい。

その社長は飲食事業をやっているのですが

そのお店では

「少々お待ちください」という言葉は扱われていません。

それはなぜなら

その言葉を使うことが許されていないからです。

自責他責という言葉は

かなり社会に浸透していますが

実践がかなりハードです。

ただし、

自分が許しているものが目の前に現れる。

はある意味ですごくわかりやすい自責の例だなと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯20代限定のコミュニティ運営しています

「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に

20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。

やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯Twitterやっています

 ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。

 フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

神は細部に

「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きているんだ!」

という名台詞がありますが
(今の大学生や高校生にも伝わるんですかね?、、)

私が信じているのは

「会議室で起きている問題は現場で起きている」

ということです。

意思決定がなされない会議をしている会社は現場レベルでも意思決定が遅いですし
おそらく残業も多いです。

1人の演説会みたいな会議をしている会社は現場の声を経営に吸い上げていないですし、

問題の指摘や批判が会議で飛び交う組織は愚痴や批判で溢れています。

会議の時間が守られない組織はそこらかしこで提出物の納期が守られなかったり、遅刻が起きています。

「神は細部に宿る」
「目は口ほどに物を言う」
なんて言葉がありますが

一部を見ると全体が垣間見えることが多々あります。

あるホテルの会社で会議をした時に
ホテルの中にある会議室の中にゴミが落ちていました。

にも関わらず、誰もそのゴミに気づかず会議が始まりました。

そしたら社長が
「ここにゴミがあるのに気づかない、あるいは気づいても拾おうとしない役員がここに集まっている。このメンバーでこういうことが起きるということは、俺らのホテルのあっちこっちにゴミが落ちている可能性がある。会議なんてしている場合じゃない。
今から全施設まわってゴミ落ちていないか確認するぞ。」

と言い、会議は中止。
その日役員全員が全てのホテルをゴミが落ちていないか確認して回りました。

一部をみて全体を懸念した社長の判断です。

たかが、たまたまゴミ1個じゃないか。
という解釈をすることもできますし、

これは大変だ。
と解釈することもできます。

些細な違いかもしれませんが
私はとんでもなく大きな差がここにあるなと思いました。

以前ヒヤリハットの記事を書きましたが
(1つの重大な事故の前には29の軽微な事故があり、29の軽微な事故の前には300のヒヤリハットする出来事がある)

どれだけヒヤリハットをおおごとに捉えられるか?
で組織がどのレベルを目指して仕事をしているのか?が分かります。

自分の仕事にも全く同じことが言えるはずで

・遅刻する
・提出物を忘れる
・朝起きて元気がない
・忘れ物をする
・体重が60キロ超える
・名刺が切れる
・爪が伸びている
・部屋が汚い

このあたりが起きると
ただの”ウッカリ”ではなくて
自分の生活や仕事が壊れ始めている危機状態と捉えるようにしていました。

(仕方ないな)
(まぁこういうこともあるよね)

で済ませずに、
(これはほんとうにまずい状況だ。早急に変えなければ)
と思うようにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯Twitterやっています
ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。
フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

巻き込み

少し日は経ちましたが
ラグビー日本代表ベスト8という目標達成は素晴らしかったですね!

私は「にわかファン」に他なりませんが
(未だにルールよく分り切っていない)

にわかであっても
知らない人とラグビーの話題で盛り上がり、
お店で横の人と一緒に叫んでハイタッチし、喜んだり悲しんだりする
あの状況は楽しかったです。

ある社長が話をしていたのですが、、、

にわかファンの心としては
「ラグビーとかよくわかんないし、知らね」というよりも
「ラグビーよく分からないけど乗っかったほうが楽しそう」という状態なのではないか?

「だったら仕事も
なんかよく分からないけどこの熱量に巻き込まれたほうが
なんか楽しそう!というくらい俺らが仕事を楽しんでやろうよ」

とのことでした。
確かにそうだなぁと。

僕は身体が細いし、ラグビーは全くと言っていいほど興味なかったのですが
世間が盛り上がっていて途中からなんか楽しそうだから見始めました。

そしたら友達とも盛り上がるし、知らない人とも仲良くなれるし
選手の迫力と本気に勇気をもらえるしいいことづくしでした。

なんか巻き込まれちゃったわけです。

拗ねて、「私ラグビーなんかどうでもいいし」という態度をとっていても
何も得られませんでしたが
にわかファンになってみて
いろんなものが得られました。

これぞ「人を巻き込む」本質なのでは?と思いました。

よく分からないけど乗っかったほうが知らんふりするよりも楽しそうだ!とどれだけ思わせられるか?

