売上アップを期待できる新規開拓の方法

2016/01/28売上

新規開拓で売上アップするコツ|世の中にとって有益かが大事

新規顧客を開拓することは、売上アップには欠かせないことです。

ただ、闇雲に新規開拓を進めるだけでは、売上アップが見込めないどころか、営業経費ばかりがかさんだり、業務効率が落ちたりして会社にとってはマイナスになってしまう可能性があります。

新規開拓を成功させ、売上をアップするためには、「お客さんが何を求めているか」に着目することが何よりも大切です。

この視点を忘れてしまっては、空回りが続いてしまうことでしょう。

今回は、新規開拓で売上をアップさせるために注意しておきたい観点についてご紹介します。

新規開拓で売上をアップするコツ

新規開拓というと「上手くいかない」「失敗しそう」というイメージはありませんか。

しかし、ちょっとしたコツを掴むことで新規開拓の成功率をぐっと上げることができます。

一番大切なのは「その商品が売れるお客さんのもとに売り込みをする」ことです。

新規開拓する顧客をしっかりリサーチして、具体的なターゲット層を明確にした上でアプローチをすれば、新規開拓でも成功率がぐんと上がるでしょう。

独身男性に向けて、マタニティグッズを売り込んでも全く売れませんよね。つまり、新規開拓にはお客さんを知ることが大切なのです。

また、お客さんにアプローチするときには、「商品をただひたすらお勧めする」のではなく、「お客さんの視点に立ち、お客さんの悩みを解決するアドバイスをする」ことが有効だと思います。

お客さんは、「役に立つ情報だ」と思えば自ずとサービスに対して好意的になるもの。

自分のことだけ(商品をなんとか買ってもらう)を考えずに、お客さんのことを考えたトークをすることが新規開拓成功の秘訣です。

業務内容の見直しも、「お客さんが求めるか」という視点で

既存のサービスを提供し続けるだけでは、頭打ちになることもあるでしょう。

そういった時は、少し視点を変えてサービスを改善することで、新規顧客にも認められ、売上がアップするということがあります。

例えば、ある運送会社では「配達しても不在になることが多く、何度も配達しなくてはならないので業務効率が悪い」という悩みがありました。

この問題を解決するために、社長は「不在時に配達するほうが悪い」という視点で改革に踏み出したのです。

つまり、「お客さんは不在時に配達されたいと思っていない」というお客さん視点での考えを持ったのです。

その結果、お客さんが在宅時に・自分で最寄りの店舗にて荷物を受け取ることができる仕組みが整備されました。

会社側の生産性も上がるばかりか、お客さんにとっても荷物を受け取りやすくなるため、新規開拓も進みます。

まとめ

いかがでしょうか。「新規開拓」といっても、「お客さんのためになる」という視点を忘れなければ、何も難しいことはありませんし、売上もついてくるはずです。

悩んでいる方は、お客さん視点に注目して取り組んでみてください。

すごい会議コーチ 2017年度 新卒採用
メニュー
閉じる
メニューを閉じる