あなたも確実に使っている◯◯という言葉、それ危険ですよ?

こんばんは、どすえのタケヒロです!

今日は「ほぼ全ての人が日常的に使っている、行動スピードを妨げているあの言葉」についてです。

 

 

 

皆さんは、たらればという言葉をご存知でしょうか?

◯◯したら~とか、◯◯すれば~のように、仮定の状況に対する行動を指す言葉ですね。

私の大好きな桃太郎電鉄という日本を全国行脚しながら資産を増やすゲームでは、一度振ったサイコロをもう一度振り直すことのできる便利なカードになっています。

 

そんな話は置いといて、

 

このたらればの言葉、日常生活でどのくらい使っていますか?

ほとんどの方が、実は気づかないうちにほぼ毎日使っているんです。

 

おそらく、最も使われているのが料理番組です。

たまねぎをみじん切りにしたら、バターを熱し炒める。たまねぎがあめ色になればとクックパッドはたらればの宝庫です。

 

 

このたられば言葉の、日常的ヘビーユーザーの方、気を付けてください。

その言葉がもしかしたらあなたの行動を妨げているかもしれません。

 

 

 

私たちは普段、今起きている問題について考えるときに、

事実と解釈をわけて取り扱います。

 

ざっくり説明すると、

事実:誰が見ても同じ内容

解釈:人によって捉え方が変わるかもしれない内容

です。

 

で、この考え方を持っていると、

AだからB」という言葉を使わなくなります。

 

これはなぜかというと、

Aである」「Bである」の2つがたとえ事実であっても、その2つの因果関係はあくまでも解釈だからです。

 

具体的に説明すると、

「お金がないから設備投資できない」

の「お金がない」と「設備投資できない(できていない)」がたとえ事実であったとしても、

その2つに因果関係を見出しているのは、

実は紛れもない、あなた自身です。

(本当はお金がないも解釈で、正確に事実で言えばお金が◯◯円だ、です。)

 

お金がなくても設備投資できる方法は探せばきちんとあるんです。

 

 

 

ほとんどの人や会社は、

AだからB」という問題を取り扱うときに、根本の原因がAだから、Aを解決しようとするんです。

しかし、「AだからB」という問題において、ほぼ全ての場合、その人あるいは会社が達成したいものは「A」ではなく「B」の方です。

 

上記の事例でいうと、

まずは設備投資しようにもそもそもお金がないんだから、資金繰りの部分をまずは解決しなければいけない、と考えてしまっていたために行動が行き詰まっていました。

しかし、この会社で、本当に達成したいのは「資金繰りをなんとかすること」よりも「設備投資をすること」ですよね?

 

それなのにほぼ全ての人がこんなとき、「資金繰りをなんとかすること」に頭を使っているんです。

 

実は上記の事例は、実際に私たちのクライアントで起きた話なんですが、

このクライアントは結果的にお金を直接的に投資することなく、設備投資を達成することで売り上げが過去に例を見ないくらい爆発的に向上しました。

 

 

ほぼ全ての人が、この「AだからB」の考え方を持っています。

そして、その考え方こそが行動をあなたの行動を抑制してしまっている原因かもしれません。

 

 

自分の中のたられば意識を見つけたら、一旦今すぐやってみてください。

おそらくあなたの行動スピードは自然と3倍になり、

あなたが得られる成果も飛躍的に向上することでしょう。

 

 

 

自分の中の気づいていない「AだからB」の考え方や、途中で説明したお金を直接投資することなく設備投資の達成に成功したそのノウハウをもっと知りたい方、

弊社のセミナーでご紹介しています。

興味がある方はぜひご参加ください。

 

 

以上、一休みしたらブログを書こうと思い続けてたら、いつの間にか23時を過ぎていたタケヒロでした。

男性の方は絶対に見ないでください!

こんばんは。

すごい会議どすえのタケヒロです。

今日は「男性は絶対に見ないでください!!女性限定のとある◯◯とは!?」です。

いいですか?

男性の方はこちらはここでお帰りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今ここを見ているのは男性の方が多いのではないでしょうか?

申し訳ありませんが、女性限定のお得なサービス、についての情報はありません!すいません!

ちょっとHな内容を期待したあなた!

申し訳ありませんでした(個人的にはそっちの方が得意分野なのですが、場所が場所なので控えておきます)

 

 

今回説明したかったのは、この禁止されるほどしたくなっちゃう現象についてです。

多くの方が昔からテレビや本、あるいは実体験などで経験しているものでしょう。

 

このおなじみの効果は、カリギュラ効果といいます。

実はこの技法はコピーライティングにもよく使われています。

 

ありきたりな例えですが、

13時間働くだけで年収1千万を手にし、公私ともに自由な生活を手に入れたい方以外は絶対に見ないでください」

などとあれば、

実践するかどうかは置いておいて、その内容をとりあえず確認する人が多いのではないでしょうか?

