命解援

報連相に対して命解援のことを前回言う言う詐欺して何も言っていなかったので
今回はそのことについて書きます。

そもそも報連相と命解援(命令・解説・援助)はセットと言ってもいいのではないかと思います。

前回のブログに書いた
報告=目標に対して、進捗かどうなっているのかを伝え、効果的な意思決定の判断材料を提示すること。
連絡=共有すべき情報を事実のみを的確に瞬時に伝えること。
相談=できないと分かったときに早めにコミュニケーションをとり、問題解決をすること。

だとするならば

命令(指示)が適切になされて目標に関する共通認識が取れていないと何について報告すればいいか分かりませんし、

解説がなされて、いったい何のための作業や行動なのかが伝わっていないと、そもそも何か起きたときに
何を連絡すればいいのかの判断ができません。

いくら相談したところで相談相手に援助する意思がなければ相談したくてもできませんし、相談したくなくなります。

効果的な命令・解説・援助がなされないまま
報連相しっかりしろよ!!!

ってけっこう理不尽だなと感じます。

命解援のポイントは何なのか考えてみました。

【命令】
命令と聞くと、上からトップダウンで「いいからやれ!」というようなイメージがありますが
ここでいう命令は指示、指導みたいなイメージで考えます。

①明確なゴールイメージを共有しているのかどうか?
「いい感じの資料つくっといて」
こんなことを言われると間違いなく困ります。
「いい感じ」が何を指すのかてんでわからないからです。

部下は自分なりに一生懸命資料をつくります。
「こういうことじゃないんだよね」
「見積もりはいってないじゃん!」
「全然センスない」

こんなこと言われると、まるで部下が劣っているようですが
そもそも命令が何なのか分かりません。
「先方が他社と比較してうちがいい!と納得できて1週間以内に決済がおりるような資料つくって」
と、例えばこのように具体的に言われたら

他社比較のデータを入れた方がいいな。
1週間以内に決済が欲しいわけだから、いますぐやる理由も入れておいた方がいいな。
先方って確か◯◯社だし、こういうことを書いた方がいいな。

みたいな感じで内容を考えられます。

「問いが具体的であれば答えも自ずと具体的になる」と誰かが言っていましたが
まさに、命令が具体的であれば、自ずと部下の行動も具体的になるはずです。

②命令する人は命令するに足る人物なのか

命令と聞くと僕個人的には
「従いたくない」という思いを浮かんでしまいます。
人の命令に従って生きるなんて自分の人生じゃない!なんて思うからです。

ただ、中にはこの人の言うことなら何でもやってみよう。
よくわからないけど、あの人がいいって言ってたしやってみようかな。
というように、人によっては理屈抜きにして従いたくなってしまうような人がいます。

同じことを言うにしても誰が言うのか?によって
命令の効力というものは変わるだろうなと実体験をもとに感じます。

命令者としてふさわしい自分なのか?

どういう人物がふさわしいのか?については
それだけで何千文字も書けそうなのでまた今度ブログに書きます笑

【解説】
「売上や利益なんてただのKPIだから」とある経営者の方が言っていました。

結局なんのために、この行動をしているのか?
この数字を追いかけているのか?
その意味合いが伝わっていないと

ただただむなしくなります。

あれ、なんのためにこんなにがんばってるんだっけ?
なんでこんな辛い思いしなきゃいけないんだっけ?

こう思い始めたらおしまいです。
目的意識を失うと
仕事はつまらなくなるし、大変です。

物事の意味付けを自分でしろよ!という話はその通りなのですが
新人の報連相に対して言うと
それ以前に解説が適切にできていないと、フィードバックされている方もなぜフィードバックされているのか理解しづらいかもしれません。

【援助】
相談しづらい要因は

・無知だと思われるんじゃないか
・無能だと思われるんじゃないか
・邪魔していると思われるんじゃないか

こんなところにあるのでは?ということを前の記事で書きましたが

上司がまさにそんなことを思わせる言動を日常的にしていると
相談したくてもできなくなってしまいます。

僕がすごい会議に入って恵まれているなと思っていることは
・言っていることとやっていることの整合性がないとき
・嘘やちょろまかし
この2点以外では何をしでかそうが怒られることがないことです。