それだけ自分が楽しんで熱中していれば人は勝手に巻き込まれていくものだろうと。

僕にラグビーのことを話してきた友人も
別に僕をラグビーファンにさせようなんて魂胆があったわけではなくて

純粋に日本選手の快進撃が素晴らしくて話したくなっちゃったんだと思うんです。

そしたらそれにつられて
見るつもりなかった試合を気づいたら見てた。

仕事もそんな風にしていきたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯Twitterやっています
ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。
フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

全ての行動に意味を

現在私はいくつかの仕事をしていますが

その中でも多いのが「すごい会議」の営業と採用活動です。

すごい会議の営業の場合、
ご契約頂いて仕事をスタートする人よりも失注することが多いです。

採用活動の場合、
自社に採用になる人よりも採用しない人の方が多いです。

ふと思いました。
「めっちゃもったいなくね?」と。

だって、すごい会議の営業する中で仕事になるのは10社営業に行ったら2社くらいで
採用に至っては100人会って1人採用になるかどうかというところです。

もちろん時間で考えても
営業は失注している会社に使っている時間の方がご契約になる会社に使っている時間よりも多いですし、
採用する学生に使う時間よりも採用にならない学生に使う時間の方が多いわけです。

んー!もったいない!

と思った私は

営業に行きお会いした方で失注した方と
採用面談としてお会いした学生の方で採用にならない学生の方と

どうやったらいい関係性をつくれるのか?
を考えました。

営業について
・コーチングの勉強会を定期開催するようになりました。
→マネジメントやコーチングにはほぼ全ての経営者の人が興味を持っているので一緒に学びましょう!という感じでお誘いし、勉強会コミュニティをつくりました。

・交流会や会食を主催するようになりました。
→「どんな方に会いたいですか?」と聞き、シナジーがありそうな方同士を繋ぐ会を定期的に設けるようにしました。

・趣味や休みの日の過ごし方を聞くようになりました。
→私自身アウトドア派で、かついろんな新しいことをやってみたい人間なので、自分にないものを持っている方とキャンプ行ったり、イベント共催したり、一緒に旅行に行ったりするようになりました。

採用活動について
・知り合いの会社に紹介するようになりました。
→採用面談では価値観の深掘りや個人のミッション・ビジョンを聞くのですごい会議には合わなくても合いそうな会社が自然と思い浮かび、その会社に紹介するようになりました。
結果、この1年で3名の就職が自分きっかけで生まれました。

・20代のコミュニティをつくりました。
→活動的でいろんな勉強している面白い人にたくさん会ったので、これからも繋がっていたい!と思い、だったらクローズドなコミュニティつくっちゃえ!と思い、20代限定のオンラインサロンをつくりました。
そこでいろんな情報交換だったり仕事が生まれたりしています。

・イベントをやるようになりました。
→催眠術飲み会や、朝活、お金の勉強会、キャンプなど仲良くなったら面白そうな人を繋げる機会を積極的につくるようになりました。その結果、そこですごく仲良くなる人が生まれて勝手に2人で遊びにいったりしていてすごくそれが嬉しくなりました。

今までずっと
営業して、失注して終わり。
採用面談して、終わり。

という世界で、その人とはもう2度と会わないくらいの勢いだったのですが
すごい会議の仕事にならなかったり、採用にならずとも
その人自身はすごくすごく魅力的で、

仕事にならなかったり、採用にならずとも
石田一眞という人間と付き合い続けるメリットさえ提供できれば
深い関係性が築けて人生ハッピーだなと。

ビジネスでは繋がらなくても趣味で繋がったりすることがとても面白いです。

もったいない!という強烈な違和感から生まれた行動が
いろんな資産になりました。

この感覚をもっと大事にしたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯Twitterやっています
ブログまではいかないけれども、日々の気付きや学んだこと、会議のノウハウなどをつぶやいています。
フォローしてください^^

https://mobile.twitter.com/umpump123

信頼について

催眠術を学んだ際に
最初にまず「催眠術師としての信頼関係をつくること」が必要だと習いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「催眠術師としての信頼関係ってどういうことですか?」

「人と人との信頼関係ではなくて、この人は催眠術師として実績のある人で決して危険なことや恥ずかしいことをさせる人ではない。ということを相手との関係性の中でつくることです。いかに仲が良くて友人関係として深い仲にあっても催眠術師としての信頼がないと催眠はかけられません。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すごく面白いなぁと思いました。

