タスク管理アプリの最も大きな障害とは?

すごい会議どすえの西澤です。

未完了
やらなければならないタスクをためることがよくあります。
ただし、未完了の仕事があると、その分自分の頭の中に残り続けるので、
他の仕事もますます進まなくなります。

お客様の会議の前などに思い出した時は最悪です。
会議の際にはお客様の成功のことだけ考えていたいのに、
頭の中に他のことがあって集中できなくなるのは絶対に避けなければなりません。

もちろん、自業自得なんです。
ということで、タスクを溜めないための問題解決を何度か行いました。
「どのようにすれば、未完了がない状態を維持できるだろうか?」

タスク管理アプリの最も大きな障害
いくつかタスク管理アプリを試してみました。
Wunderlist, todoist, lifebear…
Webページで「タスク管理アプリ」と調べてオススメされたものは一通り試したと思います。

使い始めて最初の数週間は、それを書くことがモチベーションになって続きます。
しかしながら、数週間経つと書かなくなります。
それはどのアプリを使っても同じでした。

「私のタスク管理を止めているものは何か?」
色々考えて分かったことは、
「そもそもタスクをアプリに書くのが面倒くさい。」
ということでした。

面倒くさがりなくせに意外に凝り性なので、
細かいタスクまでタスク管理アプリに記入します。
そうすると、書くことに時間を奪われることが増えてきます。

タスク管理が上手くいかない最も大きな障害は、
「タスクを記入する作業で疲れてしまうor満足してしまうこと」
なんじゃないかなぁと思っています。
これ、僕以外でも結構な人が悩んでいる課題ではないでしょうか?

記入しないタスク管理
なので、最近はタスク管理の仕方を変えました。
「一文字も書くことなく、思い出せるようにする仕組みは何か?」
という疑問文の問題解決をしました。

いくつかのルールを設けました。
1.3分以内で終わるタスクは、要求された直後に行う
2.LINEで要求されたタスクは、ピン留めして、終わったらピン留め解除する
3.毎日やるものに関しては、「どのタイミングでやるのか?」を明確にしておく
(英語の勉強 → 朝の布団の中、営業シートの記入 → トイレの中 etc.)
4.1時間以上かかる大きめのタスクのみ、Wunderlistに記入し、優先順位をつける

結局、4だけは記入が必要なのですが、
それでも以前に比べてグッと記入する量が減ったのと、
その分、タスクを貯めることも少なくなりました。

まだこれも実験段階なので、上手く続くかどうかはこれからなのですが、
結構1~2日でも違いを感じたので、オススメです。

 

すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、

セミナーを実施しております!

興味のある方は以下のURLからどうぞ。

すごい会議体験セミナー

男性の方は絶対に見ないでください!

こんばんは。

すごい会議どすえのタケヒロです。

今日は「男性は絶対に見ないでください!!女性限定のとある◯◯とは!?」です。

いいですか?

男性の方はこちらはここでお帰りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今ここを見ているのは男性の方が多いのではないでしょうか?

申し訳ありませんが、女性限定のお得なサービス、についての情報はありません!すいません!

ちょっとHな内容を期待したあなた!

申し訳ありませんでした(個人的にはそっちの方が得意分野なのですが、場所が場所なので控えておきます)

 

 

今回説明したかったのは、この禁止されるほどしたくなっちゃう現象についてです。

多くの方が昔からテレビや本、あるいは実体験などで経験しているものでしょう。

 

このおなじみの効果は、カリギュラ効果といいます。

実はこの技法はコピーライティングにもよく使われています。

 

ありきたりな例えですが、

13時間働くだけで年収1千万を手にし、公私ともに自由な生活を手に入れたい方以外は絶対に見ないでください」

などとあれば、

実践するかどうかは置いておいて、その内容をとりあえず確認する人が多いのではないでしょうか?

