分かる。

「わかる」とは「自分が変わること」だ。

と読んだ本に書いてありました。

私は仕事柄、自分自身を商品にしているので

自己成長が命であり

いろんな人に相談しにいったり、

いろんなセミナーに通ったり

いろんな本を読みます。

なるほど!

勉強になるなぁ

これはでかい気づきだなぁ!

などと毎回思うのですが

「自分が変わる」ほどに自分の中に落とし込めているのか?

というと

全然そんなことはなくて、

ただ知った気になって満足していることがほとんどだなぁとショックを受けました。

逆に、自分が社会人になって「分かった」ことは何なんだろう?

と振り返りました。

「すぐに」という日本語がありますが

厳密に言うとこの「すぐに」にはいくつかの意味があって

①soon まもなく、もうじき、

②immediately 即座に、これから

③now 今

という3種類があるという話を先輩としたことがあります。

「すぐにやります!」と言ったときに

「来週までにやります!」なのか

「今日中にやります!」なのか

「今やります!」なのかで行動のスピード、ひいては成果が大きく変わることを学びました。

この3種類の「すぐに」を知ってから

「すぐやろう!」と言う時は「今やろう!」

「すぐにやります!」と言う時は「今やります!」と意図的に言うようになりました。

これに関しては区別を知ってから

確実に物事のスピードが上がったので

「分かった」に分類されるんじゃないかなと思います。

一方で

人と話す時はもっとゆっくり話した方がいいよ。とフィードバックを何回か受けたことがあるのですが

ここに関しては未だに直っていません。

「分かってない」ということです。

おそらく自分がなぜ早く話すのか?

早く話すことで何を失っているのか?

ゆっくり話すことで何が得られるのか?

そういったことがいまひとつ掴めていないがために

「自分が変わる」に至っていないんじゃないかと思います。

勉強になった。

気付きがあった。

学びがあった。

理解できた。

発見があった。

これらの言葉は聞こえがいいですが

それによって自分が変わっているのか?

変わっていないとするならば本当の意味で分かっていない。ということなんじゃないか。

変わっていないとすると

知る前と知った後で何の変化も起きていないわけだから

いっさいの価値がないんじゃないか?

そんなことを考えた読書でした。

ーーーーーーーーーーーーー
◯ゆとり世代(20代)のあなたへ
コミュニティ運営しています。
同世代の仲間同士で仕事・キャリア・人間関係・趣味などあらゆることに関しての行動を促進させるためのコミュニティです。
日常に刺激が欲しいなら入ってください!!
面白い場です。
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯イベントやっています!

次回イベントは2/11 18:00-20:00
自分自身を経営する。ということについてみんなで考える学生向けのイベントです!
経営者になりたい、経営に興味がある、自分自身市場で求められる人材になりたい、そういったあなたは来てください!
https://www.facebook.com/events/2148197418576912/?ti=icl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です