「どうして自分の強みを知るべきか?」

こんばんは!
すごい会議どすえの舜史です。

昨日、自分の強みについて考えていました。

自分にはどんな強みがあるのかなと。

今まで強みに向き合ったことがあまりありませんでしたが、それは先輩コーチのある質問がきっかけでした。

タイトル「どうして自分の強みを知るべきか?」

①頼まれてもいないのに、衝動的にやったことは何か。

尊敬する先輩コーチからの質問で感銘を受けるものがあった。

それは、

頼まれてもいないのに、衝動的にやったことは何か。

である。

自分の中で、それはなんだろうと考えていると、

例えば、
・自分の気づきを仲間にシェアしたこと
・経営者の方に、会ってすぐに知人を紹介したこと
・コーチの方に、コーチングリクエストした。
が浮かび上がった。

②その答えの根本的な関心とは何か。

そもそも、この質問の意図するものとは何か。

それは、この質問がご自身の強みに近いものと問うている質問でもあるということ。

あなたの強みは何ですか?と聞かれても、

もしかしたら、出てこない可能性もあるかもしれない、

もしくは、出てきたとしてもそれは自分自身の解釈かもしれない。

そこで、

頼まれてもいないのに、衝動的にやったことは何か。

と事実を聞く。その答えに対して、「どうして、そうしようと思ったの。」と聞くことで、

もしかしたらそれが強みなのではないかと関連づけることできる。

その行動をしようと思ったその人の根本的な関心は何なのかと。

質問に対する私の答えの2つに
・自分の気づきを仲間にシェアしたこと
・経営者の方に、会ってすぐに知人を紹介したこ
とあるが、そもそもなぜこれをしようと思ったのか。

それは、相手の方に貢献したかったから、

もっと言うと、自分が相手に貢献することでささやかながらでもお互いが幸せであると思うからである。

今はそれがもしかしたら自分 の強みの一つなのではないかと考えている。

③強みは武器である

また、ドラッカーはこのようなことを言っていた。

“つよみを基準にすえる。組織とは人間の弱みを中和し、同時に人間の強みを成果に結びつけるための、特殊な道具である。”

強みとは、自身が持つ大きな武器であると思う。

④強みを知って意図的に活かせば、今の自分に何ができるのだろうか。

2018年が始まって、3週間が経過した。これから一年後あなたはどんな状態であれば最高か。

その答えを追求する上で、まずは自分の強みが何であるか、それをどのように生かすか、

昨日はそんなことを考えるきっかけとなった一日であった。

あなたが頼まれてもいないのに、衝動的にやったことは何ですか。

————————————
すごい会議どすえではクライアント様にインパクトを与えるために、

セミナーを実施しております!