 

 

関西圏あるいは芸の世界では、フリとしてもよく使われていますね。

「絶対に押すなよ?」

この言葉だけで多くの方がアツアツの熱湯風呂を思い浮かべることでしょう。

 

 

さて、このカリギュラ効果を認識している皆さんは、これを有効に活用できていますか?

多くの場合、知っているレベルに留まっているのではないでしょうか?

知っていても使っていないのは、知らないのと同じです。

ぜひ日常生活でも大いに活用していきましょう。

 

 

この効果は子育てなどの場合に非常に有効だと言われています。

例えば、

色んなおもちゃで遊んだまま、部屋を散らかした子供に向かって、

「散らかしちゃダメでしょ!」という風に叱ってしまうと、

子供は片付けようとしないことの方が多いでしょう。

 

この場合はきちんと「お片づけしようね!」と言ってあげる方が

子供にとっては効果的なんです。

 

これは人間の脳は否定語を認識しない、というものとも関連していて、

散らかしちゃダメダメの部分を認識せず、

散らかすという言葉だけが残るので、片付ける方向に言葉が作用しません。

 

さて、ここまで子育ての例を挙げましたが、

実はこれと同じ現象が多くの会社で起きているんです。

 

それは何か?

 

 

部下の育成なんです。

 

 

部下に対して、「◯◯してはダメ」、「どうしてこんな◯◯しかできないんだ」

などの言葉を言い放っていませんか?

 

なんて言えばいいかはもうお分かりですよね?

「◯◯しよう」「◯◯に変えてみて」など具体的な提案を出せばいいんです。

 

多くの場合、うまくいっていない会社の中の会話は、

否定やダメだしに溢れています。

 

しかし、それこそが社員の成長を妨げている根本的な原因の可能性が高いです。

 

言葉を変えれば社員が変わり、社員が変われば会社が変わる、

 

つまり逆を言えば、

悪い言葉が悪い社員を生み出し、その結果悪い会社が生まれるんです。

 

ぜひ、普段から効果的な言葉を使うよう心がけてくださいね。

 

 

 

では効果的な言葉とはどのようなものなのか?

ぜひそれを学んでみませんか?

 

ということで言葉のプロフェッショナルが送る、すごい会議体験セミナー

大人気開催中ですので、ご興味のある方はぜひご参加ください!

モチベーションが必ず上がるただ一つの方法

すごい会議どすえの林祐太です。

 

突然ですが、あなたはこんな自分に悩んではいませんか?

・モチベーションが上がらない

・一向にやる気が出ない

・自分の意思が弱くて朝起きられない

・自分に自信がない

・目の前の事がなかなか片付かない

 

ここで、質問です。

「あなたに「モチベーションがない」事を

他人はどうやって知るのでしょうか?」

 

 

 

 

 

それは行動を見るしかありません。

・約束の時間を守らない

・宿題をやってこない

・忘れ物をする

・面倒臭いと言う

 

つまり、行動にモチベーションというタグがついているだけなんです。

言い訳に使うか、根拠に使うか、

相手を魅了するのに使うか、自身を鼓舞するのに使うか、

そのタグの調理方法はあなた次第です。

 

ここで、立ち返って考えてみてください。

「モチベーションをあげてあなたは何がしたいのか?」

「それにモチベーションをあげる事は必須か?」

 

モチベーションがあるかどうかに頼らずとも行動を起こす事はできる訳です。

(行動を加速させるモチベーションは是非とも利用しましょう!)

うまくいかないときはモチベーションと行動を切り離して考えるのです。

 

ここまで読んだあなたは、もうお気づきかもしれません。

あなたが求めているものは本当に

「モチベーションが必ずあがる方法」ですか?

それとも、「何か目の前の事に向き合って行動を起こす事」ですか?

 

 

本記事の内容は、以前私が感銘を受けたとある方のお話を私なりに解釈したものに基づいています。

 


すごい会議体験セミナー

「一見不可能に見えることを可能にする」

すごい会議どすえの鈴木です。

 

皆さん、

北海道→沖縄まで走ったらだいたい何kmくらいか知ってますか?

