人の脳はプログラムで出来ている。

明けましておめでとうございます。すごい会議どすえのコータです。

2018年を迎え、いかがお過ごしでしょうか?

2017年の未完了な仕事に取り組んでいる方、

ついつい飲み過ぎてしまって胃がキリキリしている方、

駅伝を見て、何かを成し遂げることに心を打たれた方など(ちなみに全部私です。笑)

2018年が始まり早5日ですが、皆さんにも様々な出来事が起きていると思います。

本年も嬉しい出来事、悲しい出来事が待ち受けていると思いますが、

皆さんが2018年12月31日を迎えたとき、

『今年も良い1年だったな』

と思える、そんな1年にしていただけたら幸いです。

 

 

今回のテーマは

「人の脳はプログラムで出来ている。」

 

早速質問です。

あなたが大切にしている考え、または恐怖心を抱くことは何ですか?

答えを想像してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

その答えが、あなたの脳にプログラムされていることの一つです。

例えば、犬が怖いと言う人がいるとします

そのような人は、多くの場合、幼少期に犬に噛まれたり、追いかけ回されたり、、、

何かしらの体験を経て、犬恐怖症になっていると考えられます。

犬恐怖症になると、犬を遭遇するたびに

「恐怖」といった感情の変化を繰り返します。

つまり、この「犬恐怖症」は「犬に噛まれた」

と言う体験によって作られたと考えることができます。

また、「人に優しくする」という考えを大切にしている人は、

例えば、幼少期にご両親に繰り返し、「人には優しくしなさい」という価値観を教わっていた可能性が高いです。

このように、繰り返し言葉(言語)で教わることでプログラムが形成される場合もあります。

つまり、人は真っ白な状態で生まれ、その後、体験や言葉によって様々なプログラムが形成されます。そこに優劣がある訳ではなく、「ただそのようなプログラムがある。」ということです。

そのプログラムの解釈の仕方によって、

日々の生活を豊かに過ごすことができるか、決まってきそうですね。

ちなみ、本日のこのテーマはNLPといって

Neuro Linguistic Programming (ニューロ リングイスティック プログラム)

人間もコンピューターと同様に、特定の入力に対して正確に起動するプログラムがある、と言う考え方です。

 

 

すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、

セミナーを実施しております!

皆様のご参加をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です