モチベーションに社内イベントが与える効果

2015/12/31モチベーション

モチベーションと売上アップに社内イベントが効果あり

みなさんの会社では、社内イベントは行われていますか?

時間の無駄、費用の無駄、効果がわからない…となかなか実施に踏み込めない企業もいるかもしれません。

実は社内イベントはモチベーションアップにも、売上アップにも大きな効果が期待できるのです。

今回は、モチベーションアップなどの社内イベントで得られる効果や、社内イベントを実施するときに注意するポイントをご紹介します。

社内イベントの効果は

まず、社内イベントを行うとどのような効果が有るのかまとめてみました。

・ 業績がアップする(業績の伸び率が高い企業ほど、社内イベントに対する重要度が高い)
・ 社内コミュニケーションが促進される
・ 社員の帰属意識が高まり、モチベーションがアップする
・ 社内の一体感が強まる
・ 会社の理念やビジョンが浸透する
・ 部門を超えた連帯ができるようになる
・ 上下関係を超えた理解が深まる(上司と話しやすくなる)

直接業務を行うわけではありませんが、業務から離れた交流を行うことで、職場の活性化やモチベーションアップにつながっているようです。

そのことが、売上アップという効果にも結びついているようです。

効果的な社内イベントを開催するためのポイント

社内イベントと言っても、闇雲に開催するだけでは効果はありません。

どのようなイベントでも、これからまとめるポイントを意識するだけでモチベーションや売り上げのアップに良い効果が期待できるでしょう。

【双方向のコミュニケーションを意識する】

社内イベントにおいては、経営者や上司が考えを述べるといった一方向的な内容にならないようにしましょう。

社員の声を聞いたり、対話型の内容を取り入れたり、必ず双方向のコミュニケーションが取れるように意識してください。

他にも、映像を駆使したり、社員が退屈せずに参加できる工夫をしましょう。

この語りかけが成功すれば、よりモチベーション高く日々の業務に望んでくれるはずです。

【目指すべき姿を明確にする】

社内イベントを開催する際には「そのイベントにはどのような目的があるのか」というのを明確にし、社長、社員全てが理解できるようにしましょう。

そうすることで、その目的が達成できたかの判断もできるようになり、イベント自体の効果が高まるだけでなく次回に向けたブラッシュアップも進みます。

【社内ニーズを汲み取る】

モチベーションアップにつなげるためには、社内イベントに社員のニーズを反映させることです。

そうすることで「上から参加を強制された」ものではなく、「自分たちが望んだものが開催された」ということになり、社内イベントへの参加意欲も高まります。

まとめ

いかがでしたか。社内イベントを開催することは、直接的に売上アップにはなりませんが、社員のモチベーションが高まることで長期的には会社の業績に繋がる効果が期待できます。

ぜひ、積極的に導入を検討されてみてくださいね。

すごい会議体験セミナーはこちらから 

すごい会議コーチ 2017年度 新卒採用
メニュー
閉じる
メニューを閉じる