ブレイクスルーを起こすということ

あなたは一見不可能だと思えることを可能にした経験にはどんな経験がありますか?
すごい会議の成果発表会に参加した時
「ブレイクスルーとは【矛盾を矛盾なく克服すること】」だと学びました。
これはつまり、僕の解釈では「AだからB」であることを「AなのにB」に変えることをブレイクスルーだと受け取りました。
例えば「客単価をあげたから客数が落ちた」が「客単価あがったのに客数が増えた」の状態になることです。
そしてまた同時に「AなのにB」を実現させたブレイクスルー事例の共通項としてあるのが「Cを捨てる覚悟をもっていた」ということでした。
客単価も上げて客数も増やす施策をうつとき、それは客単価も客数も両方共落ちる可能性があるかもしれません。
ある会社では営業部の成績をあげるためにトップ営業マンが営業することをやめ、テレアポだけするという作戦を実行しました。
この場合営業部全体の成績が過去最低になるリスクをとっていると僕は思います。結果として営業部全体のレベルアップ、アポ率の上昇が達成され過去最高売上を記録しました。
要は一見不可能なことを可能にするとき、必ず大事なものを捨てる勇気、覚悟が必要不可欠なのだということを学びました。
みなさんのなかで「AだからB」という当たり前をぶっ壊したいとすれば何を捨てますか?

給料は自分で決める

面白法人カヤックがサイコロで給料が決まることは有名ですが
どすえでは給料は自己申告制です。
自分で社長に対して自分の給料額、給料形態をプレゼンし、
オッケーが出ればそれが給料です。
僕はお金というより経験に20代は投資すると決めていたので
給料のことは何も知らずに入社を決めたんですけど、
「給料ってどういう仕組みになっているんですか?」と聞くと「自分で決めて」と言われました。
率直に「まじかよw」と思いましたが
自分で決められるという状況にワクワクすると同時に
「僕にはいくらの価値を生み出せるのだろうか」
「僕が会社に、そしてお客様に提供できる価値ってなんなのだろう」
という思考が始まりました。
自分は何が人と違うのか
→それは人にどう役に立つのか
→それは人にどれくらい喜んでもらえるのか
→それはどれほどまで極められるのか
→それはいくらの価値があるのか
ということを日々考えつづけています。
 また、お客様からお金を頂いているという
当たり前のことですが、
払うお金以上の価値が無いとお金は払わないと思うので
先輩たちのお客様に対する真摯さ・真剣さに改めて気づくことができました。
どれほどのクライアントインパクトをもたらすことができるかという
顧客志向に立つ重要性を学んだので
この初心を忘れないようにしたいです。
 プレゼンが終わったらこのブログでまた報告させてもらいます。
楽しみにしていてくださいw