“奇跡の経営”に向かって

私の尊敬する経営者であるリカルドセムラーのセミナーを2日間に渡って受けてきました。

セムラーの会社は
出勤するも休むも自由
給料は自分で決める
経費使い放題
働く場所も働く仲間も自由
取締役会に誰でも参加できる

という5000人以上スタッフを抱えるブラジルの会社です。

一体どんな魔法が解き明かされるのだろう?
そんな期待を持って臨みました。

期待は幻想でした。
“奇跡の経営”は”リアリスティックなプロ集団で形成される超絶合理的な経営”でした。

どういう内容かのコンテンツに関しては直接お話しましょう笑
聞いてください!

セミナーを受けて
うちの会社でもセムラーからインスピレーションを受けて経営方針を変えました。

○全員やりたい仕事だけすることに変えました
会社の仕事を全て一旦棚卸しし、やりたい仕事は何か?を個人個人が発表しました。
やりたくないことは手放そうといくつか会社として手を引くものを意思決定しました。
それぞれがやりたいことだけやる。そんな仕事内容に変わりました。

○前提を疑い、商品が生まれ変わります
セムラーはセミナーで(毎回セムラーセミナーがダジャレみたいで個人的に面白いです)
「企業は成長しなければならない。利益を上げなければならない。理念経営をしなければならない。とよく聞くが果たして本当にそうなのか?」と言っていました。
セムラーの中で、「〜すべき」という言葉が一切ありませんでした。
経営者であるにも関わらず、「他の社員より私の方が失敗する」とさえ言っていました。

セムラーはあらゆることに問いを立てる天才だと感じました。セムラーの話は哲学的で達観していました。

そんな話を受けて、私の会社でも、
そもそもおれらの商品っていいんだっけ?的な話から始まり色んな物事を見直しました。

そうすると今まで当たり前だと信じていたものに意外と可能性が眠っていて、新たなプロセスが始まりました。

もともとすごい会議どすえは
・出勤なし
・給料自己申告制
とセムラーの経営をリスペクトして自由な経営を貫いてきましたが

今回本人の話を聞いて
表面的だったと気付かされました。

本質的に一人一人の才能が最大限発揮され
毎日仕事に向かうのがワクワクしてたまらない
そんな会社になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です