クレームを起こしたり、
先輩に迷惑をかけたりしても一切怒られはせず、

「で、これからどうするの?」しか聞かれません。

そのかわり、
上の2点に関してはめちゃくちゃキレられます。

「クライアントにあんなこと言っておいて、今のお前の発言はあり得ないだろ」
みたいな感じです。

自分で言ったことに関して、その発言にふさわしくない言動をしたときに
怒られるので自分自身納得感があるし、
次からは絶対にこうしていこう。という前向きな発想で考えられます。

昔頻繁に学校の先生に怒られていたりしたのですが
怒られながら
「なんでオレがこんなに怒られなきゃいけないんだよ」
「はやく終わらないかなぁ、、」
みたいなことばっかり考えていました笑

それは怒る対象が
自分が言ったことに対してのフィードバックなのか
自分が納得していないルールや人の価値観に対してずれている場合のフィードバックなのかの違いだったのだと思います。

私は今、
先輩もいるし後輩もいます。

命解援、そして報連相
どちらに関してもまだまだ伸び白があるので
一つ一つのコミュニケーションの質をもっともっとあげていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。
お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯3/7
1年ぶりに会社説明会やります!
おそらく日本トップクラスに厳しく、トップクラスに成長できる環境です。
興味ある方は遊びにきてください^_^

https://www.facebook.com/events/320712781892438/?ti=icl

◯3/21
目標設定と課題設定に関するワークショップをやります。
みんなで人生の生産性をあげて手に入れたい人生を手に入れましょう。
https://www.facebook.com/events/355839798476663/?ti=icl

ホーレンソー

報連相が大事だ。という言葉を最近よく聞きます。
僕自身、後輩がいて報連相の意味合いについてものすごく重要性を感じているのですが
今回は自分への戒めの意味でも別の観点でブログを書きます。

報連相をしっかりやれ!と言いますが
命解援はしっかりできていますか?ということです。

報連相=報告・連絡・相談

命解援=命令・解説・援助

各要点をまとめてみます。

【報告】
報告の目的は「進捗状況の把握が行えていて目標達成に向けて、このままでいいのか軌道修正が必要なのか判断すること」だと思っています。
なので報告に求められることとしては
・目標に対しての進捗状況に関するものが端的に伝わること
・進捗状況が一発で伝わること
この2点によって計画の維持もしくは変更が決定できることにあります。

「あれ、どうなっているの?」と相手から聞かれたら終わりだと私は上司に習いました。
また、進捗状況が一発で伝わることが必要なので事実に基づいた報告でないと相手には伝わりません。

「進捗いい感じです!」
「順調です」
「状況芳しくありません」
みたいな報告は何がどうなっているのか一切伝わってこないのでコミュニケーションコストがかかります。
「目標◯◯に対して△△という施策を行っていますが、進捗率は◯%です。このままだとうまくいかないので□□することで対応します。」

報告の頻度をあらかじめ合意しておくことも便利です。
1日1回なのか週に1回なのか相手と期待がずれているとお互いに怒りや悲しみが生まれかねません。

【連絡】
連絡とは何か共有すべきことを伝えることをさします。
ずっと「報告と連絡って何がちがうのか?」と思っていたのですが
報告は目標達成のための進捗状況の把握とそれによる意思決定を目的にするもので
それ以外の目的のやりとりはすべて連絡なんじゃないかと個人的には整理しています。(雑)

仕事においてそれ以外の目的のやりとりって何なんでしょう?
いくつか整理してみました。
①完了のやりとり
うちの会社は完全にリモートですし、個人事業的な働き方なのでメンバー同士会いませんし、やりとりすらしないこともあります。
1ヶ月ぶりに「久しぶりだな!」とラインすることもあります。
そんな中で、会うたびにお礼のラインをくれる後輩がいます。

