入社前@フィリピン

すごい会議どすえに4月から入社します。楽しみで仕方ありません。

先日代表の川井とミーティングを行い、自分の一年目の給料形態をプレゼンしました。以前のブログでも書きましたが給料は自分で決めます。
自分の給料はこれにしてください!と社長にプレゼンし、OKが出ればそれが給料になります。

自分はどれほどの価値を会社、そして社会に発揮するのかをまず考えようとしました。
そもそも会社が社会に提供している価値はなんなのか?
会社は自分に何を期待しているのか
そこから考えなければなりませんでした。

「なぜ会社に行くのですか?」と聞かれて
自分も含めて多くの新入社員の答えは「採用されたから」だと思います。
やりたいこと・志望動機はそれぞれあれど1年目から何ができるのか、
この会社で1年目の自分に求められているものはなんなのか
そんなことを考えるきっかけになりました。
研修や慣れない環境や生活に追われて当初の目的を見失うこともあるかもしれませんが、入社前にそれを自覚することができました。

さて、びっくりしたことに入社式はなんと海外です!
フィリピンに4日間いってきます!

なぜフィリピンか、
英語を勉強するためです。フィリピンにいる間日本語禁止です。移動中もご飯食べてる時も飲んでいる時もすべて英語で話さなければなりません。(途中である英語勉強会のときだけは日本語OK)

日本語話したらその瞬間に罰ゲームが待っているので、どうにかして先輩や社長をはめてやりたいなと考えている新入社員でした。

ちなみにどすえには研修はありません。
当然私は何もわかりません。当初はわからないことがわからない状態でした。
何も教えてくれないので自分で考えるしかありません。
考えたり行動していくとわからないことがわかってきました。

「僕どうしたらいいですか?」というような漠然とした質問には「知らん」と答えられます。
「クライアントに送るメールの文章を考えたので添削してください」とお願いするとどんな時でも時間をとって見てくれます。
一般的な研修だと 
この会社・社会人にはこんな知識や勉強が必要→まず研修で教えよう→学ぶ→実施 という流れを取ると思うのですが
どすえでは
なにも分からないまま、まずやる→困る→どう学ぶか考える→学ぶ→実施 という流れになります。

周りの新卒生よりも成長のスピードは遅いかもしれませんが、成長の継続性と成長の質に関しては負けたくないとひそかに燃えています。

毎日が100m走

私は予知能力を身につけました。

あなたが5分後に何をしているのかを当てます。

このブログを今読んでいる人の8割以上は5分後

スマホかパソコンを触っています(ドンッ!)

さて、冗談はさておき、

人間の初期設定は「惰性」「現状維持」なのではないかと思ったのでそれについて書きます。

見たいテレビ番組を見ていて、その番組が終わってもチャンネルを変えず次の番組も見たことはありませんか?
飲み会の途中で眠くなって帰りたいなと思ってもなんだかんだ最後までいたことはありませんか?
私はしょっちゅうです。

すごい会議の師匠である大橋禅太郎さんがこんな言葉を言っていました。

「やりたいことが見つかった時はそれが1番やりたいこと。何かをしている時は他にやりたいことがある」

明日朝走るぞ!と言っても翌朝には寝たい。本読みたい。洗濯物したい。となったことはありませんか?
私はしょっちゅうです。

人は寝る度に現状維持モード、惰性モードという初期設定に戻るんじゃないかと思います。
初期設定がデフォルトなのは考えたり新しい行動をするよりも圧倒的に楽だからです。

少なくとも私自身がそうです。
今の考え方ややり方を変えることには抵抗があるし、できればしたくないというのが私の根底に流れています。
あまり機能していないにも関わらず今のやり方を続けたり、気づいたら楽な方楽な方に自分は進んでいます。

すごい会議の主なクライアントは経営者で
私自身まだ社会人になっていませんが、多くの素晴らしい経営者の方たちとお話する機会が
最近あります。

経営者の方たちと話をしていて気づいたのですが
きっと世の中の社長も政治家も朝起きた時は「まだ寝たい」と思っていると思いますし、
初期設定が惰性というのは全人類に共通するものではないでしょうか。

ところが社会で活躍したりバイタリティ溢れる人たちはそれを自覚したうえで意図的に
自分の設定を変えていると感じます。

朝起きる時間を決めたり、
毎朝3キロ走っていたり、
行きつけの場所があったり、
初期設定を変える何か仕組みを作っているように見えました。

きっと毎日を100m走のように
しっかり準備して惰性モードから意図的に集中モードに切り替え
自分の行動で違いをつくらないと、突き抜けた成果や充実した人生は手に入らないんじゃないかなと
感じる入社前です。

何を得たいのか/何を失いたくないのか

南米旅行最後の国、アルゼンチンにいます。

クレジットカードのキャッシングができなくなってしまい、現金が圧倒的に足りなくなってしまう事件に遭遇した私は残りの現金80$を元手にカジノに行ってお金を増やすことにしました。

結果300$まで増やすことに成功しました。カジノはお金が増える場所なんですね!

とまぁ冗談はおいといて、私はずっとルーレットをしていたのですが、その横で欧米人のおじさまがずっと35とその周辺の数字に大金を賭け続けていました。

みるみるうちにそのおじさまのお金はなくなり私がいるだけで800$は軽く失くしていました。(富豪だからできることなのかもしれませんがw)

35という数字にどういう思い入れがあるのかは分かりませんが、おじさまの心理ではきっと「ここまで賭けてるんだから次は35がでるに違いない。次35が出たら悔しくてたまらない」となっていることでしょう。

実際35が当たっても投資したお金は当に取り戻せないくらいになっているにも関わらず。

コンコルドの誤りという埋没コストの事例があります。

「ある対象への金銭的・精神的・時間的投資をしつづけることが損失につながるとわかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資をやめられない状態を指す」by wikipedia

おじさまを見ていて埋没コストの原理は日常生活に溢れているなぁと気づきました。

大学の友だちが「法学部に入ってこれだけ法律勉強しているし法律絡みの仕事つかないともったいないよなー」と言っていました。

ある先輩は「付き合ってもう4年たつし今更なんか別れられないんだよね」とこぼしていました。

私自身居酒屋でアルバイトをしていたときに、ここまでせっかく慣れてきたのにやめるのはもったいないと辞めたいにも関わらずなかなか言い出せない時期がありました。

もったいない精神や失いたくない精神は非常に大切ですが、長期的な損失を最大化するという視点にたてばまさに「埋没コスト」だと思います。

要は「何を得たいのか」という視点から「何を失いたくないか」という視点に変わってしまっているなら多少損害を被ってもやめたほうがいいなという気付きです。

そして今現在の私を振り返ると「プライド」を失いたくないという意識が強くあります。自分を過大評価しがちだし、自分の価値観が正解であるかのように振る舞うことがあります。

自分は何を得たいのか? この問いを大切にします。