私は誰か?
という質問を最近よく自分にしています。

安心してください、
3週間何も食べてなくてよく目眩がしますが、記憶は健在です。

英語で言うと
Who am I ?
です。

以前、催眠術師の人と話をしていて
「人はみんな自己催眠をかけている。」
ということをどこかのブログで書きましたが

私は誰か?
というのがまさに自己催眠です。

私は真面目だ。
私は不器用だ。
私は一途だ。
私は変人だ。
私は友達想いだ。
私は努力型だ。

など、
私はどういう人か?
というものをおそらくほとんどの人が持っています。

自分で自分に言い聞かせているものもあれば
人から言われて、そうなのかもなみたいなものもあると思います。

そして、これらは自己催眠です。

私は幸せだ!
と言うと幸せになるし、

私は運が悪い!と言うと
運が悪くなります。

そこについての考察を書きます。

私は誰か?
という文は
英語で言うと
Be動詞を使います。

Beingというあり方の領域です。
どうあるか?
どういるか?
そんな日本語で

意味は
私=◯◯
って感じです。

私は紳士です。って言うと
私=紳士ってことです。

動詞には
Be動詞以外にDo動詞というものがあります。

大量にあります。
食べる
泣く
走る
取る
立つ
などいろんな言動がDo動詞です。

そして
人は何かを話したり行動して成果をつくるわけですが、
「言動」という日本語は
Behaveと訳されます。

ここ!!
これすごくないですか!?

Beがhaveしているものが言動なんです。

つまり、
あり方が全ての言動を決定づけるということです。

私は紳士だ。と言っている人は
話し方、立ち振る舞い、行動、生活習慣、仕事の仕方などあらゆることが紳士としての言動になります。

私は自信がないんです。
と言っている人は
話し方、立ち振る舞い、行動、生活習慣、仕事の仕方などあらゆることが自信がない言動になります。

最近いろんな自分のあり方を決めています。

私はプロだ。
私は可愛げのある後輩だ。
私はコーチだ。
私はマザーテレサだ。
私はエネルギーだ。
私はニュースだ。

その度に新しい行動が生まれます。
おれはエネルギーだし、もっとこうしようかな?
というのがポンポン出てくるわけです。

あり方が言動の全てを支配していると言っても過言ではないのでは?
と思っています。

あなたは
自分=◯◯

意識的にしろ無意識にしろ
どんな自己催眠をかけていますか?

役者のようにいろいろあり方を変えてみると毎日刺激的になるかもしれません笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です