社員のやる気を引き出すには関係の解決を

2015/12/31社員

社員のやる気を喪失させてないですか?互いの関係を見直す解決策

「やる気」が仕事の出来や効率に大きな影響をあたえるのは周知の事実。これは上司であれ、部下であれ同じです。

しかし、上司の振る舞い・部下の振る舞いによっては、互いに悪影響となり、社員のやる気が失われてしまうことがあります。

今回は、「やる気」に関する様々な問題の解決策に踏み込んでみます。

上司と部下の関係が良ければやる気は相乗効果によって高まり、職場の雰囲気も良くなりますよ。

自分のやる気が伝わらないと悩む社員の解決策

まずは、「上司になかなかやる気が伝わらない」と思っているようなスレ違い。

部下がこのように上司の無理解を嘆く一方で、上司である社員の方も「部下は言われたことしかやらず、やる気が無い」と思っているというのがよくある関係性です。

社員同士がこういった関係になってしまうと、いくらやる気があってもそれは他の社員に伝わりません。この食い違った関係を解決するためには、どうすれば良いのでしょうか。

その解決策は、以外なところにあります。それは、「話す時の主語を”私”にする」ことです。

社員関係の誤解を減らすための「私主語」

「私主語」とは、何か意見を伝えたりする際に「私の意図は~」「私の考えは~」と主語を明確に自分であるとすることです。

これを意識して繰り返すことで、互いの言い分を理解できるようになるため、食い違う関係性は多少良くなることでしょう。

「どうして自分で考えて動かないのか」「どうして早く相談してくれなかったか」というのはNGです。これは相手を主語にした表現ですよね。

これでは、部下と上司の関係は冷えきるばかり。職場のコミュニケーションも少なくなるため、自ずとやる気も少なくなってしまうでしょう。やる気が減ると仕事の出来も悪くなります。

まさに悪循環ですよね。この悪循環を断ち切り、関係性のトラブル解決に役立つのが「私主語」なのです。

先述の悪い例を「私主語」に言い換えると、「私は、あなたに~を期待している」「私は、早めに状況を説明して欲しい」ということになります。

こうして、まずはそれぞれの言い分や思いを話し合い、相手の考え方を理解することで、「やる気が伝わらない」といった関係を克服することにつながるのです。

まとめ

いかがでしたか。部下のやる気を引き出すのも、喪失させてしまうのも、上司の歩み寄りによって変わると思います。

言葉のかけ方1つでも部下のやる気に大きな影響をあたえることになります。ぜひ今回の「私主語」を意識して、やる気に満ち溢れた職場を作って下さいね。

すごい会議体験セミナーはこちらから

すごい会議コーチ 2017年度 新卒採用
メニュー
閉じる
メニューを閉じる