コミュニティ力

知人に招待頂いて、キングコングの西野さんの誕生日会に参加してきました。

会場には100人以上の人が。
IMG_0548

実はこの会場、西野さんが髪を切っているという美容院です。
美容院で誕生日会なんてそんなこともできるんだなと感動しました。

美容院からすると認知度も上がるし、最高の顧客貢献だなと
顧客への価値貢献の幅の広がりを感じました。

会場のメインは西野さんのオンラインサロンのメンバーや吉本の芸人さんや、
少し前に話題になった「えんとつ町のプペル」制作者の方たちなど。

関西や九州から参加しに来ている人もいらっしゃいました。

ビビりました。
このコミュニティすげえなと。

聞くところによると
会員数は7000人だとか。
会員料は月1000円みたいなので
月の売上700万円です。

こんな資金集まって、業種・年代本当に幅広い人が集まっていたので
これはどんなことでもできそうだなと
「場」そのものの熱気にすごく刺激を受けました。

コミュニティの価値はものすごいことを実感したので
自分自身でもコミュニティつくることに決めました。

独自性をもった、唯一無二の面白いコンセプトのコミュニティつくるので
楽しみにしておいてください。

少しコンセプト練ります。

私は人に会った時、
「この人の脳みそにはどんな問いがあるのだろうか?」ということにすごく興味があるので

西野さんにも聞いてみました。
IMG_0549

「西野さんが人生を通して自分に問い続けている質問とは何ですか?」

「僕は常に小学校2年生の時の自分がどこかにいるんです。
僕は今の自分がしていること、考えていることが、小2の自分にとってワクワク・ドキドキするものであるかどうか?をずっと考えています。」

とおっしゃっていました。

小2の時に人生好き勝手生きたい!と決めて
コメディアンを志したそうです。

小2のころのなんでもできると思っていて、
どんなことにでも首を突っ込んでいく自分に
恥じない、
そんな自分が尊敬できる大人になれているのか?

そんなことを考えている。とお話していました。

自分自身の強烈な軸があって強いなぁーと思いました。

他人がどう思おうと、
世間からどんだけ批判されようと

判断基準は小2の頃の自分が憧れる生き方かどうか?ということです。

いろんな成功者の方に
「座右の問い」を聞いているのですが
誰1人として
「世間からかっこいいと思われるかどうか?」
なんて人がいません。

ちなみにすごい会議の創始者のハワードの座右の問いは
「what’s the source of success?」
(成功の源は何か?)
です。

確固たる自分自身のぶれない判断基準があって
そういう人が社会で突き抜けるんだろうなと思いました。

あなたの座右の問いはなんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です