「今日はコーヒーごちそうさまでした!」
「今日は営業同行してくださってありがとうございます。私と〜というところが違って学びになりました。」
「今日話にあがったこと早速明日やってみます!教えてくださってありがとうございます。」
「おすすめしていただいた本読みました!こういうところが響きました。ありがとうございます!」

こんな感じのラインです。
こんなラインが毎回来ると、僕としてもうれしいですし、またサポートしたくなります。
仕事も誰かに任せたい。と思ったときに真っ先によくお礼のラインをくれる後輩に頼みたくなります。

このような完了の連絡はものすごく信頼関係を深めるし、人と人との関係性をよくするなぁと実感しています。

おそらく、上司と部下という関係ではなく、お客さんとの関係でも、家族でも友達でも恋人でもこのような完了の連絡は
関係性を豊かにします。

②決定事項の共有
「事務連絡」みたいな言葉がありますが
決まったことや、終わったこと、伝えてねと言われたことなどを共有するコミュニケーションです。
この連絡におけるポイントは事実を端的に伝えることにあるかと思います。

母親の教育に僕はいろんなことを学んで感謝しているのですが
今でも鮮明に覚えている言葉があります。
小さい頃からずっと「伝わっていないのは言ってないことと同じだから」と言われ続けてきました。

「僕言ったじゃないですか!」とどれだけ主張しても相手に伝わってなかったら何の意味もないわけです。
伝わったことまで確認することが連絡です。
私自身が意識していることは
・結論を先に言う。
・事実で伝える。(主観は入れない)
・その背景(意味合い)を後から言う。
・口頭で伝えた場合、その後で文面で同じことを再度連絡する。
です。
人の記憶というのは驚くほど曖昧ですし、
伝わっていないのは言っていないことと同じですし
伝わっていない場合、伝える側に問題があると母親から学ばされてきたので笑

目標達成のための進捗状況の把握と意思決定のためのやりとりが報告で、
決定事項の共有や完了のためのやりとりが連絡というのが僕個人的な理解です。

完全に個人的な理解なので
もっとこう考えた方がいい!というものがありましたら教えてください笑

【相談】
自分の目標やチームの目標を達成する上で
自分一人で解決できなさそう、解決策が分からない、目標達成できなさそうと予感がした時点で
しかるべき人にとるコミュ二ケーションが相談です。
相談の目的は問題解決です。

相談の目的は問題解決なのですが
相談しづらいパターンがいくつかあります。

心理的安全性に深く関わってくるのですが

1)自分が無知だと思われるんじゃないか
2)自分が無能だと思われるんじゃないか
3)相手の邪魔をすることになるんじゃないだろうか

こういうことを考えた瞬間に相談ができなくなります。
自分一人で解決しよう。。。そんなことを考えた結果
案の定、うまくいかなくなる。

そんな経験をたくさんしてきました。

まずは上に書いた1)〜3)の自分の中の不安と戦う必要があります。

僕が考えるこれらの不安に打ち勝つ方法は自分以外の目的を意識することです。
「お客さんのために」
「あの人のために」
「チームのために」
そういったことを考えると自分の不安のせいで他人に迷惑を考えることの方がいやになります。

基本的に1)〜3)の不安というのは
自分のプライドが傷ついたり自分の自己肯定感が下がるのではないか?という不安なので
傷つこうが自己肯定感下がろうが他人の役に立っているという意味付けさえしてしまえば相談が躊躇なくできるようになりました。

また、無知だと思われたり、無能だと思われたり、邪魔していると思われないように
できる限り調べて、考えて、自分なりの考えをもってから相談に行くようになりました。

「これどうしたらいいですか?」ではなくて
「こういう問題があります。自分なりには〜しようと思っているのですが、効果的でしょうか?」といった相談の仕方をするようになりました。

