他社モデルを参考にすると経営は改善できる

2015/12/31経営

経営の改善にはモデルを設定すべし|積極的に他社を参考にしよう

経営者なら誰しも、自分の会社を改善し、成長させたいと思い続けているもの。

そんな時、「他の会社を参考にすると、真似している感じになってオリジナリティがなくなるのでは」と常に我流で改善を続けている人はいませんか。

実はそれ、あまり効果がないかもしれません。

経営を改善しようと考えるときには、参考となるモデルを設定し、それに向けて改善策を考えるほうが効果的だと考えます。

今回は「経営の改善にこそ、他社を参考にしよう」という考え方をご紹介します。

経営の改善を成功させる近道は、参考となる他社モデルを見つけること

あなたが自分の経営する会社を良い方向に改善したいなら、まずは参考となる他社モデルを見つけましょう。

参考となる他社モデルとは「自分が目指す姿に近い経営をしている企業」です。

そして、その企業をベンチマークとして経営改善に着手するのです。(ベンチマークとは、水準や基準として捉える、ということです)。

ベンチマークとなる企業を見つけたら、まずはその他社をしっかり分析しましょう。

信用情報を取り寄せて、どのように収益を得ているかその構造を分析し、理解してください。

業態によっては、自分が顧客としてそのサービスを利用してみることでも企業のこだわりや自社との違いなど、参考になる点が見つかるはずです。

そして、可能であれば参考にしている企業がどのように経営を成長させてきたか、その流れを洗い出してみましょう。

参考にする他社の分析が終わったら、更に研究を進めます。「自社でも経営改善に取り入れよう!」と思うような要点をピックアップしてください。

この時、長所ばかりに目を向けるのではなく、あえて短所も気にするようにすると新たな発見があるかもしれません。

良い考え方があれば、それをまず取り入れていきましょう。それを元にオリジナリティを付与していくことで、自社の経営改善は大きく前進するはずです。

この考え方は、自己の成長にも使えます

「お手本となる他社を真似る」という考え方は、自分自身の成長の場面でも使えると思います。

「最近、進むべき方向に悩んでいる」「イマイチ成長できていない」と悩んでいるなら、ベンチマークとなるべき存在を見つけてください。

直接相談し、助言を貰える存在であればなお良いですね。

まとめ

誰しも、自分自身の考え方だけでは、自分自身も会社の経営も、大きく改善することは難しいです。

そんな時こそ、参考になる存在を見つけて、それを分析することから始めてみてはいかがでしょうか。

比較するプロセスで、自社または自分を客観的に見るということも大切ですよ。

すごい会議体験セミナーはこちらから

すごい会議コーチ 2017年度 新卒採用
メニュー
閉じる
メニューを閉じる