社長のモチベーション維持にもつながる採用

2015/12/31モチベーション

社長のモチベーションを維持する方法とは?採用の自由を行使しよう

特に中小企業においては、社長のモチベーションの大小が会社全体の意気に大きく関わってくるのではないでしょうか。

もちろん、働くスタッフのモチベーションを維持する方法に力を入れることは大切なのですが、それ以前に社長のモチベーションを維持する方法に力を入れるべきです。

会社の舵を切る存在のモチベーションが低くては、会社全体がいい方向に向かうことはありません。

ということで、今回は社長のモチベーション維持の方法について踏み込んで考えてみたいと思います。

社長のモチベーションに影響をあたえる要因

社長のモチベーションに関わる要因としては「内的な要因」と「外的な要因」の2つに大別できます。

外的な要因とは、競合の出現やお客さんの数の大小、売り上げの増減など、会社の業務の結果生まれる様々な要因です。

もちろん売上が上がればモチベーションは上がりますが、外的要因は社長が直接自分自身でコントロールするのは難しいものです。

モチベーション維持の鍵となる「内的な要因」

そこで、社長のモチベーション維持として注目したい方法は、内的な要因の改善です。

内的な要因とは、社内環境、人材育成、人材採用、オフィス設備…といった社内環境そのものを指します。

その中でも、意外と社長のモチベーションに影響を与えているのが「誰を採用するか」ということです。

もし、社長が1人で経営するなら何も問題ありませんが、1人でも採用するとなれば内的要因は大きく変わります。

あまり自分に合わない人や、求める能力には不足している人等を採用してしまうと、それがストレスとなり社長のモチベーションは下がってしまうでしょう。

せっかく社長には「採用の自由」という大きな権利があるのですから、これを有効に活用してはいかがでしょうか。

できるだけ時間をかけて、「この人がピッタリ」という人が来るのを待つのです。

組織における人材とは、経営を行っていくうえでの一番の基本の部分です。

これを疎かにしたり、妥協して採用してしまっては、社長のモチベーションだけでなく会社の雰囲気にも大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

すぐに本採用するのではなく、試用期間を設けて本採用につなげる…というように、採用にあたってのマッチングを意識した制度にするだけでも、社長のモチベーション維持には効果的かもしれません。

まとめ

いかがでしたか。社長のモチベーションをアップするためには、内的要因に目を向けることも意外と大切です。

社長のモチベーションは会社全体に影響するので、ぜひ後回しにせず自分自身のことを第一に考えてくださいね。

すごい会議体験セミナーはこちらから

すごい会議コーチ 2017年度 新卒採用
メニュー
閉じる
メニューを閉じる