ジャズやるべ!

それは1月の出来事です。

すごい会議全体の集まりで
今年何にチャレンジするか?を話し合いました。

ビジネス的な成果にチャレンジするのはもちろんなのですが
問題解決のプロとして、
「一見不可能を可能にする」というミッションを掲げている集団として、
ビジネス以外の何かにも毎年我々はチャレンジしています。

(昨年は全員でトライアスロンに挑戦しました)

意思決定されたことは
【全員で12月にジャズを演奏する!】というものでした。

僕は小学校〜高校まで優等生エリート(笑)でしたが
音楽だけは苦手かつ嫌いでした。
音楽の授業中はどうやってサボりながら楽しむか?を考えていた人間でした。

ジャズって何?から始まり、
どうやら
・クラシックとは違うもの
・アドリブで演奏する
・大人な感じのもの
ということが分かりました(よく分かってない)

分かったものの
23年間逃げ続けてきた音楽と向き合うことをすぐにできず

ずっと抵抗しました。
どうにかやらない方法はないものか、、、、
日常業務も忙しいし、、、
他にもやることたくさんあるし。。。

などずっと言い訳を考えていました。

しかし、不思議なことに
すごい会議の中でビジネス面で結果を出している人ほど
ジャズの練習を多くしているし、うまくなっています。

忙しさ自体は全く変わらないし、むしろ私よりも忙しいんじゃないか?という人が
しっかりとジャズをしているんです。

逃げてるだけなんだなぁと自分が恥ずかしくなり、
最近ようやくジャズに向き合いました(遅い)

ただ音楽の授業すらまともに聞いたことのない僕が
何をしていいかもわからないし、やる気も出ません。

どのようにすればジャズやりたくなるか?
→ジャズに関する映画2つ、本1冊、漫画1冊読みました。
高校生のマーチング部の動画をYouTubeで100回くらい見ました。

だんだんジャズ面白そうだと思えてきました。
どうせやるなら好きな曲を演奏したいと
スウィングガールズの映画でも流れた「SING SING SING」を曲に選びました。

ただ、毎朝5時半に起きて仕事を始め帰宅は24時前後という生活が続いていた時期があったので
練習する時間ないなーと練習から逃げていました。

どのようにすればジャズの練習ができるだろうか?
→楽器を仲のいい後輩と同じトランペットにしました。
(私は負けず嫌いなので近しい存在の後輩と同じ楽器にすれば、負けたくない!という強烈な欲求が起きるはず)
→可愛い美人なトランペットの先生を探して週1の個別レッスンをお願いしました。
(なぜやる気になるかは言わずもがな)
→毎週ジャズの練習を何時間するかを会社のメンバーに宣言し、毎週報告する仕組みをつくりました
→マウスピースを出張するときなども常に持ち歩くようにしました。

最近ようやく音が出て音階も吹けかけてきていて楽しくなってきました。

ある程度軌道に乗ってくると楽しくなります。
これはビジネスも一緒だなぁとふと思いました。

また、私の中で時間の使い方の効率の上げ方がかなり上がっている実感があります。

現在、完全歩合制で働きつつ
11月のアイアンマンレースに向けて練習しつつ
12月のジャズに向けて練習しつつ
友人と色々企画したりもしています。

のんびり何も考えずにやっていたら
時間がいくらあっても足りないので
何に何時間時間を使ったのかを毎日記録し、

どうやったら自分の人生の生産性が良くなるかを常に考えるようになりました。
ジャズのおかげです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です