失敗しない準備力

こんにちは。

すごい会議どすえのコータです。

皆さん、米倉涼子さん主演の医療ドラマ『ドクターX』をご存知でしょうか?「私、失敗しないので」という言葉の下、どんなオペも成功させる大門未知子およびそのチームのストーリーです。

 

その最終回(シーズン5)、オペ中に行われた、神原先生と蛭間先生のある会話に私は感動しました。

 

 

 

 

「起こりうるすべてのケースを予測して、完璧な準備を行う。

それが、大門未知子が失敗しない理由です。」(神原)

「大門先生はいつもこんなことを?」(蛭間)

「はい。どんな患者にも必ず。」(神原)

 

 

 

 

皆さん、この会話からどんな気づきを得ましたか?

ドクターxの名言

「私、失敗しないので」

この言葉の背景には徹底的な準備が行われていた。

どんなオペも成功させてきた大門は、手術前に術式と手順、加えて想定される全ての問題を洗い出し、”完璧”な準備をしていたのです。

利害関係や人としての好みは関係なく、全ての患者の”命”を救うためなら、どんなに時間を投資しても準備をする。

つまり大門は、ただ医者としての能力が高いから失敗していないのではなく、緻密な準備があったからと考えられます。

 

 

 

 

 

この状況を、ビジネスの世界に置き換えてみます。

皆さん、ご自身の準備力について振り返ってみてください。

 

営業に行く前、あなたはどんな準備をしているか?

新規事業の企画書、起こりうる問題は想定しているか?

事業立案のプレゼン、どんなことが想定されるのか?

 

 

 

 

改めて振り返ってみて、

”完璧”

”私、失敗しないので”

この言葉がぴったりくる方は、もう大門未知子です。笑

 

 

 

 

ただ、私も含め、多くの方は

「何かまだできるんじゃないかな」

「意外とまだまだ準備が足りないな」

そんな感情を抱くと思います。

 

 

今回伝えたいことは、

・私たちは自信を持って、「失敗しない」と言えるだけの完璧な準備をしているのか?

・クライアントの規模によって、準備に差は生まれていませんか?

ということです。

 

 

 

サッカー日本代表キャプテンの長谷部選手は著書『心を整える』でこんな言葉を残しています。

“普段からやるべきことに取り組み、万全の準備をしていれば、運が巡ってきたときにつかむことができる。”

 

最高の機会を手に入れることができる人は、完璧な準備をしている人なのかもしれないですね(^^)

 

すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、

セミナーを実施しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です