 

 

関西圏あるいは芸の世界では、フリとしてもよく使われていますね。

「絶対に押すなよ?」

この言葉だけで多くの方がアツアツの熱湯風呂を思い浮かべることでしょう。

 

 

さて、このカリギュラ効果を認識している皆さんは、これを有効に活用できていますか?

多くの場合、知っているレベルに留まっているのではないでしょうか?

知っていても使っていないのは、知らないのと同じです。

ぜひ日常生活でも大いに活用していきましょう。

 

 

この効果は子育てなどの場合に非常に有効だと言われています。

例えば、

色んなおもちゃで遊んだまま、部屋を散らかした子供に向かって、

「散らかしちゃダメでしょ!」という風に叱ってしまうと、

子供は片付けようとしないことの方が多いでしょう。

 

この場合はきちんと「お片づけしようね!」と言ってあげる方が

子供にとっては効果的なんです。

 

これは人間の脳は否定語を認識しない、というものとも関連していて、

散らかしちゃダメダメの部分を認識せず、

散らかすという言葉だけが残るので、片付ける方向に言葉が作用しません。

 

さて、ここまで子育ての例を挙げましたが、

実はこれと同じ現象が多くの会社で起きているんです。

 

それは何か?

 

 

部下の育成なんです。

 

 

部下に対して、「◯◯してはダメ」、「どうしてこんな◯◯しかできないんだ」

などの言葉を言い放っていませんか?

 

なんて言えばいいかはもうお分かりですよね?

「◯◯しよう」「◯◯に変えてみて」など具体的な提案を出せばいいんです。

 

多くの場合、うまくいっていない会社の中の会話は、

否定やダメだしに溢れています。

 

しかし、それこそが社員の成長を妨げている根本的な原因の可能性が高いです。

 

言葉を変えれば社員が変わり、社員が変われば会社が変わる、

 

つまり逆を言えば、

悪い言葉が悪い社員を生み出し、その結果悪い会社が生まれるんです。

 

ぜひ、普段から効果的な言葉を使うよう心がけてくださいね。

 

 

 

では効果的な言葉とはどのようなものなのか?

ぜひそれを学んでみませんか?

 

ということで言葉のプロフェッショナルが送る、すごい会議体験セミナー

大人気開催中ですので、ご興味のある方はぜひご参加ください!

毎日たったの1-2分の投資で大人気となったおじさん

こんばんは。

すごい会議どすえのタケヒロです。

今日は「SNSで大人気となったおじさん」についてのお話です。

 

 

 

みなさん、SNSって何かやっていますか?

 

昨年の流行語大賞に「インスタ映え」という言葉が

あったことからもわかるように、

今やFacebookTwitterinstagram、などなど

何かしらのSNSをやったことがある人が多いのかもしれません。

 

では、そのSNSでのあなたの投稿に対して、

友人知人からの反応はどのくらいもらえるでしょうか?

 

20-30程度でしょうか?それとも50-60

人によっては100以上を超える反応がある人気者な方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

近年、自己承認欲求という言葉をよく見かけるようになりましたが、

このSNSでの反応の多さに満足を得ている人も多いことでしょう。

 

でもこの反応数、簡単には増やせませんよね?

「もっと多くの承認を得たい」

「ビジネスで使うためにももっと効果を高めたい」

「もっと多くの人に情報を発信したい」

などと思いながらも、なかなかそれがうまくいかず

やきもきしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

実は、ただの一般人の方が、

この反応数10万近くを達成した事例があるんです。

(もちろん問題行動による炎上などではありません)

 

一体どんなアカウントなのか?

それは、

こちらです!

 

 

 

 

https://twitter.com/chocoballGT

 

毎日チョコボールを一箱開封した結果を更新するだけ。

 

ただそれだけなのに、

毎日コツコツと継続をしていった結果、フォロワー数が一万人以上となり、

さらにはようやく目標を達成した際には

10万人からのいいねやリツイートがあったんです。

 

 

費用面は置いておいて、

この毎日チョコボールを開封して写真を撮るだけ、

これにどれだけの労力がかかるでしょうか?

 

せいぜい11-2分程度ですよね?