僕自身、まだまだ報連相不十分だなと書いていて気付きました。
本当は報連相のほうではなく
命解援についてブログ書きたかったのですが
報連相についてで割と文量書いてしまったので
また次回にでも書くことにします笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◯20代限定のコミュニティ運営しています
「このコミュニティがなければ生まれなかった行動がたくさん起きる」ことを目的に
20代のあらゆる行動のきっかけづくりの場として情報共有やオフ会や悩み相談や目標達成なんかを応援し合っています。
お試しで1ヶ月間入れるのでぜひ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯3/7
1年ぶりに会社説明会やります!
おそらく日本トップクラスに厳しく、トップクラスに成長できる環境です。
興味ある方は遊びにきてください^_^

https://www.facebook.com/events/320712781892438/?ti=icl

◯3/21
目標設定と課題設定に関するワークショップをやります。
みんなで人生の生産性をあげて手に入れたい人生を手に入れましょう。
https://www.facebook.com/events/355839798476663/?ti=icl

魅力

この2年間、いろんな経営者の方と会ってきました。いろんな学生の方とも会ってきました。
Facebookの知り合いだけでもこの2年間で800人→3000人になりました。
Facebookで繋がっていない人のほうがおそらく多いので
軽く5000人以上の人とこの2年間で会っているんじゃないかと思います。

「すべての他人は自分と違う人間であるという点において自分よりも素晴らしい」という言葉が好きなのですが
すべての人から刺激を受けました。いろんなことを学習できました。

当たり前のことですが
自分と全く同じ人は誰一人としていなくて、
様々な価値観、考え方、経験に触れてきました。

そんな中で思ったことがあります。

【夢やビジョンが原体験に紐づいていない人の話はなんだか響きにくい】

ということです。

いろんな人の夢やビジョンを聞きました。
みんな、社会や世界がさらによくなる素敵なことを話します。
全部すてきなことなのに
「応援したい!関わりたい!何か手伝いたい!」という人と
「すごいですね。がんばってください。」っていう人に分かれました。
(僕の心が荒んでいるだけという説はいったん横においておきます笑)

自分の原体験に紐づいた理念やビジョンを語っている人の話は非常に魅力的に心に響きました。
一方で、なんとなくこうなったらいいからこう目指す。なんかテレビで見て素敵だったから目指す、
こういうことが問題だと思うので解決したい。というレベルの原体験だと
「そうなんですね」くらいの反応が心に浮かびました。

結局、「自分がやるしかない」という覚悟があるのかないのかの違いがそこに見えました。

「めちゃくちゃ美人を抱きたいんです。」という学生に1度会いました。
社会貢献性は微塵もないですが、全然モテなかったという原体験があり、自分がやるしかないという当事者意識に満ちあふれていて
僕にとっては魅力的な人でした。

「本気の人の依頼は断れない」という言葉を聞いたことがあります。
夢やビジョンもその人が、本当に本気なのかどうか。
そこが相手にもすぐに伝わるなぁと思います。

以前、
「やりたいことは自分がやってきたことの中から生まれる」という話をブログに書きましたが

僕の中で夢中になっている人ってある種の依存症状態なのではないかと思っています。

あのとき、こういう体験をしたときの感動が忘れられない。
幸せすぎてたまらなかった。
楽しくて楽しくて仕方なかった。
自分が何が何でもこの問題を解決しなければならない。

だからがんばる。

そういう体験があると
自分にとっての必要性が生まれますし、
ある程度苦しいことがあってもがんばれる気がします。
(だって依存症なので笑)

自分が依存してしまうほど
楽しかったり、喜びを感じたり、幸福感を抱くことのできるものは何なのか?

こういうことを突き詰めると面白いんじゃないかと。

なんとなくやったほうがいいから。では続きませんし、
苦しいことを乗り越えられない気がします。

苦しいことはできればやりたくないですし、我慢する理由がありません。

僕の場合
おそらく
「人と話をすることで新しい発見が生まれること」の知的好奇心の充足の喜びにが最高に至福なのと、
「人の人生が変わるきっかけに携わる」ことのできることで抱ける自己重要感に快感があり
それらの快感に依存しています

