求められる力

多くの仕事がAIに取って代わり、仕事がなくなっていく。

と近年ずっと言われています。

ジェネラリストは必要ない。これから求められるのはスペシャリストだ。

なんて言われたりしていますが、
実際どうなんでしょうか?

20代のオンラインサロンを作って、そこで仲間とともにこの議題について議論したのですが

スペシャリストの人でも、
「いやいや知識の幅広すぎでしょw」っていうほど広さがある人がいるし

ジェネラリストの人でも
「え、そこまで突き詰めてるんですか?」ってくらい深さがある人がいます。

ジェネラリストなのかスペシャリストなのか?
っていう議論自体がなんだかナンセンスなんじゃないか?

と思えてならなくなりました。

では、
活躍できる人と活躍できない人の違いとは何なのでしょうか?

色々サロン内で話した結果、

「学習と意図を結びつける能力」なのではないか?となりました。

人には意図があります。
目標という言葉に言い換えられるかもしれません。

ここでいう「意図」とは「普段から意識していること」です。

意図というのは例えば
「彼女をつくる!」
「営業成績1番になる!」
「社会から理不尽をなくす!」
「売上1億円あげる!」
「身の回りの人を幸せにする!」

などいろんなものがあります。

以前ブログで
人は赤ん坊の泣き声からでも学ぶことはできる。という記事を書きましたが

掃除をしていようが
漫画を読もうが、
スポーツをしようが
何をしても学ぼうと思えば何らかの気づきや発見があります。

そしてその学びを自分の意図に結び付けられる人は活躍できる傾向が高いのではないか?という話です。

どういうことかというと、

例えば、僕が
「彼女がほしい!」という意図を持っていたとします。

そんな意図がありつつ、
営業で失注したとします。

なんで失注したのか?
自分の何が相手に刺さらなかったのか?
相手は心の中では何を考えていたのか?

例えば、相手の表情が一瞬曇っていたにもかかわらず、時間を気にしてそのまま先に話を進めてしまったことが悪かったな。。

という反省があったとすると
こういった思考はそのまま恋愛にも活かすことができそうです。

デートどこに行くかを話すとき、
2軒目に行くかどうかを話すとき、
何を食べるのか?を決めるとき

相手の表情を観察して
少しでも曇ったら勝手に進めずにもっと話を聞くようにしよう。

といった感じです。

恋愛と営業は似ているところがありますが
一見関係ない学びも同じです。

例えば、
仕事で社内に連絡事項をメールで伝える時に

「どんな件名にしたらみんな中身を見てくれるかな?」
「文頭をなんて書いたら、興味持って最後まで読んでくれるだろうか?」
なんてことを考えるとします。

これはそのまま
好きな女の子とどういう風にラインをすればいいのか?
みたいなことに応用できそうです。

こういう風にして

日常生活を送っていく上で手に入れる多くの学びを
意図に結び付けて行動変容する。

この能力が高ければ

①日常のあらゆることから学ぼうとします。
意図の実現をつねに考えているので、表面上の知識や薄い学びだと意図に学びを活かすことができません。
意図に応用可能なレベルまで学びを深掘りしなければいけません。

②意図への理解がものすごく深まる
日常のあらゆることを意図に結びつけることをしていると
それだけ意図への理解が深まります。
どんどんどんどんスペシャリストになっていきます。

なので、スペシャリストかジェネラリストか?という議論は
どうでもよく

・自分の中に強烈な意図があるのか?
・その意図の実現のために日常のあらゆる出来事から学べているのか?

この2つの力を身につけることこそ
AI化が進み、単純労働がなくなっていくと言われる社会で必要な力だなぁという結論に至りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です