M-1ふたたび

M-1に今年も出ます。

去年M-1グランプリに出場し
物の見事に1回戦で落ちました。

今年こそはリベンジしようと立ち上がりました。
問題解決を日々仕事にしているので

今年こそは1回戦突破&ナイスアマチュア賞を取ります。

去年の反省として

ネタのクオリティを自分たちで判断していて正当な評価ができなかったこと
それによってPDCAが適切に運用されなかったことが挙げられます。

なので今年は以下の違いを現状早速作っております。

①ネタを100個つくる。
去年は5個くらいネタつくって、これでいこう!と決めて勢いで練習していました。
ビジネスにおける新規事業は
ほとんど最初の計画通りいきません。

それは自分たちでいけるだろ!と思っていたものが
市場には受けず、色々市場と対話してみると
ニーズは別にあったということが発覚するというパターンが多いかららしいです。

量は質に転化する。
という言葉がありますが
まずは量をひたすらこなし、そこから市場の判断でウケたものを厳選して練習していきます。

②公衆の面前でネタを披露していく。
去年は自分たちでビデオに撮ってひたすら練習したのみでした。
結果、本番の客席をみる余裕や、芸人さんたちの張り詰めた雰囲気にやられて
胃が痛くなりました。

現場経験をもっと積まなきゃ勝負できない。

ということで積極的にネタ披露しにいきます。

機会あれば呼んでください。もちろんギャラは要りません。
フィードバックが欲しいです。

③客観的なフィードバックをどう得るか?

友達からフィードバックをもらったりすると
どうしても「友達の◯◯がやってるネタ」として評価されてしまいます。

しかし実際の審査員は赤の他人です。

そうすると赤の他人のフィードバックをもらう必要がある。

ということで路上でネタやります。
漫才を路上でやっている人がいないのは
ネタを途中からみても流れが分からないのでつまらないからです。

ということで、路上で他人をナンパして5分だけネタを見て意見ください。
と1本釣り方式で素人の方の意見をもらいます。

また、どうかしてプロのお笑い芸人さんにネタを見てもらう機会を作って
プロからのフィードバックももらいます。

こちら1件どうにかしてアポが決まりました。
テレビに出ている芸人さんにネタを見てもらえる機会を作ることができました。

プロの前でネタやるのめちゃ緊張しますが
これも目標達成のため。
ボロクソに言われる可能性もありますが
全力でぶつかってきます。

どうでしょう?
これだけやれば2回戦いける気がしませんか?

引き続き頑張ります。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。

女優や、ニート、起業家も投資家もサラリーマンも学生も色んな人が参加していて毎日活発に盛り上がっています!!
ちなみにここで歴史の勉強会なんかもやり始めました。
やりたいことを早速行動に移せる場があることが僕にとっての価値になっています。

お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯4/24の夜に催眠術師を呼んで飲み会をやります。

催眠で
手が動かなくなったり
人を好きになったり
わさびが甘くなったり
勝手に踊りだしたり

カオスな飲み会にしますw

参加枠が残りあとわずかなのですが
ご希望の方いらっしゃいましたらご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です