だからいまの仕事をしているし
どうにか時間を生み出して知らない土地を旅したり
いろんな人と会っているんだなとこのブログを書きながら自己分析できました

何に自分が快感を抱き、依存しうるレベルで熱中できるのか?
これをうまく語れるようになりたいです。

僕自身、もっと原体験と紐づけて魅力的に語れるようにします。

努力の仕方

大阪桐蔭高校について調べていたら
甲子園で圧倒的な成果を残している監督の言葉にこんな言葉がありました。

「高校生にすべてを任せるのは難しいと思っています。例えば、守備の自主練習を30分やらせても、『お前、いまそれか?』ということがあります。『ちゃうやろ』と。バッティングでも下手な打ち方100回やったら100回下手になる。『あかん、あかん。それでは下手になるぞ』と止めることもあります。それに比べて『こいついい練習してるな』と思うやつは伸びていきます。だから、練習内容やどんな練習をするかは、寮でしっかり話して確認していますし、練習中もみています。『今日、なんであの練習やったん?』て尋ねて、そこで話し合いをして修正していきますね。ノートに書いたり、話をしたり。練習した分だけ確実に上達しようと思えば、やっぱり正しい努力を継続することです。子供たちの自主性を求めながらも、大人が誘導することが大切だと思います。一人一人にかける手間や時間はどの学校よりも多いと思います。」

ハッとしました。
「下手な打ち方100回やったら100回下手になる。」

癖や習慣というものは恐ろしいもので
いったん身についてしまうと、それを変えることはものすごく甚大なエネルギーが必要になります。

林修さんも似た趣旨のことを話していて

「努力は裏切らないっていう言葉は不正確だ。正しい場所で正しい方向で十分な量なされた努力は裏切らない。」と言っています。
振り返ると
新卒1年目の僕はまさに間違った努力を大量にしていました。
とにかく人に会って、すごい会議の営業をして断られて、、
すごい会議というサービスは本当に素晴らしく、すべての組織に価値があると思っていますが
導入した方がいいタイミング、導入してもあまり効果が出づらい組織というものがあると思っています。
タイミングが違うのに営業していたし、すごい会議で効果が出づらいところにずっと会いにいっていました。
毎日ものすごく動いていたので
仕事しているつもりになり、
大量行動し続けているとどこかで小さな成果が出てきて、その部分だけを取り上げて自分を安心させていました。

まさに効果的でない努力を積み重ねていました。

では正しい努力をするにはどうしたらいいのか?を考えてみました。

正しい努力とはすなわち成果に結びついている行動のことだと思います。
では成果に結びつく行動をするためにどうしたらいいのか?

フィードバックと振返りがポイントなのではないか?と考えました。

大阪桐蔭の西谷監督のように間違った努力をしているときに
「お前のやり方、効果的じゃないぞ」と言ってくれる人がいるか?
いなかったとしたらそういう人を身の回りにおくか、
自分からフィードバックをもらいにいくしかありません。
「目的を忘れることは、
愚かな人間にもっともありがちなことだ。」

とニーチェが言っていますが、
一人だけで考えて行動しているとまさに手段の実行に満足して目的から離れていってしまいかねません。
(だからこそ私のようなコーチのニーズが生まれる!笑)

もう1つは振返りです。
人間には一貫性の性質というものがあるらしく
自分が行った行動は正しいんだ。自分のした意思決定を正しいものだ。と正当化する癖があるみたいです。
そりゃ自分がせっかくやってきたことが間違っていることなんて認めたくないですよね。
(捉え方によると自己否定)

きちんと自分自身を振返って
やった行動に対して成果がどうなのか?
いい雰囲気でも成果に繋がっていなければ冷酷に「正しくない行動だ」と認める勇気をもつことが求められるのではないかと思います。

そんな振返りを僕は一人でやるよりも他人とやったほうが効果的にできると思っているので
コミュニティをつくっています。
目標を宣言して、その目標に対しての進捗を共有し、振返りしあい、
お互いに応援し合おう!というものです。

20代限定のものになっているので横のつながりというか同世代からの刺激もたくさんもらえて楽しいです。
よかったらぜひ入ってください^^

https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◯3/7
1年ぶりに会社説明会やります!
おそらく日本トップクラスに厳しく、トップクラスに成長できる環境です。
興味ある方は遊びにきてください^_^

https://www.facebook.com/events/320712781892438/?ti=icl

◯3/21
目標設定と課題設定に関するワークショップをやります。
みんなで人生の生産性をあげて手に入れたい人生を手に入れましょう。
https://www.facebook.com/events/355839798476663/?ti=icl

