男性の方は絶対に見ないでください!

こんばんは。

すごい会議どすえのタケヒロです。

今日は「男性は絶対に見ないでください!!女性限定のとある◯◯とは!?」です。

いいですか?

男性の方はこちらはここでお帰りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今ここを見ているのは男性の方が多いのではないでしょうか?

申し訳ありませんが、女性限定のお得なサービス、についての情報はありません!すいません!

ちょっとHな内容を期待したあなた!

申し訳ありませんでした(個人的にはそっちの方が得意分野なのですが、場所が場所なので控えておきます)

 

 

今回説明したかったのは、この禁止されるほどしたくなっちゃう現象についてです。

多くの方が昔からテレビや本、あるいは実体験などで経験しているものでしょう。

 

このおなじみの効果は、カリギュラ効果といいます。

実はこの技法はコピーライティングにもよく使われています。

 

ありきたりな例えですが、

13時間働くだけで年収1千万を手にし、公私ともに自由な生活を手に入れたい方以外は絶対に見ないでください」

などとあれば、

実践するかどうかは置いておいて、その内容をとりあえず確認する人が多いのではないでしょうか?

 

 

関西圏あるいは芸の世界では、フリとしてもよく使われていますね。

「絶対に押すなよ?」

この言葉だけで多くの方がアツアツの熱湯風呂を思い浮かべることでしょう。

 

 

さて、このカリギュラ効果を認識している皆さんは、これを有効に活用できていますか?

多くの場合、知っているレベルに留まっているのではないでしょうか?

知っていても使っていないのは、知らないのと同じです。

ぜひ日常生活でも大いに活用していきましょう。

 

 

この効果は子育てなどの場合に非常に有効だと言われています。

例えば、

色んなおもちゃで遊んだまま、部屋を散らかした子供に向かって、

「散らかしちゃダメでしょ!」という風に叱ってしまうと、

子供は片付けようとしないことの方が多いでしょう。

 

この場合はきちんと「お片づけしようね!」と言ってあげる方が

子供にとっては効果的なんです。

 

これは人間の脳は否定語を認識しない、というものとも関連していて、

散らかしちゃダメダメの部分を認識せず、

散らかすという言葉だけが残るので、片付ける方向に言葉が作用しません。

 

さて、ここまで子育ての例を挙げましたが、

実はこれと同じ現象が多くの会社で起きているんです。

 

それは何か?

 

 

部下の育成なんです。

 

 

部下に対して、「◯◯してはダメ」、「どうしてこんな◯◯しかできないんだ」

などの言葉を言い放っていませんか?

 

なんて言えばいいかはもうお分かりですよね?

「◯◯しよう」「◯◯に変えてみて」など具体的な提案を出せばいいんです。

 

多くの場合、うまくいっていない会社の中の会話は、

否定やダメだしに溢れています。

 

しかし、それこそが社員の成長を妨げている根本的な原因の可能性が高いです。

 

言葉を変えれば社員が変わり、社員が変われば会社が変わる、

 

つまり逆を言えば、

悪い言葉が悪い社員を生み出し、その結果悪い会社が生まれるんです。

 

ぜひ、普段から効果的な言葉を使うよう心がけてくださいね。

 

 

 

では効果的な言葉とはどのようなものなのか?

ぜひそれを学んでみませんか?

 

ということで言葉のプロフェッショナルが送る、すごい会議体験セミナー

大人気開催中ですので、ご興味のある方はぜひご参加ください!