意志は弱いものとして受け入れる

先日とある先輩と

「忘れないようにする」と
「忘れられない仕組みをつくる」は違う。
ということを会話しました。

最近読んだ本に

「すぐやる人は意志力に頼らず誘惑そのものを遠ざける方がよほど楽だと考えている」とありました。

日本のコカコーラの利用者は1日5000万人だそうですが
その内訳は
自販機2000万人
小売店(スーパーやコンビニ)1600万人
レストラン900万人らしいです。

日本は世界的に見ると人口はそれほど多くない国ですが
世界一ソフトドリンクを消費しているらしいです。
それは、自販機やコンビニが大量にあるからだと言われています。

コーラ飲まない!
お菓子食べない!と決めても
目の前にあれば飲み食いしてしまうのが人間です。

ストイックに自分を追い込める人は本当に素晴らしいですが
残念ながら私はそんなに自分に厳しくありません。

やったほうがいいと分かっているのにできていないことがたくさんあります。
それは意志が弱いからだ!と片付けるのは非常に楽ですが
「もっと意識する」という解決策ではなかなか解決しません。(少なくとも私は)

「忘れないようにする」という解決策は
本当に心変わりして覚悟を決めたものに関しては機能します。
1日中そのことを考えるようになるからです。

ただ、そんな覚悟日常なかなか数多くできません。

忘れられない仕組みをつくる。
について最近私がやっていること、設けているMyルールを書きます。

・ 目標を玄関に貼り、毎朝唱和してから家を出る。
・ 1移動につき必ずセールスに関するアクションを1つ行う。
・ 本を常に持ち歩き、集合時間の待ち時間は本を読む。
・ 行動指針を携帯の待ち受け画面にする。
・ やると決めたことは自分宛にメールし、やり終わるまで既読をつけない。
・ 自分が見ていいなと思った記事を社内の新卒グループにシェアする。
・ ブログを毎週日曜日に書く(カレンダーに登録する)
・ 本当にやらないことが続いたら「〜できなかったら坊主する!」と謎に友達に宣言する
・ オススメされた本はAmazonでその場で買う
・ 吃る度に100円払うと会社のメンバーに行って吃るたびに罰金を払っている。

などです。
忘れられない仕組みにするコツは
① リマインド機能を外部に委託する・他者を巻き込む
② 視覚化し、常に見えるようにする
③ ルールにし、考えなくても身体が勝手に動くまでとにかくやり続ける(おそらく毎日の行動であれば最初の10日間くらいだけ我慢すれば勝手に脳がリマインドするようになる。)

とかなんじゃないかなって思います。

このブログが誰かの問題解決に役立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です