真実の告白

先日ボヘミアンラプソティを見てきました。
(若干ネタバレがあるのでこれから見る方はそっと閉じてくださいw)

休みも自由に自分で決めていい働き方なので
平日の昼間に行ってきました。

公開から1ヶ月以上経っているにも関わらず
平日の昼間の上映で観客席はほぼ満席でした。

恐るべし人気です。

内容については色々感じることや心動かされる部分がありましたが

僕が最も印象に残っているシーンが、
主人公のフレディが当時付き合っていた彼女に

「ずっと自問自答していたんだが、僕はもしかしたらバイセクシャルかもしれない」
と打ち明けるシーンです。

なぜ印象に残っているかというと
フレディが「バイセクシャルかもしれない。」と告白した後に
彼女が即こう切り返すんです。

「いいえ、あなたはゲイよ。」

です。

このやりとりものすごくないですか?

フレディとしては彼女のことは好きだし(恋愛感情なのか友情なのかはおいといて)
大切に扱っているはずなんです。

彼女としても「バイセクシャルだ」と言われたら
(私のことは好きでいてくれるのかな、他に好きな人ができたのかな)というように
ショックを受けたり不安が生まれたりするかもしれませんが

それでも「私のことは好きなんだな」という安心感は何かしら残るはずです。
(むしろ彼のことが好きであれば、そう安心したいはず)

にも関わらず、おそらく彼女は
フレディと接する中で、(きっとゲイなんだ)という体験があったはずなんです。

だからこそ
「バイかもしれない」という告白に対して
「いいえ、あなたはゲイよ」と言い返すことができたのだと思います。

この会話は
なかなかできるものではないと思います。
真実を口に出すことはとてもとても勇気のいることで、
真実を口に出した瞬間に今まで積み上げてきたものや安定していたものが一瞬にして崩れさるかもしれないからです。

思い返せば、3年ほど前に流行った「君の名は」の中にも
真実を口に出すシーンがあります。

(見ていない方はごめんなさい)

主人公の滝くんは小野寺先輩のことがずっと好きだったわけですが
小野寺先輩とのデート中に
「瀧くん、別に好きな人できたでしょ」と歩道橋の上で言われるシーンがあります。
(確かこんなシーン。具体的なフレーズが若干違うかもしれません、、)

僕が言うには、そのときに始めて瀧くんは
「おれってもしかして三葉のことが好きなのかな、、」
と自分の気持ちに気付きます。

そこから物語が進んでいく流れになります。

この時もおそらく小野寺先輩は
ずっと瀧くんが自分のことを好きなことを感じていたはずなんですが
瀧くん自身の変化に本人以上に気付き、気付いたことを本人に伝えるわけです。

なかなか気付けるものでもないし、
気付いたとしても言いやすいことではないです。

すごい会議のメンバー同士でも
「真実をテーブルの上にあげろ」とよく言われます。

本当はうまくいかないと思っています。
正直信頼できていません。
◯◯さんの顔をどうしても気にして仕事をしてしまいます。

実は気付いているんだけれども
なかなか言い出せないことがテーブルに上がると
組織として急に前進し始めることがあります。

ただ、そこにはものすごく勇気が必要で
いろんな人が悲しんだり、多くの人から反発を受けたりするかもしれません。

ただ、言えないことを言うことで大きく前進するし、
真実を言わないと、なかなか前進できない場面が今までよくありました。

映画を見て、
僕自身もっといろんなところに気付いて、
真実を勇気を出して躊躇なくテーブルにあげる

そんな仕事をしなければと身が引き締まりました。

ーーーーーーーーーーーーー
◯ゆとり世代(20代)のあなたへ
コミュニティ運営しています。
同世代の仲間同士で仕事・キャリア・人間関係・趣味などあらゆることに関しての行動を促進させるためのコミュニティです。
日常に刺激が欲しいなら入ってください!!
面白い場です。
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯イベントやっています!

