準備が8割

すごい会議どすえの西澤です。

 

打ち合わせで決まる
お客様との会議の前には、必ず事前の打ち合わせを意思決定者と行います。
「会議をする際に、上手くいくかどうかは、その会議が始まる前に8割決まっている。」
最近は、そんな気持ちでお客様との会議の打ち合わせに臨みます。

もちろん、実際に会議の中でどう違いを作っていくかを考えることにも力を入れます。
会議を進めていくうちに、もともと予定していた方向性と全然違う方向に行くこともあります。
常に、「この場でより違いが生まれるために、どんな質問をすると効果的か?」と考えながらコーチをしています。

しかしながら、事前の打ち合わせの段階で意思決定者と創り出したいインパクトが明確に合意できると、その時点で上手くいきそうな『匂い』が漂ってきます。
実際、上手く方向性が合意できた会議は、結果的に違いも作られやすくなります。
また驚くべきことに、会議そのものが予定していたものと全然違う方向に行ったとしても、最終的には素敵なアウトプットが作られていることが多いです。

意思決定者も得たい成果が分かっていない
なぜそういった違いが作られやすいのでしょうか?
私が言うには、意思決定者とコーチが同じ方向を向くからだと考えています。

会議を進行させるコーチと、何をして行くかを決める意思決定者がてんでバラバラな方向を向いていたらあんまり会議が機能しなさそうなイメージがありますよね。
言われてみればその通りなんですけど、実際、普段の会議ではこの方向性の不一致がよく起きています。

なので、事前の打ち合わせでは
「どんな成果を創り出したいのか?」
のvisionを意思決定者と合意するだけで、
少なくとも30分は話し、長いと2時間かかることもあります。

むしろ、
「どんな成果を創り出したいのか?」
この質問の答えを明確にすることで、事前の打ち合わせは終わります。
進め方は、その成果を手に入れるために最もベストな方法をコーチが考えればいいですしね。

ちなみに、これはセールスでもあてはまります。
アメリカで取られたある調査によると、8割のお客様は営業マンと会う前に既に購買決定をしているそうです。
つまり、セールスにおいてお客様と強いパートナーシップを望むのなら、提案を行う前に上手くいきそうな空気感を作っておくとより良い成果が得やすくなります。

 

すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、セミナーを実施しております!

合コンでできる女の「さ・し・す・せ・そ」

あけましておめでとうございます。

どすえのマーケティング担当のタケヒロです。

毎週水曜日にみなさまが続きが気になって仕方がないような内容(ダジャレではありません)をお届けするのでお楽しみに。

 

 

 

 

さて、今日は、

「合コンでできる女のさしすせそ」について。

 

女の子とよく遊んでるそこの男性陣!心当たりがあるかもしれません。

彼氏欲しい~!と思っている女性陣!ぜひ学んでいってくださいな。

 

 

なお効果には個人差(男女ともに)がございますので悪しからず。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

リアクション3倍で できる女の「さ・し・す・せ・そ」

さ「さすが~!」

し「知らなかった~!」

す「すごい~!」

せ「センスいいですね~!」

そ「そうなんだ~!」

ーーーーーーーーーーーーーーー

たったこれだけ。この5つのフレーズだけなんです。

なぜたったこれだけの言葉でできる女になるのか。

実は、このフレーズが持っているある共通点によるものなんです。

それは

 

 

 

 

 

「承認」です。

 

承認:

①正当または事実・真実と認めること

②申し出を聞き入れること

(広辞苑 第五版)

ここでは②の意味が特に近いです。

 

相手の発言を聞き入れること・受け入れること、

普段からできていますか?

 

多くの人や組織では、実はこの受け入れるという行為ができていないことが多いんです。

人間って数多くの否定を受けながら生きてきているので、

心の奥底では、否定されることを怖がっているんですよ。

 

例えば、

ちっちゃい頃、おもちゃやお菓子を買って欲しくて駄々をこねた記憶はありませんか?

あるいは、好きな子に告白して断られたことはありませんか?

 

こういう数多くの断られるといった否定の経験が積み重なって、

ほとんどの人が否定されることを恐れているんです。

 

しかし、この承認というのは、

相手の意見を否定しないんですよ。

「さすが~!」「知らなかった~!」「すごい~!」「センスいいですね!」「そうなんだ~!」

これら全て、相手の意見を否定せず受け入れるどころか、さらに相手を賞賛しているんです。

 

 

ここで、考えてみてください。

自分が話したことに対して、

①それを褒めてくれる人

②それを否定してくる人

どちらのタイプと一緒にいたいと思いますか?

もちろん①ですよね?

これこそが、「承認」を使いこなせる人ができる女たる所以なのです。

できる女というか、対人能力の高い人間ですよね。

一緒に過ごしたいと感じるのも当然です。

 

 

男女問わず、対人能力を高めるために、ぜひ皆さんも日常会話で「承認」を意識してみてください。

きっと周りとの人間関係がさらによくなるはずです。

 

特に!

彼氏欲しい〜って思ってるそこのあなた!

ぜひこの承認スキルを活用して、素敵な彼氏を見つけちゃってください!!

 

 

 

さて、私たちすごい会議どすえでは、

仕事での大成功を手に入れるために、

このような日常にひそむ細かな点まで意識して、

より大成功に近づくためのノウハウをお届けしています。

 

近々このノウハウについてのセミナーを実施予定ですので、

興味を持たれた方はぜひ奮ってご参加ください!

 

 

 

 

 

 

P.S.

ちなみに、このできる女のさしすせそは

中村千尋さんの「カサネテク」という歌から引用しています。

 

当初SNSで話題になっており、

興味本位でフルバージョンを聞いてみたら歌詞もさることながら

曲調やムービー、さらにはこの曲の最後のオチなどがドツボにはまり、

今ではさらで歌えるまでに聴き込んでしまいました笑

 

ぜひまだ聞いたことのない方は「カサネテク」を聞いてみてください!!

https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=yyVIUDx1n34

 

 

2018年のチャレンジ

すごい会議どすえの鈴木智大です。

新年を迎え

2018年となりました。

あなたは今年どんな1年にしますか?

1年の過ごし方は人それぞれですが、

ただ一つ言えるのは、与えられた時間は皆平等だということ。

私は、「クライアントの一見不可能に見えることを可能にし、問題解決を楽しむ組織を創ること」という我々の使命を胸に秘め、

2017年は、様々なことにチャレンジしてきました。

・すごい会議全体では、

ジャズを始め1年間で、人前で演奏できるほどまでに

・最大14人住むことができるシェアハウスの経営の開始

・世界一暑い国(72℃)ジブチ共和国で

100着のダウンジャケットを完売

・スイム3.8km、バイク180km、ラン42.2kmのアイアンマンレース完走

・北海道→沖縄まで3000kmを62日間でマラソンし完走

上記の全ての内容は全て、一見不可能に見えることを可能にする体験をするためです。

人は皆、生きていく過程の中で、自分ができると思っていることができなかったり、誰かに「それは無理だよ」と言われたりした経験から、自分の可能性のボリュームが小さくなっていたり、電源がオフになっている可能性があります。

ただ人は誰しも、大なり小なり

一見不可能に見えることを可能にした経験があるはずです。

私達は、そんな可能性のボリュームを最大化し一見不可能に見えることにチャレンジする文化を創っていきます。

 

すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、セミナーを実施しております!