社員に割り振る仕事は目的も把握させよう

2015/12/31社員

社員へ仕事を依頼するときに心がけることとは?リーダーの役割と目的を知ろう

リーダーとして複数の社員を指揮する立場にある人は、「どうやって仕事を依頼したら良いんだろう」「どうも上手く社員に伝わらない」「部下に任せるより自分でやるほうが早い…」と悩みを抱えることが多いと思います。

多くの社員を束ねるリーダーの役割は、自分が率先して業務を行うのではなく、しっかりと部下を指揮し、業務を遂行させるというもの。「仕事を振る」と言うのは、一番のリーダーの仕事かもしれません。

とは言え、丸投げをしたのでは本来の目的を果たすことは出来ません。部下の成長につながらないばかりか、反感を買ってしまう可能性もあります。

今回は、リーダーとなった社員が部下に仕事を依頼するときに気をつけるポイントをご紹介します。

仕事を依頼するときには目的と役割を意識する

他の社員へ仕事を振るときに忘れてはならないのは、その仕事の目的と役割(手段)を明確に伝えることではないでしょうか。

他の社員と、リーダーとは持っている知識も判断基準も異なります。

すべてを丸投げする形では、部下は悩んで手が止まってしまいますし、期待よりも仕事の精度が低い…と多方面へと悪影響になってしまうのです。

例えば、「客先の訪問数を増やせ」という指示では、目的や手段が明確でないため部下は戸惑います。

まだ仕事に対する経験や判断基準の少ない部下に任せる際には、もう少し具体的に言葉を足すほうが望ましいです。

そうしなければ、手当たり次第に訪問数を増やしたので、効率だけが悪く売上が上がらない…という無駄が生じてしまうのです。

あまり言い過ぎるのは部下のためにならないと思われるかもしれませんが、部下のレベルに合わせて依頼方法を変えるというのもリーダーの大切な役割です。

目的と役割を分かりやすく伝える方法

仕事を他の社員に振る際に、どうやって目的や手段を伝えればいいでしょうか。

基本的には、「何のためにその仕事をするのか」「その目的達成のためには、何をどの程度すればいいのか」ということを常に意識して伝えるというのが大切です。

特に複数人に仕事を依頼するときなどは、この2つの観点をしっかり話し合い、同じ理解度で共有しておくことが重要です。そうすることで足並みが揃うので、仕事の効率も成果も上がることが期待できます。

まとめ

「部下にそこまで時間を割くのは面倒だ」と思うリーダーもいるかもしれませんが、そう言わずにメリットに注目してみてください。。

しっかり部下に仕事の目的を伝えることでコミュニケーションも生まれます。部下の仕事に対するストレスも丸投げに比べて格段に少ないです。

こうすることで仕事のモチベーションも保つことが出来、信頼関係も生まれるのです。

仕事を依頼する際には、目的と方法について意識してみてくださいね。

すごい会議体験セミナーはこちらから

すごい会議コーチ 2017年度 新卒採用
メニュー
閉じる
メニューを閉じる