しかしそれをコツコツ毎日積み重ねていくだけで、

これだけ数多くの人からの声援をもらうことができるんです。

 

 

これって実は日常生活でもよくあることで、

毎日コツコツと何かを継続できているっていうのは、

その人を信用する根拠の1つになります。

すると、自然とその人の周りにはその人を応援してくれる人が増えるんです。

 

継続すること、ただそれだけです。

 

 

実はこの「継続」が苦手な人も多いのではないでしょうか?

継続することができるようになるだけで、

実生活にも大きな違いが生まれるかもしれません。

 

 

 

この話は個人の話に終わりません。

多くの場合、組織や団体でも、

継続すること、仕組み化すること、ができていないことが多いんです。

 

それこそが多くの団体がうまくいっていない理由の1つなんです。

ではどのようにすれば、継続力の高い組織になることができるのか?

 

それは弊社のセミナーでご説明致します。

ご興味のある方はリンクから奮ってお申し込みください!

合コンでできる女の「さ・し・す・せ・そ」

あけましておめでとうございます。

どすえのマーケティング担当のタケヒロです。

毎週水曜日にみなさまが続きが気になって仕方がないような内容(ダジャレではありません)をお届けするのでお楽しみに。

 

 

 

 

さて、今日は、

「合コンでできる女のさしすせそ」について。

 

女の子とよく遊んでるそこの男性陣!心当たりがあるかもしれません。

彼氏欲しい~!と思っている女性陣!ぜひ学んでいってくださいな。

 

 

なお効果には個人差(男女ともに)がございますので悪しからず。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

リアクション3倍で できる女の「さ・し・す・せ・そ」

さ「さすが~!」

し「知らなかった~!」

す「すごい~!」

せ「センスいいですね~!」

そ「そうなんだ~!」

ーーーーーーーーーーーーーーー

たったこれだけ。この5つのフレーズだけなんです。

なぜたったこれだけの言葉でできる女になるのか。

実は、このフレーズが持っているある共通点によるものなんです。

それは

 

 

 

 

 

「承認」です。

 

承認:

①正当または事実・真実と認めること

②申し出を聞き入れること

(広辞苑 第五版)

ここでは②の意味が特に近いです。

 

相手の発言を聞き入れること・受け入れること、

普段からできていますか?

 

多くの人や組織では、実はこの受け入れるという行為ができていないことが多いんです。

人間って数多くの否定を受けながら生きてきているので、

心の奥底では、否定されることを怖がっているんですよ。

 

例えば、

ちっちゃい頃、おもちゃやお菓子を買って欲しくて駄々をこねた記憶はありませんか?

あるいは、好きな子に告白して断られたことはありませんか?

 

こういう数多くの断られるといった否定の経験が積み重なって、

ほとんどの人が否定されることを恐れているんです。

 

しかし、この承認というのは、

相手の意見を否定しないんですよ。

「さすが~!」「知らなかった~!」「すごい~!」「センスいいですね!」「そうなんだ~!」

これら全て、相手の意見を否定せず受け入れるどころか、さらに相手を賞賛しているんです。

 

 

ここで、考えてみてください。

自分が話したことに対して、

①それを褒めてくれる人

②それを否定してくる人

どちらのタイプと一緒にいたいと思いますか?

もちろん①ですよね?

これこそが、「承認」を使いこなせる人ができる女たる所以なのです。

できる女というか、対人能力の高い人間ですよね。

一緒に過ごしたいと感じるのも当然です。

 

 

男女問わず、対人能力を高めるために、ぜひ皆さんも日常会話で「承認」を意識してみてください。

きっと周りとの人間関係がさらによくなるはずです。

 

特に!

彼氏欲しい〜って思ってるそこのあなた!

ぜひこの承認スキルを活用して、素敵な彼氏を見つけちゃってください!!

 

 

 

さて、私たちすごい会議どすえでは、

仕事での大成功を手に入れるために、

このような日常にひそむ細かな点まで意識して、

より大成功に近づくためのノウハウをお届けしています。

 

近々このノウハウについてのセミナーを実施予定ですので、

興味を持たれた方はぜひ奮ってご参加ください!

 

 

 

 

 

 

P.S.

ちなみに、このできる女のさしすせそは

中村千尋さんの「カサネテク」という歌から引用しています。

 

当初SNSで話題になっており、

興味本位でフルバージョンを聞いてみたら歌詞もさることながら

曲調やムービー、さらにはこの曲の最後のオチなどがドツボにはまり、

今ではさらで歌えるまでに聴き込んでしまいました笑

 

ぜひまだ聞いたことのない方は「カサネテク」を聞いてみてください!!

https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=yyVIUDx1n34