次回イベントは2/11 18:00-20:00
自分自身を経営する。ということについてみんなで考える学生向けのイベントです!
経営者になりたい、経営に興味がある、自分自身市場で求められる人材になりたい、そういったあなたは来てください!
https://www.facebook.com/events/2148197418576912/?ti=icl

思考と言葉

先日、飲み会を企画していた際に
参加者の一人の方がインフルエンザで欠席になったので
Facebook上で参加者を募ろうと思い、投稿しました。

「経営者を集めて飲み会をやっています。本日空いている方はメッセージください。」

たしかこんな文面でFacebookに投稿しました。
(投稿後10分で参加者が見つかったので投稿は消したのですが、たしかこんな文面でした。)

そうすると、すごい会議の先輩から
個別にメッセージがきました。

『「経営者を集めて」という言葉はお前のどんなあり方から来ているのか?傲慢になるなよ。』
という趣旨のフィードバックを頂きました。

人の思考は見えません。
何を考えているのかは分かりません。

ただし、考えや思考は言葉となって現れます。

「経営者を集めて」という言葉を使っていると
まるで自分の能力で経営者の方をコントロールして集めているようなそんなニュアンスが入っているなぁと
先輩に言われて気付きました。
(実際そう思考していた)

僕は一緒に飲みませんか?と誘うことはできますが
人を集めることはできません。
人が集まる呼びかけはできますが、人をコントロールできるわけではないので

表現するならば
「経営者の方にお集まりいただき」くらいの文面の方が効果的だったと振り返りました。

思えば、すごい会議に入って
扱わなくなった言葉がいくつもあります。

例えば

「〜できていません。」という言葉です。

宣言したことをやっていない時があります。
そういうときに今までは「できていません。」「できませんでした。」と言っていましたが、
その言葉は言わなくなり、代わりに「やっていません。」と言うようになりました。

「できていません。」と「やっていません。」では何が違うか?
思うに、責任をとっているかどうかが違います。

「できていません。」という言葉は、まるで自分はやろうと思っていたのにいろんな状況があって遂行することができなかった。そんなニュアンスが含まれます。
やろうと思えばなんだってできるはずです。時間はつくるものです。
ただやっていないだけで、できていないわけではないはずです。
「できていません。」という言葉は自分の正しさを主張するコミュニケーションと受け止められます。

そんなことを考えて
「できませんでした。」という言葉は使わないようになりました。

同じような考えで
受動的な言葉はかなり減りました。

極端な話、
「インフルエンザになりました」ではなく、「インフルエンザを引き寄せました」ということです笑
「先方にスケジュールをキャンセルされました」ではなく、「キャンセルしてもいいようなスケジュール設定をしていました。」という話になります。

受動態や主語を自分以外にすると
コントロールできないものになるため仕方がない。という発想になりますが
主語を自分に置き換えると「あー、こういうことができたなぁ」と何かしら改善策を思いつきます。

こういうことを友達に話すと、

「私がつきあう人はみんなメンヘラだ。って思ってたけど、私がメンヘラを選んでたんだ。」と言っていましたw

自責なのか他責なのかは言葉を聞いていれば分かるはずです。

すごい会議に入ってよかったのは
「自責でいろ!」みたいなことは言われずに
他責っぽい発言をした瞬間に「今の言葉、言い換えろ」と言われる環境であることです。

言葉を本当に丁寧に扱います。

ーーーーーーーーーーーーー
◯ゆとり世代(20代)のあなたへ
コミュニティ運営しています。
同世代の仲間同士で仕事・キャリア・人間関係・趣味などあらゆることに関しての行動を促進させるためのコミュニティです。
日常に刺激が欲しいなら入ってください!!
面白い場です。
https://peraichi.com/landing_pages/view/yutori-movement

◯イベントやっています!

次回イベントは2/11 18:00-20:00
自分自身を経営する。ということについてみんなで考える学生向けのイベントです!
経営者になりたい、経営に興味がある、自分自身市場で求められる人材になりたい、そういったあなたは来てください!
https://www.facebook.com/events/2148197418576912/?ti=icl