そう。

「3000km」です。笑

・どのようにすれば3000km走ることができるだろうか?

初めは全く答えが見つかりません。

「3000km」という数字だけ見るとどうも走れる気がしませんでした。

ただ3000kmという距離も

60日で走るとすれば「1日あたり50km」という距離に細分化できます。

そうすると焦点を当てるべきは、

・どのようにすれば1日50kmを走ることができるか?

・どのようにすれば1日50kmを継続して走ることができるか?です。

100kmマラソンを走った経験があったので、「これなら走れるかもしれない。と思い、1日50kmを継続して走ることができるようになるための練習を積み重ねました。」

結果

私は、2017年7月、8月に会社を休んで62日間で北海道→沖縄まで3000kmランニングで走りきることができました。

チャレンジングな目標を設定すると、

「無理だよ。とか、そんなのできるわけ無いじゃん。」という風に言われることもあります。

ただその目標を細分化してみると、

目の前で追う目標が、無理難題ではないことがあるかもしれません。

私がこの経験から得たことは、

目標を細分化すると目標に向けてやるべきことを明確化にでき、より行動しやすくなる。ということです。

あなたがチャレンジしたいことは何ですか?

————————————

すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、

セミナーを実施しております!

エンロールについて

すごい会議どすえの黒木です。

「エンロールについて」

最近、エンロールについて学ぶ機会がありました。

その言葉を聞いて思い浮かぶイメージとは何ですか?

意味を調べると、

“登録、入会、加入。”

と書いてありました。(大辞林 第三版)

ただ我々は、エンロールを”巻き込まれた”という意味合いで使うことがあります。

例えば、彼のダンスのパフォーマンスにエンロールされた、

大好きなアーティストのLIVEを見に行って、エンロールされた、

など。

エンロールというのは、私がいうには”魅了される”ことです。

それは、提案、操作、値引き、力を使うこともせずに相手が魅了されるようなものを言います。

これを学んでから、見ず知らずの方10人に声をかけるということを日常的にやるようになりました。

一体どんな表情でどんな言葉をかけると、相手がエンロールされるのか、

という意図でやっています。

あるスーパーでの話ですが、ちょうどクリスマス時期でおばちゃんがサンタの帽子をかぶってレジをしていました。

そこでレジ打ちしてる時に、「サンタの帽子すごい似合ってますね〜。」というと、

「えっ、やめてよ。恥ずかしいから言わないで。」と言われました。

商品をその方から受け取って帰る際、「うん、またおいでよ。」という言葉を頂きました。

それから、ラーメン屋でご飯を食べた後に、店員さんに「ご馳走様でした!美味しかったです。」というと、

「お兄さん、笑顔素敵ですね。営業の方ですか。」「また来てください。」というお返事を頂きました。

この2つの出来事に関して、
スーパーのレジのおばちゃん、
ラーメン屋のお兄さんは、もしかしたらささやかながらエンロールされたんじゃないかと思っています。

どんな言葉でどんな表情で言葉をかけると、相手がエンロールされるのか。

それをいろんな方の反応をヒントに日々研究しています。

あなたにとってのエンロールとは何ですか?

————————————
すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、

セミナーを実施しております!

失敗しない準備力

こんにちは。

すごい会議どすえのコータです。

皆さん、米倉涼子さん主演の医療ドラマ『ドクターX』をご存知でしょうか?「私、失敗しないので」という言葉の下、どんなオペも成功させる大門未知子およびそのチームのストーリーです。

 

その最終回(シーズン5)、オペ中に行われた、神原先生と蛭間先生のある会話に私は感動しました。

 

 

 

 

「起こりうるすべてのケースを予測して、完璧な準備を行う。

それが、大門未知子が失敗しない理由です。」(神原)

「大門先生はいつもこんなことを?」(蛭間)

「はい。どんな患者にも必ず。」(神原)

 

 

 

 

皆さん、この会話からどんな気づきを得ましたか?