人と人との信頼関係って言葉1つに集約されているものの

全ての信頼関係は「(◯◯についての)信頼関係」というある側面における信頼関係だなと気づきました。

友達としてものすごく楽しくて仲が良くても一緒に仕事はしたくないなぁという人がいたり、
あんまり性格は合わないけど、時間を守ったりお金関係しっかりしていたり、約束を守ることについては全幅の信頼を置いている人がいたり、
仕事しているとものすごく頼もしくて助かるすごく信頼を置いている人でもプライベートで飲みに行きたいか?と言われるとそんなことはない人がいたり。

こういったものは全て
友人としての信頼関係
上司としての信頼関係
部下としての信頼関係
約束を守ることに関しての信頼関係
誠実であることの信頼関係
自然体で楽しい時間を共有できることに関する信頼関係

などなど、
信頼関係のある人を盲目的に全て信頼しているかというと
必ずしもそうではなくて
ある側面に関しての信頼だなという発見です。

結局これらは
自分は何者か?という問い次第でどうとでも変わりうるもので

人は何者でもないのだから自分が何者かを自分で決めるしかありません。

例えば
「優れたリーダーとは?」
という話題になった時に
・相手の立場に立てる
・ビジョンを語れる
・思いやりがある
みたいなことかというとそうではないんじゃないかと思うわけです。

スティーブ・ジョブズという映画を見た時に衝撃を受けたのは
本当に仲間の人権がないくらい無茶振りをし続ける姿を見て、
「こんな人のもとで働きたくない」と心から思いました笑
私が感じる限り、そこに思いやりなんてものはありませんでした。

ただそこには一貫した姿勢があり、自分の基準について一切妥協しないというスタンスが貫かれていました。

これも1つのリーダーの形ですし、
一方で人格者と言われるように目の前の人に本気で向き合いサポーターとして支援するようなリーダーの形もあるかと思います。

自分はどんな人として在るのか?
というところを確立させないとなと思うわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

目標の意味

すごい会議において、アクションの期日を決めるときに意識していることが

「今日の行動を変えざるを得ないか?」

という観点です。

「半年で5キロ痩せます!」と言う人はきっと今日の夜友達にラーメン誘われたら行ってしまいます。
なぜならば、今日ラーメンを食べてもおそらく目標達成にはそんなに影響がないからです。
5キロ痩せるためには2ヶ月本気でやったら可能かもしれません。
そうすると、「半年で5キロ痩せます!」と言っている最初の3ヶ月があんまり意味がなくなっちゃいます。

一方で
「1週間で3キロ痩せます!」なんて言ってしまうともう今日から大慌てです。
運動どうしようかな、食べ物どうしようかな、と目の前の1つ1つの選択が3キロ痩せるためにどっちがいいのか?という思考になりやすくなります。
駅ではエスカレーターつかわずに階段で歩こう。みたいな感じで小さな変化が大量に生まれる可能性が高まります。

目標を立てることにおいては達成率自体にはそんなに私自身重きを置いていません。
なぜならば達成率だけを考えれば達成可能な目標を作ればいいだけだからです。
達成そのものが目的になると「商談件数目標を達成するために見込みのないターゲットにも商談しまくる」なんていう手段の目的化みたいになりかねません。

ということは目標設定において意味があることは
その目標を掲げることによって自分の思考や行動がいかに変わるか?
ということなんじゃないかと思うわけです。

人生において目標を
作らなければいけないなんて義務は一切存在しないので

目標を設定するのであれば目標に向かっていくプロセスそのものを楽しまないと勿体無いなと感じてしまいます。

いわゆるボランティア活動に学生の頃から割と参加してきましたが
プロセスそのものを楽しんでいる人と、
使命感だけで動いている人で楽しむかどうかは関係ない。という人がそこにはいました。

使命感だけで真剣にやっている人は想いが強くビジョナリーですごいな、、
と感服していましたが多くの人を巻き込んでいるのはプロセス
楽しむことを重要視する人のほうでした。(完全な個人的意見)

途中で息苦しくなるよりも、
目標を掲げて自分の思考や行動が変化せざるを得ない状況が生まれることに
ワクワクできる
そんな目標設定と目標達成の道のりを歩めたらよいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯10/2 ”NVC”という「人と人とが真に繋がるコミュニケーションメソッド」を学ぶ勉強会やります!

離婚問題や紛争、外交など長年解決してこなかった問題を解決に導いてきた近年注目されているコミュニケーションメソッドです。
人やチームのマネジメントに関わる方必見です。

https://www.facebook.com/events/423950241561291/?ti=icl

◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。