チームのモチベーションを上げる簡単なコツ

2016/01/28モチベーション

チームのモチベーションを上げるには?フェアプロセスを重視

管理職の立場の人にとって、チーム全体のモチベーションを如何にして上げるかというのは重要な課題ですよね。

みなさんは、どのようにしてチーム全体のモチベーションを上げる工夫を取り入れていますか。

自分自身のモチベーション管理よりも難しいチームのモチベーション管理。そんな時に、役に立つのは「フェアプロセス」という考え方です。

フェアプロセスの考え方を取り入れることで、チームメンバーのモチベーションを上げることが出来るだけでなく、より良いパフォーマンスも期待できます。

フェアプロセスとは

「フェアプロセス」とは、簡単に言うと、「なにかチームで新しいことに取り組むときには、その結果だけでなく方針を決めるプロセスにもチームメンバーに参加させて、発言の機会を持たせる」という考え方です。

これは、そのままチームメンバーとのコミュニケーションの機会を多くするという意味も込められています。

仕事をする上でも、あまり理解できていない内容を上司に押し付けられたからといやいや進めるよりも、「自分たちで話し合って、納得して内容を決めた業務」に取り組むほうが大きくモチベーションが上がります。

その際には、「背景を説明する」「その都度情報を共有する」「誤りはすみやかに訂正する」「個人的な偏見を排除する」「曖昧な情報を排除する」「可能な限りチームメンバーの意見を反映する」といったことに注力するようにして下さい。

チームメンバーのモチベーションを上げるために出来ること

また、フェアプロセス以外にもチームメンバーのモチベーションを上げる方法はあります。

その中でも、すぐに対応できそうな内容を幾つか記載しておきます。フェアプロセスと合わせて導入して下さい。

【チームメンバーに期待する】

チームメンバーには、適度な期待をかけるようにしましょう。

そうすることによって、自然とその期待に応える方向にモチベーションが上がります。(これをピグマリオン効果と言います)

【コミュニケーションを増やす】

業務内容にかかわらず、チームメンバーとコミュニケーションを取るという意識が大切です。

朝、出社時にはぜひ管理者の立場の人から「目を見て」「笑顔で」挨拶をするようにしてみてください。

また、業務のキリがいいところで「よく頑張っているね」など適度に声をかけることで「よく見てもらっている」と部下にやる気を与えることができます。

まとめ

いかがでしたか。メンバーへの直接の働きかけや報酬アップももちろんモチベーションアップには効果的ですが、仕事の過程への関わり方を見直すことも役立ちます。

フェアプロセスを取ることで、メンバーひとりひとりの仕事への取り組み方も変わるはずです。

今後チームを運営する際には、ぜひ「フェアプロセス」を意識してくださいね。

すごい会議コーチ 2017年度 新卒採用
メニュー
閉じる
メニューを閉じる