ドクターxの名言

「私、失敗しないので」

この言葉の背景には徹底的な準備が行われていた。

どんなオペも成功させてきた大門は、手術前に術式と手順、加えて想定される全ての問題を洗い出し、”完璧”な準備をしていたのです。

利害関係や人としての好みは関係なく、全ての患者の”命”を救うためなら、どんなに時間を投資しても準備をする。

つまり大門は、ただ医者としての能力が高いから失敗していないのではなく、緻密な準備があったからと考えられます。

 

 

 

 

 

この状況を、ビジネスの世界に置き換えてみます。

皆さん、ご自身の準備力について振り返ってみてください。

 

営業に行く前、あなたはどんな準備をしているか?

新規事業の企画書、起こりうる問題は想定しているか?

事業立案のプレゼン、どんなことが想定されるのか?

 

 

 

 

改めて振り返ってみて、

”完璧”

”私、失敗しないので”

この言葉がぴったりくる方は、もう大門未知子です。笑

 

 

 

 

ただ、私も含め、多くの方は

「何かまだできるんじゃないかな」

「意外とまだまだ準備が足りないな」

そんな感情を抱くと思います。

 

 

今回伝えたいことは、

・私たちは自信を持って、「失敗しない」と言えるだけの完璧な準備をしているのか?

・クライアントの規模によって、準備に差は生まれていませんか?

ということです。

 

 

 

サッカー日本代表キャプテンの長谷部選手は著書『心を整える』でこんな言葉を残しています。

“普段からやるべきことに取り組み、万全の準備をしていれば、運が巡ってきたときにつかむことができる。”

 

最高の機会を手に入れることができる人は、完璧な準備をしている人なのかもしれないですね(^^)

 

すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、

セミナーを実施しております!

Be in communicationなカンケイ。

1/5,6,7とハワード(=すごい会議の生みの親)が来日し、セッションが行われました。

そのセッションの中で、ハワードから
”Be in communication”であるか?という問いを投げかけられました。

ハワードが言うにはビジネス上で
相手のとコミュニケーションが上手くいかない時、

様々な問題の根源は
”Be in communicationな状態ではない”可能性が高いと言うことでした。

Be in communicationの定義を私は

”相手との関係性の中でネガティブな感情が生まれた時に躊躇なく伝えることができ、相手との関係性を互いが前進させようとしている状態”

だと解釈しました。

”Be in communication”という視点から周りを見渡すと色々な気づきがあります。

まずはっとしたのは身近な人だからって
Be in communicationな関係が築かれている訳ではないということ。

身近・・・自分の体の近くにあること。日常慣れ親しんでいること。
(三省堂 大辞林より)

両親、兄弟、恋人、友人、同僚、、、、

自分の周りにいてくれて、慣れ親しんでいる関係だったとしても、

”相手との関係性の中でネガティブな感情が生まれた時に躊躇なく伝えることができ、相手との関係性を互いが前進させようとしている状態”

ではないこともあると思うんです。

何かに躊躇していて言いたいことが言えてなかったり。
引っかかる部分をそのままにしていたり。

そういった”もやもやした部分”にきちんと向き合う、
Be in communicationな関係は意図して創り上げるものなんだと思います。

あなたは周りの人とBe in communicaitonな状態ですか?

今、「あーちゃんと伝えなきゃなあ。」とぱっと思い浮かんだ人にどんな言葉を届けますか?

以上、はんなでした^^

 

すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、

セミナーを実施しております!

