認知度

報連相と命解援についての記事をここ2回書いていますが

報連相に比べて命解援の知名度が圧倒的に低いことが分かり、
なぜここまで命解援は浸透していないのか?ということを考えました。

①基本的に「上司が正しくて部下が悪い」という文脈が流れているから。

「報連相をしっかりしなさいね。(私はできていますよ)」みたいな言葉を聞いたことがあります。
そりゃ新人は何も知識や経験がなかったりするので、上司の方が知識や経験という点では優れているのかもしれませんが

それをいいことに、「部下が育たない」みたいに言っているとおしまいです。
「部下を育てられていない」ということを受け入れられるかどうかで
部下の成長の角度は大きく変わりそうな気がします。

どの会社で働くか?という軸で就活性は就職活動をしますが
「何をするのか」よりも「誰と働くのか」が大事!みたいな言葉をよく聞きます。

そうすると
どの会社で働くか?というよりも
誰のもとで働くのか?

という会社ではなく、上司で就職活動ができればいいのに!
といろんな会社を見たり、いろんな人の話を聞いて思います。

京都大学時代の超絶優秀な知り合いが有名な会社に行って
上司にボロクソに言われ続け、鬱になったりしています。

もうめちゃくちゃ悲しい気持ちになります。

一方で、大学時代はそんなに活動的でもなかったし
話しててそんなに面白くなかった人が
上司に恵まれ、めちゃくちゃ能動的に仕事を楽しみ、会話が楽しくなった人もいます。

報連相ができていない!と思う前に
命解援はできているのか?こっち側の研修や学習の機会がもっともっと増えたら素敵です。

②名前が言いにくいw

報連相はホーレンソーという野菜があるように聞き慣れているし
言いやすいです。
それに対して命解援。
聞いたことないし、心なしかなんだか言いにくい!

ネーミングは非常に大事ですよね。。

「三陰交をあたためるソックス」という靴下が名前を変えただけで売上が17倍上がったそうです。

その名も「まるでこたつソックス」

足先が寒さで感覚がないとき
これは思わず買ってしまいたくなります。
名前の変更だけで売上が17倍にもなるのですから
命解援も名前を変えれば流行るのではないか!

名前考えてみようと30分くらい考えたのですが
まじで何も思いつきませんでした。

ごめんなさい。

もうこうなったら
明快園とか明解園とか明海園とかいう施設作って
それを有名にするしかないですね(本末転倒)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。
お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯3/7
1年ぶりに会社説明会やります!
おそらく日本トップクラスに厳しく、トップクラスに成長できる環境です。
興味ある方は遊びにきてください^_^

https://www.facebook.com/events/320712781892438/?ti=icl

◯3/21
目標設定と課題設定に関するワークショップをやります。
みんなで人生の生産性をあげて手に入れたい人生を手に入れましょう。
https://www.facebook.com/events/355839798476663/?ti=icl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です