経営者の態度で社員のチベーションアップ

2015/12/31モチベーション

率先垂範で社員のモチベーションアップ|経営者の態度が周囲を変える

今回は、社員のモチベーションをいかに高く保つか、という考え方についてご紹介します。

着目するのは、経営者や管理職の態度。モチベーションは個々人の問題ではありますが、モチベーションが下がる・上がるというのは、周囲の経営者や管理職、上司の態度一つで変わるのです。

つまり、あなたが行動を変えれば、社員の態度も良い方向に変わるかもしれません。

ポイントとしてお伝えするのは、「率先垂範」。今、経営者などに求められる能力の1つです。ぜひ今日から取り入れていただきたい考え方です。

率先垂範とは

率先垂範とは「人の先頭に立って、模範を示す」という意味です。率先は「史記」、垂範は「宋書」という古代中国の歴史書が語源となっている言葉です。

最近は、「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」という言葉がよく取り上げられていますが、これも率先垂範の考え方ということができます。

なぜ経営者やリーダーに率先垂範が必要なのか

経営者や管理職として活躍するためには、組織の先頭に立って社員たちに模範を示すこの「率先垂範」が何よりも重要です。

言葉で人を動かすのは予想以上に大変なもの。人が嫌がることでも、難しいことでも率先して取り組む姿を見せることで、自ずと社員たちの尊敬を集め、リーダーとして認められていくようになるでしょう。

「口先だけで人は動かない」「まずは行動してみせること」というのは、表現は違えどそうそうたる経営者達がいつの時代も口にしていることです。

どうも社内やチームの雰囲気が沈んでいる。モチベーションが低いようだ…というところは指導者やリーダーが率先垂範をできていないことが多いように感じます。

社員一人ひとりのモチベーションを上げるためには、リーダー自らが良いお手本になるよう振る舞うことが大切なのです。

一見遠回りのように思えますが、率先垂範するリーダーのもとでは、周りも自然とそれに応えようと動きます。

リーダーのスピード感などを目のあたりにするため、新入社員にとっても良い刺激になることが多いはず。

職場のモチベーション改善のために、まずはリーダー陣が率先垂範できているか、というのを確認してみましょう。

まとめ

いかがでしたか。経営者・管理職のみなさんは、是非今回の「率先垂範」の考えを取り入れて、社員のモチベーションアップに役立ててくださいね。

周りを変えたいなら、まずは自分の態度を変えることから。職場全体のモチベーションが上がるように、出来ることから始めていきましょう。

すごい会議体験セミナーはこちらから

すごい会議コーチ 2017年度 新卒採用
メニュー
閉じる
メニューを閉じる