言葉の裏側を意図して出す

すごい会議どすえの西澤です。

 

すごい会議では、会議でのコーチング以外にも、

社長や幹部の方々と個別に話させていただくことがあります。

というのも、個別に話していくと「え?実はそんなこと考えてたんですか?!」とか「あー、この人はこの部分に苦手意識を感じてらっしゃるんだな」ということが分かるからです。

 

特によくあるのは、

「え?社長そんなこと考えてたんですか?!」

なんてこと。

例えば先日も、社員の方の1人は

「社長は人に責任を押し付けてばかりだ!」

と言う一方で、社長からは

「本当は全部僕自身の責任なんですよ。」

と仰っていたことがありました。

こういったことは色んな会社で起きています。

 

 

省略する

最近本当に思うのは、

人間は自分の考えや弱い部分を省略する生き物なんだな、と。

特に、弱いところはほとんど伝えることを避けますよね。

 

僕自身もそんな経験が最近ありました。

うちの会社の新潟旅行が明日からあるのですが、その旅行が最高の時間になるようにマネージする役割をすることが決まりました。

 

それから、時間をかけて色んな場所を調べたり、どんな演出だったら喜んでもらえそうか考えたりして、仮のプランを作成しました。

しかしながら、みんなから意見やアイディアもどんどん欲しかったため、「提案や質問をください!」とリクエストをして、その草案を全員に送ったんですね。

 

しかしながら、みんなからの反応は無し。

僕は時間をかけて作ったのにも関わらず反応がなかったので、「みんな旅行楽しみじゃないのかなぁ」なんて思いながら、ちょっとモチベーションを下げてました。

 

 

言葉の裏側

それから1週間ほど経ち、メンバーとご飯に行った時、旅行の話になりました。

僕は「旅行楽しみじゃない?」と聞くと、

みんなは「いや、すごく楽しみだよ!」と言うのです。

加えて、「薫が作ったプランはやっつけ仕事で作っている感じがした。」

と言うのです。

 

僕はこれだけすれ違いが起きていることに驚きました。

その上で、最初に企画を出した時に「みんな旅行楽しみにしてる?僕も手探りなので、どんなアプローチで進めると効果的かぜひ話したい。」

とリクエストしていれば、より最高の旅行プランがより早く作れたのではないかな、と感じました。

 

言葉の裏側にあるものは、それを意図して共有しようとしないと絶対に伝わりません。

本心や弱さも一切隠さない僕になります。

 

弊社のセミナーに興味を持った方はこちらから!

ご興味のある方はリンクから奮ってお申し込みください!

毎日たったの1-2分の投資で大人気となったおじさん

こんばんは。

すごい会議どすえのタケヒロです。

今日は「SNSで大人気となったおじさん」についてのお話です。

 

 

 

みなさん、SNSって何かやっていますか?

 

昨年の流行語大賞に「インスタ映え」という言葉が

あったことからもわかるように、

今やFacebookTwitterinstagram、などなど

何かしらのSNSをやったことがある人が多いのかもしれません。

 

では、そのSNSでのあなたの投稿に対して、

友人知人からの反応はどのくらいもらえるでしょうか?

 

20-30程度でしょうか?それとも50-60

人によっては100以上を超える反応がある人気者な方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

近年、自己承認欲求という言葉をよく見かけるようになりましたが、

このSNSでの反応の多さに満足を得ている人も多いことでしょう。

 

でもこの反応数、簡単には増やせませんよね?

「もっと多くの承認を得たい」

「ビジネスで使うためにももっと効果を高めたい」

「もっと多くの人に情報を発信したい」

などと思いながらも、なかなかそれがうまくいかず

やきもきしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

実は、ただの一般人の方が、

この反応数10万近くを達成した事例があるんです。

(もちろん問題行動による炎上などではありません)

 

一体どんなアカウントなのか?

それは、

こちらです!

 

 

 

 

https://twitter.com/chocoballGT

 

毎日チョコボールを一箱開封した結果を更新するだけ。

 

ただそれだけなのに、

毎日コツコツと継続をしていった結果、フォロワー数が一万人以上となり、

さらにはようやく目標を達成した際には

10万人からのいいねやリツイートがあったんです。

 

 

費用面は置いておいて、

この毎日チョコボールを開封して写真を撮るだけ、

これにどれだけの労力がかかるでしょうか?

 

せいぜい11-2分程度ですよね?

