頭と身体のつかいかた

世の中であなたの思い通りになるものと、思い通りにならないものは何ですか?

武井壮さんは自分の身体を思い通りに動かす練習を徹底的にされたそうです。

多くの人は腕を真横に伸ばしているつもりでも、少し上に上がっていたり下に下がっていたりするそうです。

ある野球選手の真似をしようと全く同じ動きをしているつもりでも、実際は全然動きが違います。

自分の身体を思い通りに動かすトレーニングを徹底的にしたそうです。

自分の声が録音して聞いてみると思っていた声と全然違うこともあるように

私は自分の身体を自由に扱えると思っていますがそうではありません。
全然うまく自分の身体をコントロールできません。

「科学的に元気になる方法集めました」
という本を読みました。

元気になる、やる気が出るホルモンの分泌をどうしたら科学的に起こせるのか?
が書かれてありました。

最強です。
ホルモンコントロール、、
仮にドーパミンの排出量や痛みを感じなくするホルモンの分泌などを自由自在に操れれば最強です。

コントロールできるものとできないものはなにか?

コントロールできるもの:自分の言葉、行動、スマートフォン、着る服、髪型などいろいろあります。

コントロールできないもの:他人、過去、天気、電車の遅延など、こちらもいろいろあります。

そして、今までの私は
自分のやる気やモチベーションをコントロールできないものと捉えていました。

やる気だそう!と思ってもやる気はなかなか出ないし、
モチベーションあげよう!と思っても、上がらない時は上がりません笑

やる気を出したいのにやる気が出なくて自分に苛立ちます。

ところが!
科学的に元気になれる方法があるとしたら
やる気やモチベーションがコントロールできるものに分類されたら!
そうなんです。最強なんです。

まぁ、そう簡単にはいかないかもしれませんが
自分のやる気やモチベーションを意図的にコントロールできるようになると
(自分の身体の使い方・扱い方をより深くわかると)
日々の生活がすっごく楽しくなりそうです。

コントロールできるもの・できないもの
この2つを区別してみて、
コントロールできないものなのに、コントロールしたくなるとき、コントロールしようとするときに怒りや悲しみが生まれるんじゃないか?と感じました。

他人はコントロールできないのに
他人を自分の思い通りに操作しようとか

過去はもうコントロールできないものなのに
過去をどうにか編集しようとしたり、、

そんな時間は非常にストレスです。
そしてもったいないです。

コントールできるものだけに自分の思考体力を投資したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です