生き方改革

スイスに行ってきた内容を前回のブログで書きましたが

そこで感じたことのもう一つの内容が

「働き方改革なんてやってる場合じゃねえ!」

ということでした。

働き方改革で言っている

残業時間の削減!
ブラック企業廃絶!
フレックス!
満員電車をなくそう!

なんて言葉がありますが

スイスの働く人たちを見て思ったのは

仕事のために仕事をしている人の少なさでした(あくまで超個人的な主観)

日本人は働くために働いている人が多いイメージがあります。

平日毎日働いてクタクタになって
土日休んで体を休めたりリフレッシュして
また月曜から働いて、、

働くために休んでいるのであり
働くために生きているなんてなんて空しいのでしょう。

いくら働き方を変えたところで
働く意味合いや働く目的から変えていかないと根本的な解決にはなっていかないと
スイス人を見て確信しました。

まさに【生き方改革】の必要性があります。

終身雇用の時代は終わった
これからは個人の時代だ
好きなことで生きていく
資本経済から信頼経済へ

なんて言葉が飛び交っているように
日本も流れ的に
生き方を見つめ直し変えていくことへの寛容度がどんどん上がっている気がしています。

昔はそれこそ
稼ぐことが正義
大手企業が安定
結婚して子供を産むことが幸せ

ということが常識であり、
これらに沿わない生き方は
不幸せとのレッテルを貼られて、周りからも下に見られ生きづらくなるシステムが出来上がっていたような印象がありますが

それが変わってきている気がします。

どんな生き方をしたいか?
どんな人生を過ごしたいか?

そんな生き方改革から落とし込んだ
働き方改革であるべきであり

働き方をよくするための働き方改革ではあまりにも虚しい結果しかもたらさないのではないか?
と感じます。

家族のため?
自分の喜びのため?
社会への還元のため?

なんのために生き、どう時間を過ごすのか。

営業戦略とは
何にどれほどの時間を使うのか?
ということを普段考えますが

生き方改革こそ
人生の時間を何にどれほどの時間を使うのか?

この問いから始まります。

遊んでばかりの人生は僕はつまらないし
一生働いていきたい。仕事ずっとしたい!と心から思います。

考えるべき、手を加えるべきなのは
働き方ではなく生き方そのもので

その結果として働き方が大きく変わってくる

そんな順当な流れで日本がもっとよくなったらいいなぁって思います。

働くための働き方改革なんてなんか木を見て森を見ず感が否めないです。

人との繋がりや
自分自身の喜びにもっと時間を割いていこう。
と思ったヨーロッパでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯7/18に【問題に対しての解決策をうまく出す方法】についてセミナーやります!
通販事業社の方は他にもいろんな価値ある情報手に入ります!ぜひ来てください!!^_^

https://lp.ureru.co.jp/20190718b

◯クラウドファンディング100万円を目指して挑戦中です!!!
会議を年間400回弱運営しており、生産的な会議運営に関する知見を貯めることができました。
単なる方針に止まらず、誰でも実践できて再現性のある具体的なノウハウを体系立ててまとめた本を出版します。
ご支援・拡散宜しくお願い致します!!
https://camp-fire.jp/projects/view/164538

◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!

歴史を学びなおしたいと思い立ち、このコミュニティメンバーの何人かで定期的に歴史勉強会やることになりました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です