しかしそれをコツコツ毎日積み重ねていくだけで、

これだけ数多くの人からの声援をもらうことができるんです。

 

 

これって実は日常生活でもよくあることで、

毎日コツコツと何かを継続できているっていうのは、

その人を信用する根拠の1つになります。

すると、自然とその人の周りにはその人を応援してくれる人が増えるんです。

 

継続すること、ただそれだけです。

 

 

実はこの「継続」が苦手な人も多いのではないでしょうか?

継続することができるようになるだけで、

実生活にも大きな違いが生まれるかもしれません。

 

 

 

この話は個人の話に終わりません。

多くの場合、組織や団体でも、

継続すること、仕組み化すること、ができていないことが多いんです。

 

それこそが多くの団体がうまくいっていない理由の1つなんです。

ではどのようにすれば、継続力の高い組織になることができるのか?

 

それは弊社のセミナーでご説明致します。

ご興味のある方はリンクから奮ってお申し込みください!

自分の位置

すごい会議どすえの林祐太です。

 

あなたの人生で、最も大きな成果はどんなものですか?

 

 

私が言うには、成果は景色です。

後ろを振り返ると、

そういえばこんな事もあったな。

こんな道を辿って来たな。

そう思えるものが成果だと考えています。

 

 

2017年に、私は人生で初めて富士山に登りました。

幼少期に地元の小さな山に登ったのが、私の最後の山登りでした。

 

登る前の私の脳内には、多くのネガティブな思考が流れました。

「日本一の山なんて登れっこない」

「中学で運動部を引退し、帰宅部になった私ができる訳ない」
7合目まで行けたら帰ろうかな」

「高山病になったらどうしよう」

私にとって初めての富士登山は、緊張と不安の場でした。

 

富士山には毎年20万人以上が登ります。

老若男女、幅広い層の方が登頂を目指します。

しかし、初心者の登頂率は一般的に50%と言われています。

 

6合目、7合目、8合目と足を進めるにつれて、

酸素が少なくなり、息が切れ、

足が悲鳴をあげ、吐き気を催す。

嫌だったら帰ればいいんです。

でも、私はそんな自分が嫌でした。

 

「できない理由を並べる自分は絶対に出すな。」

 

登る時にそう決心しました。

 

 

 

 

 

朝方。

頂上にいる全ての人が一点を見つめていました。

ご来光。

どうして人はこれに惹きつけられるのでしょう。

同じ目的で登っているこれだけ多くの人がこの時間・空間を共有している。

その事に素直に感動を覚えました。

また、その時自分の中の「どうせ無理」が初めて壊れました。

「自分の中のストーリーがそう思わせていただけなんだ」

 

 

下山では両足にできた大きな水ぶくれの激痛に耐えながら、

一歩一歩足を前に踏み出しました。

吉田ルートの延々と終わらない下り坂。

歩いても歩いても同じ光景が広がる。

おじいちゃんおばあちゃんに抜かれていく自分。

「できない理由を並べる自分は絶対に出すな。」

無事大きな怪我もなく下山できました。

 

 

 

登山も下山も、後ろを振り返ります。

「こんなゴツゴツした岩山を登ってきたんだ」

「道中のたくさんの方に励まされたな」

「こんな高さまで登ってこれたんだ」

「山頂の豚汁が美味かったな」

「案外体の言う事って当てにならないな」

ちなみに帰ってからは、全身筋肉痛で2日間一歩も外に出られませんでした(笑)

 

 

 

多くの人は、人生のどこかで自分の過去を振り返ります。

私は、自分のストーリーは自分が作るしかないと考えています。

多くの景色を作るために、人の深みを増すために。

 

不可能だ、なんて決め付けず、無我夢中でやってみればいい。

できなかったら、踏ん張って、解決の糸口を探せばいい。

そんな自分でいれば、今の自分には到底考えられないような自分へ

辿り着けると私は信じています。

 

 

あなたの人生で、最も大きな成果はどんなものですか?

未来のあなたはこの質問にどう答えますか?

 


すごい会議体験セミナー