Everything is sales

「全ての言葉はセールスだ」

どすえの代表の川井がしばしば言います。

セールスとは何か?
「セールスとは人生だ。」とハワード(すごい会議つくったアメリカ人)も言っていました。

私の中で
「セールスとは人生だ」の言葉の意味がしばらく分かりませんでした。

セールス=営業だとすると
人生が営業!?

どんな人生いやだなぁ、、なんて思っていました。

最近、
「全ての言葉はセールスだ」という言葉と
「セールスとは人生だ」という言葉が結びついてきました。

どう結びついたのか?というと
全てのコミュニケーションでは売りと買いが行われているとします。

それは物を売ることかもしれないし
自分自身を売っているのかもしれないし
自分のアイデアを売っているのかもしれないし
自分の思想を売っているのかもしれないし
売るものが何か?は様々です。

私はある意味
このブログで自分の考え方を売っている訳です。
読んだあなたは
「なるほど!そういうことか!私もこういう風に考えてみよ!」という風に買うこともできるし
「言ってることが見当違いんじゃないか?私はそうは思わない」という風に買わないこともできます。

飲み会の場では
自分という人間が場にいることはプラスであることを売っています。
買う人がいれば、次の機会にまた飲み会に誘われるでしょう。

学校の先生は知識や考え方を売っています。生徒は買うこともできるし、買わないこともできます。買うかどうかは一人一人の生徒が選択します。

世間話であっても何かが売り買いされています。
それは苦労話かもしれないし、何かの自慢かもしれないし、共感かもしれません。
相手は同情するのか、尊敬するのか、共感するのか、それとも無関心でいるのか選択できます。

コミュニケーションとは売り買いが行われるかどうかということだとします。

こう考えていくと
何かしら自分は”何か”を売っているわけですし
相手も”何か”を売っている訳です。

常に何かを売っているとすると
何気ない
自分の服装、姿勢、声のトーン、表情などの全てが売れるかどうか?
に繋がります。

どう伝えたら相手は買ってくれるのか?
ということを最近常々考えるようになりました。
それはお客様もそうだし、上司も、後輩も家族も関わる全ての人がそうです。

この意識をした瞬間に
売れないことが多々あることに気づきました。
じぶんの売り込んでいる”何か”が魅力的な商品でないわけです。
自分自身が売るに足る人間なのか?
ということを問い続ける必要があります。

また、
人によって何に価値を感じて買うのかは違います。

「すごい会議」の何に価値を感じて買っているんですか?
とお客様に聞いたことがありますが
3者3様の答えでした。

同じものを売る時
アピールすべきところが変わるわけです。
そして売るためには相手が何を求めていているのか?
を知る必要があります。

「セールスとは人生だ」というのは
相手が何を求めているのか、自分が何を欲しているのか?を知り、
その実現を図るものだからではないか?というのが今のところの私の解釈です。

セールスについてもっともっと研究してみたくなった2018年のスタートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です